安倍政権の不安定要因になりかねない人物は同じ地元の“天敵”

安倍政権の不安定要因になりかねない人物は同じ地元の“天敵”

林氏の地盤も山口県(写真:共同通信社)

 8月3日に発足した安倍改造内閣だが、様々なスキャンダルを抱える大臣以上に政権の不安定要因となりかねない人物もいる。その筆頭が林芳正・文科相だろう。

 文科省の官僚たちは加計問題で政権に反旗を翻し、文書を次々にリークして疑惑を炎上させた。なんとしても造反を封じ込めなければならない役所だ。

 そこで首相は「疑惑の火消し役」を期待して、官僚操縦に定評がある実務家の林氏を大臣に送り込んだ。

「加計学園では政府の対応が後手に回った。文科省と内閣府にまたがる話であれば、第三者が両方を調査対象に突き合わせてチェックするプロセスがあった方がより良い調査になる」

 入閣前、林氏は「第三者による調査」を主張し、これまでの大臣たちのように総理の意向を忖度して簡単に疑惑隠しに加担するとは考えにくい。自民党非主流のベテラン議員はこう見る。

「林家と安倍家はどちらも山口県下関市が地盤の名門政治家一族で、父親の時代から“天敵”ともいえるライバル関係にある。

 参院議員の林氏は岸田文雄・政調会長の次の宏池会の総理総裁候補で、早く参院から衆院に鞍替えしたい。子どもがいない安倍首相が退陣すれば、山口4区を奪うチャンスが生まれる。安倍総理は林文科相を起用したことで加計疑惑を幕引きするか、それとも疑惑をさらに炎上させて政権を絶体絶命の危機に追い込むかの生殺与奪の権を握られたといっていい」

 しかも、これまで疑惑を否定し続けた山本幸三・地方創生相は閣外に去り、首相はある意味、加計学園については無防備な“裸の王様”状態だ。

 もう1人、外相に大抜擢された河野太郎氏の動向も目が離せない。河野氏は法務副大臣や規制改革相時代から、外務官僚の“天下り国際機関”の廃止をブログで公言し、外務官僚と敵対関係にある。河野氏が改革に突っ走れば、かつての田中眞紀子・外相時代のように、官僚と大臣が相容れず、官邸を巻き込んで収拾が付かない事態になる可能性もある。

※週刊ポスト2017年8月18・25日号

関連記事(外部サイト)