佐藤愛子&冨士眞奈美 なんともめでたい対談

佐藤愛子&冨士眞奈美 なんともめでたい対談

冨士眞奈美さんと佐藤愛子さんがスペシャル対談

 おふたりとも実に元気だ。よく笑い、時々怒り、よく話す。ともにひとりで生活をしている。作家・佐藤愛子さんはエッセイ集『九十歳。何がめでたい』が93万部を突破し、2017年上半期ベストセラーランキング総合第1位に。女優・冨士眞奈美さんは『やすらぎの郷』(テレビ朝日系)で演じたアメリカ帰りの元女優役が話題を呼んだばかりだ。元気の秘訣はどこにあるのか。冨士さんが人生の先輩で「憧れの人」佐藤さんにぶつけた日々の不満と不便と楽しみ──。なんともめでたい対談のはじまり、はじまり。

佐藤:『やすらぎの郷』の冨士さん、すごい評判でしたね。新聞社の人に「明日、冨士さんに会う」と言ったら、「くれぐれも、あれは名演技でしたと伝えてくれ」と、3回ぐらい言われましたよ。

冨士:うれしい。私、一度も芝居を褒められたことがないんです。大根(役者)なんで(笑い)。

佐藤:そんなことないわよ。私も見てびっくりしましたよ。これは本格的な女優さんになったなって。

冨士:私のこと? 

佐藤:そうよ。

冨士:えーっ、そんな、そんな。ほんとに大根です。ただ、酒飲みの役は元手がかかっていますから(笑い)。

佐藤:ほんとうに熱演でした。あなた、ふだん、あんまり熱をこめない人じゃないの。やっぱり、シナリオがいいとね。

冨士:ご本が素晴らしくて。全部出来上がっていて、随分前にいただいたんです。あの役は、いろいろモデルもあるみたいですけど、ほんとうの私からはいちばん遠くて、だから客観視できたのかも。

 私自身は怠け者で、アメリカへ行って役者修業しようなんてこれっぽっちも思ったことがない。家で布団にもぐりこんで本を読んでいるのが大好きなの。枕元に食べ物を置いてね(笑い)。

〈おふたりのつきあいはもう数十年に及ぶ。若い頃から佐藤作品の大ファンだった冨士さんが、佐藤さんの親友で作家の川上宗薫さんにその思いを告げたことをきっかけに、佐藤さんと知己に。約5年ぶりの再会となった今回の対談は、佐藤さんの自宅で行われた〉

冨士:これまでにご自宅には2度、伺っています。まだ愛犬のハナちゃんが生きていて、“入れて、入れて”って網戸をガリガリかじるんですよ。先生は結構、冷たくしてらっしゃるのに(笑い)、ずっと先生を見ているので、ハナちゃんはよほど先生が好きなんだなと思いました。

 だから、『九十歳。何がめでたい』で、ハナちゃんが死んだ後、先生が霊能者のかたから「ハナちゃんがグチャグチャしたご飯をもう一度食べたいって言ってます」と聞いて、どっと涙が溢れたというところを読んだら…。私、3回読んで3回とも泣いて、もう泣かないと思っても、またここに来る前に「グチャグチャ飯」のところを読んだら泣けちゃったんですよ。

佐藤:あの犬は人が好きで、お客さんが見えると、必ずそばまで来るんですよ。

◆霊能者から聞いたひとこと

冨士:いつも庭に穴を掘るって、怒られていて(笑い)。いかにも野育ちって感じでかわいいんですよね。

佐藤:死んで1年になりますが、しばらくは、霊能者の人が「ハナちゃん、そこにいる」と言ってましたね。

冨士:えーっ! ハナちゃん、いくつで亡くなりました?

佐藤:捨て犬だから、いつ生まれたかわからないけど、うちへ来て15年ぐらいですね。

冨士:犬としてはものすごい長生きですね。うちの犬も15才で死んで、お医者さんには「もう泣かないで、喜んであげなさい」って、長生きのことをうんと褒められたんですよ。

佐藤:その前の犬たちは19年と20年、いましたからね。ほったらかすと長生きするんですよ。「グチャグチャ飯」だって、いわゆる愛犬家が読んだら憤慨する文章ですよ(笑い)。

冨士:私はみんなに読ませたくて、近くの喫茶店にも、お医者さんの診療室にも本を置いてきましたよ。『徹子の部屋』でも話しましたけど、90才で亡くなった母が、あそこが痛い、めがねの度数が合わない、って言うのをちゃんと聞いていなかったんです。先生のご本を読んで、「こういうことか」とわかりましたね。

佐藤:齢を取ってみないとわからないことが、いっぱいありますからね。

冨士:申し訳ないことをしたと思って。娘(岩崎リズさん)にも言い聞かせるんだけど、右から左で、何にも聞いてくれないの。

佐藤:こういうのは順番だから、それでいいのよ。

冨士:先生が順番だ、っておっしゃると納得もいくんですけど。でも今日は、先生にお目にかかるのに元気を出そうと思って『レッドブル』を飲んできたんですよ。

佐藤:だっていつも元気じゃないの。

冨士:全然元気じゃないんですってば。私、杖をついてるんですよ。

佐藤:あら、足を痛めたの?

冨士:去年、足首を少し痛めて。20年ぐらい前に折ったんですけど、ずっと具合が悪いんですね。梅雨時とか雨が降ったりすると痛むんです。

佐藤:骨折した時の治し方が、完全じゃなかったのかしら。

冨士:そうかもしれません。車いすのまま舞台をやりましたから。

佐藤:俳優は大変ですね。勝手に休むわけにいかないものね。その点、作家は仮病も使えるから(笑い)。

冨士:そんなまた(笑い)。先生には本当に感心しちゃうの。いつもきれいにお着物を着ていらして。

佐藤:何、言ってるの。それは写真を撮られるから、しょうがないから着ているだけの話で…。

構成/佐久間文子 撮影/太田真三

※女性セブン2017年8月24・31日号

関連記事(外部サイト)