川田裕美のようにスキップできぬ人は12%、ケンケンで改善

川田裕美のようにスキップできぬ人は12%、ケンケンで改善

へんてこスキップで大人気の川田アナ(公式ブログより)

「やめてください! 私、本気なんですから」。逆上がりの時のように両手を固定。交互に足を上げることができず、つま先で2~3歩ずつピョコピョコ進む。まるで“生まれたての子鹿”のようなスキップをバラエティー番組で披露して笑いをかっさらっているのはフリーアナウンサー・川田裕美アナ(34才)。周囲の爆笑をよそに、彼女の表情は真剣そのもの。

『情報ライブ ミヤネ屋』(日本テレビ系)のアシスタント時代は宮根誠司(54才)のパートナーをあうんの呼吸で務めた女子アナの信じられないポンコツな姿に「へんてこスキップがかわいすぎる」「ドジっ子のようで萌えた」とお茶の間の好感度は急上昇。“スキップ効果”もあってか、バラエティー番組に引っ張りだこで、現在レギュラー番組はテレビ8本、ラジオ1本と絶好調で、同じくフリーに転身した加藤綾子を凌ぐ勢いだ。

「川田さんのスキップは、全身に力が入りすぎています。上げた足をどうしたらいいのかわからなくて膝をカクンと前に出したり、前に進めばいいのに後ろに引いてみたりしていますね」

 川田のスキップの欠点をそう指摘するのは、子供の運動指導や運動指導者育成の活動をしている、子ども運動指導技能協会・西薗一也理事だ。

「スキップは、手足をバラバラに動かす協調運動です。縄跳びやボール投げも協調運動ですが、スキップができないと、それらも苦手というお子さんが多いですね。共通しているのは、幼少期に外で遊ぶなどの運動経験が少ないことが挙げられる」(同前)

 川田以外にも、スキップができないと公言する芸能人は多い。岡田将生(27才)、フルーツポンチ村上健志(36才)、内田理央(25才)、釈由美子(39才)──釈に至ってはスキップを失敗して骨折したという経験から、スキップ専用のトレーナーを付けて特訓までしているという。アクションシーンなどを何度も演じてきた釈だけに、にわかには信じられないが…。

 本誌・女性セブンは緊急アンケートを実施。都内で10代から70代までの男女100人に「スキップしてみてください」と声をかけた。すると…最初はできると豪語していたものの、手と足を出すタイミングがわからなくなった人、手と足が一緒になる人、手と足をバラバラに出そうとするとステップが踏めない人、ツーステップが踏めない人…など、100人中12人ができなかった。またその多くは30~50代だった。

 スキップできない人が1割以上もいることは驚きだが、これは日常生活に影響を及ぼすのだろうか。西薗理事は「川田さんもネタにしてるぐらいですから、悪影響は特にはないでしょう」と笑う。

「ただ、子供の場合、スキップできないことで運動そのものに苦手意識を持つ可能性はあります。たかがスキップですが、その“たかが”が運動では重要なのです。一方でできれば、運動全般に好影響を及ぼします。スキップと走りは、地面を弾いたり膝を引き上げたりという共通する動きがありますから、走りにもいい影響があるでしょうね。走りだけでなく、鉄棒の逆上がりやサッカー、バスケットなど他の競技の技術の習得も早くなるでしょう」

 ではスキップできるようになるにはどうすればいいのか。

「“ケンケン”がおすすめです。まず右足だけでケン(跳ぶ)。両足を地面につけて気をつけ。今後は左足だけでケン(跳ぶ)。また両足をつけて気をつけ。それをその場で続けてみて、それに慣れたら前に進む。さらに慣れたら腕を振る動作をつける。そうやってスキップのステップに近づけていきます」(同前)

 川田さん、早速ケンケンから始めてみてください。

※女性セブン2017年8月24・31日号

関連記事(外部サイト)