そろそろ実用化されるがん治療法「キメラ」 治療費は5500万円

そろそろ実用化されるがん治療法「キメラ」 治療費は5500万円

がん患者の“救世主”となる治療法がついに実用化か(写真/アフロ)

 顔はライオン、胴体は山羊、蛇の尻尾──ギリシャ神話に登場する空想の幻獣キメラ。その恐ろしい姿とは真逆で、「キメラ」の名前を冠した治療法ががん患者の“救世主”になりそうだ。

 その名も「キメラ抗原受容体T細胞療法」(通称、CAR-T療法 ※)。7月中旬、米国では年内にも実用化される見込みというニュースが世界中を駆け巡った。

(※)キメラ抗原受容体(CAR:Chimeric Antigen Receptor)

「日本でも治験は進められているので、そろそろ実用化の申請がされるはずです。早ければ来年にも、一般のがん患者でも使えるようになるでしょう」(全国紙科学部記者)

 CAR-T療法はこれまでのがん治療の常識を覆す治療の成果を上げている。

 たとえば、血液の中の白血球ががん化する「白血病」。1985年に夏目雅子さん(享年27)、2005年に本田美奈子.さん(享年38)の命を奪った難病だが、米ペンシルベニア大学の研究では、抗がん剤が効かず、治療の施しようがない白血病患者30人にCAR-T療法を施したところ、27人の血液がんが完全に消滅したという。

 CAR-T療法の仕組みについて、医療経済ジャーナリストの室井一辰さんが解説する。

「もともと人の血液には、異物を攻撃するための『キラーT細胞』という免疫細胞があります。ウイルスに感染した細胞やがん細胞を攻撃する“兵隊”のような細胞です。

 ところががん細胞は、もともと自分の細胞が変化したものなので、T細胞から異物だと認識されにくい。攻撃を免れたがん細胞が成長して手遅れになってしまうことがよくあります。そこで、T細胞の遺伝子に“高性能なアンテナ”の機能を持つ遺伝子(抗原)を加えて『キメラ抗原受容体T細胞』を作って培養し、それを体内に戻してがん細胞と闘わせる治療法です」

 細胞の遺伝子を人工的に加えることから、“さまざまな動物が混ざった怪物”の『キメラ』という名前がつけられたというわけだ。

「白血病などの『血液がん』に有効ということは、脳腫瘍や肺がん、乳がんなどの『固形がん』にも大きな効果が期待されます。すでに複数の製薬会社が固形がん治療のための研究を進めていて、次々に実用化される見込みです」(室井さん)

 なんだか大手術が必要な気もするが、実際の治療はいたって単純だ。

「まずはがん患者の腕から血液を採取し、T細胞だけ取り出します。そして、10日ほどかけて遺伝子改変処理を施して、再び患者の体内に戻します。その後は、およそ1か月は入院するなどして様子を見る必要があります」(室井さん)

 そう聞けば誰しも受けたいと思うところだが、高いハードルがある。治療費の問題だ。イギリスの薬価設定機関が今年3月に試算したCAR-T療法の値段は、1人あたりなんと7000万円以上。米投資銀行のアナリストは5500万円と推定している。

「患者1人ひとりの血液を使ってオリジナルのキメラ抗原受容体T細胞を作らなければいけないので、製造のための設備代や人件費、技術料がかかります。万人に使える薬剤とは違い、大量生産できるようなものではないので、今後はいかに値段を低くするか、企業間の競争が進むでしょう」(室井さん)

「キメラ」を安く飼い慣らすための技術革新が切実に待たれる。

※女性セブン2017年8月17日号

関連記事(外部サイト)