亀井静香氏「西郷隆盛や白虎隊など賊軍を靖国に合祀せよ」

亀井静香氏「西郷隆盛や白虎隊など賊軍を靖国に合祀せよ」

西郷隆盛がいなければ近代日本は成立しなかった 近現代PL/AFLO

 明治維新を経て、日本は大きく2つに分断された。“官軍”と“賊軍”。靖國神社では後者は祀られていないのが現状だ。無所属衆議院議員の亀井静香氏は、西郷隆盛や白虎隊など“賊軍”とされた人々を合祀すべきだと主張する。

 * * *
 近代日本は戊辰戦争、西南の役という内戦を経て、新しい国家に生まれ変わった。これらの戦いに参加した人々は勝者も敗者も国のために身を尽くした。しかし明治維新から150年が経とうというのに、西郷南洲(西郷隆盛)や白虎隊、新選組といった内戦の死者が「賊軍」として靖國神社に祀られていないのは、どう考えてもおかしい。

〈靖國神社のルーツである「東京招魂社」は戊辰戦争や士族の乱などで命を落とした薩摩・長州軍ら“官軍”の殉死者を慰霊顕彰し、明治維新を偉業として後世に伝えるため1869年に創建された。

 しかし西南の役を起こした西郷隆盛や薩長と戦った幕府軍や会津軍などのいわゆる“賊軍”は祀られていない。1879年に靖國神社に改称後、日清戦争、日露戦争、大東亜戦争などの国難の際に国家を守るために命を捧げた者を含む246万6000余柱を祀っているが、この「官軍史観」は変わっていない。〉

 そもそも西郷南洲を横に置いて明治維新を語ることはできない。戦をするとともに「和する」ことのできる西郷が尽力したゆえ、不倶戴天の敵だった薩摩と長州が手を結び、江戸城の無血開城が可能となった。坂本龍馬一人が駆けずり回っても明治維新は到底成立しなかった。

 御一新は日本が近代化するためのひとつの過程だったが、大久保利通や桂小五郎といった薩摩・長州閥によるテロ行為や、急激な文明開化路線で日本的な精神を失うことを西郷は批判した。のちの鹿鳴館に代表される急激な西洋化に反対する士族や侍連中の気持ちを代弁して、彼は最後の決起である西南の役を起こした。

 西郷がいなければ、日本は欧米諸国に無批判に従う追従国家になっていた。歴史を作るのはまさに人であり、私の理解では、西郷は日本人の典型である。ところが御一新に貢献した西郷は、西南の役で明治政府に逆らったとして靖國神社に祀られていない。西郷だけでなく、江藤新平や白虎隊、新選組なども「賊軍」として祀られていない。

 しかし「賊軍」と言えども、国を想い、民を想い、天皇陛下を想って戦った誇り高き人たちであり、勝者・敗者の区別なく認められるべきである。こうした諸霊が靖國神社に祀られていないのは至極残念であり、今からでも過去の内戦でお亡くなりになったすべての御霊を合祀すべきだ。

 日本人の心情では、“死んだら皆平等”は当たり前の話となる。明治維新の理念である「一君万民」「万民平等」に照らし合わせても、国のために戦った人間を差別すべきでない。

 だが残念ながら、現在の靖國神社は「長州神社」になっている。大鳥居をくぐった先に建っている長州藩の大村益次郎像が、新政府に反抗した幕臣軍・彰義隊が立てこもった上野の山を睨みつけていることが、その象徴だ。しかし長州は蛤御門の変で京都御所に発砲した“朝敵”であり、その意味では彼らも賊軍ではないか。

 官軍、賊軍のわだかまりは今も続く。長州は戊辰戦争の際、会津の犠牲者の死体を片づけさせないで野晒しにするなど、道義的に見てひどいことをした。今も会津では「長州憎し」の風潮が残り、私の会社にいる会津出身の役員も、飲食店の女将が山口出身とわかったらその店に一切行かなくなったほどだ。もしも賊軍が合祀されれば、国内に今なお残る軋轢を解消するきっかけとなるかもしれない。

【PROFILE】1936年、広島県生まれ。東京大学経済学部卒業。1962年警察庁入庁、1977年退官。1979年、衆院初当選、運輸大臣、建設大臣を歴任。2005年国民新党を結党。2009年、国務大臣金融・郵政改革担当に就任。現在無所属。近著に『「YES」と言わせる日本』(石原慎太郎氏との共著/小学館)、『亀井静香天下御免!』(岸川真著/河出書房新社)など多数。

取材■池田道大

※SAPIO2017年9月号

関連記事(外部サイト)