東日本で深刻な医師不足となっている要因に戊辰戦争か 埼玉県は京都府の2分の1

記事まとめ

  • 日本の医師数は圧倒的な『西高東低』で、ワーストの埼玉県は京都府の2分の1である
  • 戊辰戦争後に明治政府は敵方であった東北・関東周辺諸藩の武装解除を徹底した
  • そこで藩校などの歴史が途絶えた一方、西軍雄藩ではそれが残されたことが要因だという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております