多配偶者の不倫公認の「オープン婚」が増加

多配偶者の不倫公認の「オープン婚」が増加

レスに悩む女性から相談されるという橋本志穂

 昔から根強く残る「セックスレス=悪」というネガティブなイメージから、時代の移り変わりととともに“愛情があってもセックスしない夫婦”という、セックスレス問題を解消する新たな夫婦のカタチが登場している。

 とはいえ、合意のセックスレスだとしても、“性欲”の処理という問題は残ったままである。男性は家庭の外に性交渉を求めるケースが少なくない。

“入らない”一方で夫との精神的な結びつきを強くしていくという実話をもとにした13万部のベストセラー『夫のちんぽが入らない』(扶桑社)の著者・こだまさんも、夫が自分以外の女性と関係を持つことに対して、当初は抵抗があったと語る。

「想像するのが嫌でしたね。でも、私も仕事のことで精神的に追い詰められた際、勢いで夫以外の男性と体を重ねてしまったことがあります。その時に“体の関係って本当に体だけの関係なんだ。それ以上にはなりえない”とわかり、それ以来、夫の行動に嫉妬しなくなりました」

 もちろん女性だって人肌が恋しいときはある。夫のガダルカナル・タカ(60才)と23年間セックスレスだというフリーアナウンサーの橋本志穂(49才)はこう言う。

「私はセックスレスを公言しているので、レスに悩む女性が相談にくるんですよ。そんな人には“セックスしたいだけなら浮気をして性欲を解消すればいい”とアドバイスしています。私の場合、バレたら大騒ぎになるけど、あなたは誰とセックスしても週刊誌に書かれることはないからいいじゃないって(笑い)」

 セックスレスの影響で、一風変わった職業に転身してしまった女性もいる。AV女優の並木塔子だ。

「5年前から、仕事が忙しくなった夫とセックスレスになってしまって、私の欲求不満が溜まる一方だったんです。ある日、エッチな動画を見てオナニーをしていたらAV女優の募集ページがあって、男優のセックスはどんなんだろうって興味が湧いて…。不倫はしたくなかったから、仕事として割り切れるAV業界の扉を叩いてしまいました」

 性欲が満たされて夜迫らなくなった妻に夫は胸をなで下ろしているようだが、まだAV女優になったという事実は知らない。

「本当は夫を愛しているので、夫に抱かれたい。夫とセックスできるなら、AVのお仕事はきっぱり辞めるつもりなんですけどね…」(並木)

◆「ポリアモリー」の概念に近いのか

 セックスレスが原因で人生が大きく変わった人がいるのと同様に、時代とともにセックスレスの影響で“夫婦のカタチ”にも変化が生じている。

 その典型が配偶者の不倫を公認する「オープン婚」である。不倫は隠すもので、隠していないから不倫でも、不貞でもない。だから離婚事由に当たらない。そんなゆがんだ関係を築く夫婦が増えているという。

 セックスレス夫婦の夫が主人公の妻公認のもと、妻とは別の女性と関係を持ち、徐々に夫の気持ちが自分から離れていくことに苦悩するストーリーの漫画『1122(いいふうふ)』(講談社)が登場するなど、「オープン婚」は一般化しつつある。

『友達以上、不倫未満』(朝日新書)の著者・秋山謙一郎さんが、夫婦とも公認の恋人がいるという夫婦を取材したときには、こんな驚きの体験をしたという。

「ホームパーティーで夫妻の子供が“あの人とあの人はパパの彼女。あっちの人とこっちの人がママの彼氏”と紹介したので驚きましたね。

 でも、彼らの思想は複数愛者“ポリアモリー”の概念に近い。彼らはパートナーがセックスしてるとわかっても、嫉妬もないと言っていました。“役割”が違うのだから、と」(秋山さん)

 その他にプラトニックな恋人「セカンドパートナー」を持つ既婚者も増えていると秋山さんは続ける。

「セカンドパートナーは肉体関係を持ちません。ソウルメートのような頼れる存在。やましいこともないから配偶者に堂々と紹介する人もいる。お泊まりもするのに、肉体関係がないのは、にわかには信じがたいですが…。

 セックスをしないなら、妻と何が違うのかと思いがちですが、これも役割分担の1つなんです。長年連れ添ったファーストパートナーには“家族”なのでドキドキすることはありません。でも、セカンドパートナーは“恋人”なので、胸が躍ります。精神的に満たされるので、ギスギスした要素が入り込む余地がなくなり、結果として夫婦関係がよくなったケースもあります。

 配偶者と死別して、セカンドパートナーと結婚したというケースもよく耳にします」

 新たな“夫婦のカタチ”をいくつか紹介してきたが、夫婦のありかたに正解はない。100組いれば200通りの考え方がある。

 従って、セックスレスだからといって負い目を感じたり、恥ずかしがったりする必要は全くないのだ。苦しみを乗り越えたからこそ、今幸せを感じられると橋本は胸を張る。

「本当の夫婦は、どん底にあっても支え合い、助け合える夫婦だと思います。

 私、万引Gメンのドキュメント番組を見ていると、奥さんが捕まって旦那さんが迎えに来るシーンって泣きそうになるんですよ。これが本当の夫婦だなって。

 だから主人にも“私がボケちゃって、こういうおばあちゃんになるかもしれないけど、助けてくれる?”って聞いたんです。そしたら、“わかった、迎えに行く”って。本当に助けてくれるかはわかりませんけどね(笑い)」

 そして最後に橋本はこうつけ加えた。

「ただ、もし私が別の男性と結婚して、その人がセックス好きで、すごく上手だったら、セックスレスで悩む女性をかわいそうだなと思うかもしれない。だからどっちがいいとは言い切れない。正解はないんでしょうね」

※女性セブン2017年8月17日号

関連記事(外部サイト)