鈴木俊一・五輪担当相 たばこ族議員で受動喫煙防止に猛反対

鈴木俊一・五輪担当相 たばこ族議員で受動喫煙防止に猛反対

河野氏は異端児ぶりを発揮するか(写真:共同通信社)

 8月3日に発足した安倍改造内閣。野党、メディアがターゲットにする可能性もある新大臣たちの“爆弾”を紹介する。

【五輪担当大臣】鈴木俊一(64) 衆8 岩手2区 麻生派
 五輪とは無縁ながら麻生副総理の義弟で“コネ入閣”。環境相経験者だが、たばこ族議員で受動喫煙防止法案に猛反対。「たばこのない五輪」をめざす小池百合子・都知事と正面衝突が予想される。

【国家公安委員長】小此木八郎(52) 衆7 神奈川3区 無派閥
 父は菅官房長官が11年間秘書として仕えた元衆院議員の彦三郎氏。2015年9月、安保法制に反対する地元市民から徴兵制について聞かれ、「10年、20年は大丈夫だろうけど、30年後はわからない」と徴兵制を認めるような発言をした。

【外務大臣】河野太郎(54) 衆7 神奈川15区 麻生派
 反原発、首相の靖国参拝反対、夫婦別姓賛成など安倍路線と正反対の主張を展開し、「自民党の異端児」の異名を取る。外務省改革を提唱しており、政権の“トラブルメーカー”になる恐れ大。

●(読み方)数字は当選回数、選挙区と派閥

※週刊ポスト2017年8月18・25日号

関連記事(外部サイト)