靖国神社元幹部が明かす「安倍首相が復活させた伝統」

靖国神社元幹部が明かす「安倍首相が復活させた伝統」

靖国元幹部が「安倍首相の真榊」秘話を明かした

 靖国神社元ナンバー3(禰宜)の宮澤佳廣氏が上梓した告白本『靖国神社が消える日』(小学館)。「靖国神社を宗教法人でなくし、国家護持に戻すべきだ」といった主張が議論を呼んでいるが、その一方で同書には、これまで知られてこなかった靖国神社をめぐる秘史が記されている。著者の宮澤氏が解説する。

 * * *
 近年、首相の靖国参拝に絡めてマスコミが報じるようになったのが「真榊(まさかき)」です。真榊は靖国神社の春と秋の例大祭に際して、本殿脇に供えられる高さ2メートルほどの「根つきの榊」のことを指します。

 これが一躍脚光を浴びることになったのは、平成19年4月21日から23日にかけて行われた春季例大祭に、安倍首相が「真榊」を奉納したからです。小泉首相の後継として平成18年9月26日、首相に就任した安倍首相には、当初から靖国参拝継続を求める国民の高い期待が寄せられました。国民の関心は「参拝するか、しないか」ではなく、「いつ参拝をするのか」にありました。

 安倍首相は、6年連続で行われた小泉首相の靖国参拝によって暗礁に乗り上げた近隣諸国との関係改善という喫緊かつ重大な課題を背負って船出しました。しかし、その政治信条やこれまでの言動から、就任して間もなく迎える平成18年秋の例大祭は無理にしても、その後は、首相の靖国参拝が必ず政治課題として取り上げられるはずです。

 安倍首相の選択肢として終戦の日はあり得ませんから、まずは春の例大祭をどうするか。そんなことをぼんやり考えていた私は、例大祭が近づいたある日、首相の真榊奉納復活の可能性があるかどうかを探ってみたいと思うようになりました。そして南部利昭宮司の了解を得て、山谷えり子議員を介して安倍首相の意向を確認してもらうことにしたのです。

 そもそも知人に不幸があったとき、できれば葬儀に参列したい、もしそれが叶わなければ、せめて何らかの方法で弔意を示そうと考えるのは当たり前のことです。首相の靖国参拝が国家に殉じた英霊に対する表敬であり、諸般の都合でどうしても参拝ができないのなら、自身の敬意を何らかの形で表したいと思っても決して不自然なことではありません。むしろそれは自然なことで、例大祭への首相の真榊奉納は、長年続けられてきた慣例であり、伝統でもありました。

 その結果、安倍首相の確固たる政治信条もあって首相の真榊奉納は復活しました。ところが、マスコミがこの事実を報じるまでには相当の時間がかかりました。真榊が本殿脇(木階下)に供えられたのは10月17日の朝のことです。

◆「誰も気がつかなかったみたいだね」

 それから丸一日が経過した翌朝、中庭を掃除していた私の背後から南部宮司がこう声をかけてきました。「宮澤君、誰も気がつかなかったみたいだね」。そう言って南部宮司は、ニヤリと笑いました。悪戯っ子のようなその笑いは、今も脳裏に焼き付いていますが、例大祭の期間中、ついぞマスコミ関係者は誰一人として20年ぶりに復活した真榊の存在に気づきませんでした。そこで私は、神社新報に首相の真榊奉納を記事にするよう頼むことにしたのです。

 その後のマスコミの報道で、首相の真榊奉納の伝統は広く国民に知られるところとなりました。しかし、安倍首相の退陣と民主党政権の誕生もあって、その定着化にはなおも時間を要しました。

 第二次安倍政権が誕生して、平成25年の春からは首相以下、衆・参両院議長、厚生労働大臣名の真榊が奉納されています。これも、あのとき、私の要請を快諾してくれた山谷議員のおかげです。

 早いものであれから10年が経過しました。今では春秋の例大祭に際してマスコミが真っ先に報じるのは真榊の奉納です。私にしてみれば一つの目標を達成したことになりますが、本来ならば、それが当然のこととして報じられない状況が望ましいはずです。首相の真榊奉納が報じられるたびに、国家護持への途は途方もなく遠いことを私は実感させられているのです。

※宮澤佳廣氏・著/『靖国神社が消える日』より

関連記事(外部サイト)