中学受験 お嬢様学校の神奈川御三家が人気を落とした要因

中学受験 お嬢様学校の神奈川御三家が人気を落とした要因

「ブランド校志向」が薄れてきたのか(写真はイメージ)

 今年行われた首都圏の私立中学受験の動向を探ってみると、お嬢様学校として名高い「フェリス女学院」「横浜共立学園」「横浜雙葉」の“神奈川女子御三家”がおしなべて人気を落としたという。一体なぜなのか。安田教育研究所代表の安田理氏が、他の難関校の状況も含めて分析する。

 * * *
 2020年度の首都圏中学入試は、小学校卒業生が3000人以上増えていることもあり、受験者数は前年より2000名程度増加している。

 どのくらいの人が中学受験をしているかという数字は、じつは公的な機関はどこも出していないが、東京都教育委員会は小学6年生がどのような学校種(公立、国立、私立、公立中高一貫校)に進学したかという数字を、毎年12月ごろに公表している。

 そこで、それらのデータや大規模な模試を行っている会社の推定値などを基に、地域別の受験者数を対前年比で見てみると、東京23区/109%、多摩/105%、神奈川/101%、千葉/104%、埼玉/109%──と、東京23区と埼玉が特に増えたことがわかる。

 それに対して、神奈川はほとんど増えていない。基となっている数字は各都県に所在する各学校の受験者数からの推定であるから、埼玉の増加には東京、神奈川から埼玉の学校を受験した人数が増えたことも含まれている。同様に、神奈川県内の受験生で都内を志向した人数も増えたと思われる。

 まずは、今回のテーマの背景にはこうした全体状況があることも押さえておきたい。

◆時代の先を睨んでいるかどうか

 2020年度入試で比較的はっきりした動向のひとつが、神奈川のお嬢様学校、いわゆる“横浜山手御三家”の応募者数が揃って減ってしまったことだ。

【フェリス女学院】(受験日)2月1日/(受験者数)前年441名→今年405名
【横浜共立学園】(受験日A)2月1日/(受験者数)323名→355名、(受験日B)2月3日/(受験者数)670名→446名
【横浜雙葉】(受験日)2月1日/(受験者数)207名→171名

 横浜共立学園のAこそ増えているが、全体にはかなりの減少である。神奈川でこのレベルの女子校となると、他には洗足学園が挙げられるが、こちらは第1回(2月1日)/前年322名→今年375名、第2回(2月2日)/654名→740名 第3回(2月5日)/494名→588名、と各回とも大幅増となった。

 そこで受験生の保護者視点から、神奈川女子御三家の学校でなく洗足学園を選ぶ理由を考えてみた。

 神奈川女子御三家の学校は、いずれも外国人宣教師が設立したキリスト教の学校(フェリス女学院と横浜共立学園はプロテスタント、横浜雙葉はカトリック)である。

 ご承知のようにフェリス女学院は日本で最も古い女子校で、社会で活躍する女性も数多く輩出してきている。横浜共立学園も創立はフェリス女学院の翌年と、これまた押しも押されもせぬ伝統校だ。横浜雙葉はこの3校の中で唯一小学校からある学校で、横浜の名家の子女が通う学校として知られてきた。

 受験の世界では「ブランド校」といういい方があるが、文字通りこの3校は神奈川きってのブランド校である。もちろんこうした「伝統」やキリスト教の「人間教育」に価値を置いて学校を選択するご家庭は一定数いる。だが、そうした傾向も少しずつ弱まってきているというのが最近の入試事情と言っていいだろう。

 一方の洗足学園だが、じつはこちらも創立者はクリスチャンで、校名は新約聖書「ヨハネによる福音書」に由来する。が、キリスト教教育は前面に出さず、早くから社会で活躍する女性の育成を謳ってきた。

「備えある者には活躍の機会が待っている」というスローガンの下、近年各学校が力を入れている帰国生入試、英語教育、海外大学進学にどこよりも早くから取り組んできた。また「他流試合」と称する300を超える学外チャレンジプログラムが生徒を大きく成長させていることは広く知られるようになっている。

 国立大学の推薦・AO入試は、学外での活動や体験が評価、重視されるため、試しに今年の難関国立大学(東京・京都・東北・九州・北海道・大阪・名古屋の旧帝大7校と東工大、一橋大の計9大学)の推薦・AO入試での合格者を調べてみた。

 すると、女子校では洗足学園が5名で最多。その他では豊島岡女子学園が3名、吉祥女子と女子学院が2名。他はいずれも1名。東京を含め、お嬢様学校と言われている女子校はこうした国立大学の推薦・AO入試では不振だった。

 保護者はここまでの数字は把握していないと思うが、常に時代の先を睨んで手を打っている姿勢や情報公開の度合い、生徒の活発さなどから洗足学園の受験者数が伸びていると考えていいのではないだろうか。

◆交通事情の変化と「リケジョ」の増加

 中学受験の動向を見るときに、これまでも指摘されてきたのは交通利便性だ。湘南新宿ラインの開通、みなとみらい線から東横線を経由しての副都心線直通運転、さらには相鉄線からJRへの直通運転──といった交通事情の変化が受験事情も変えているのは間違いない。

 今回のテーマに当てはめれば、神奈川女子御三家から池袋の豊島岡女子学園などへの志望シフトが進んだものと推測できる。池袋駅から徒歩5分という豊島岡女子学園の立地は、繁華街を敬遠したくなる家庭がある一方で、遠隔地からの通学を容易にした。

 こうした交通事情に加えて、近年学力上位層の女子において「リケジョ(理系女子)志向」が強くなっていることも特徴的だ。

 豊島岡女子学園は女子校の中で古くから理系クラスが文系クラスより多い学校で知られている。実際、直近の2020年春の大学合格者数を分野別に見てみると、理工分野が326名でダントツに多い。経済分野が178名、人文科学分野が123名であるから、一般の女子校とはだいぶ傾向が異なっている。医学分野も121名と多い。

 以前この学校の卒業生にインタビューしたことがあるが、「小学校のときから医者になりたいと思っていたので、豊島を受けました」という人が何人もいた。受験生および保護者はこうした数字を見ているのである。さらに2019年春に国のSSH(スーパーサイエンスハイスクール)に指定され、サイエンス教育の評価が一段と確たるものになったこともシフトの要因として挙げられるだろう。

 一方、神奈川女子御三家は先にも記したように、いずれもキリスト教系の学校であるため、宣教師の手になるミッションスクールは英語に強いというイメージがあった。カトリック学校の教師によって開発された「プログレス」がほぼ唯一のレベルの高い英語の副教材だった時代には、これを使用しているかどうかで学校を選択する家庭もあったほどである。

 それがスピーキング力、ライティング力を含め実用的な4技能が必要とされる時代になって、英語教育におけるミッションスクールの優位性が薄れたという面もあるだろう。

◆共学に流れる?

 近年、苦戦の女子校を中心に共学校に転換する学校が毎年のようにあるが、学力上位層でも共学校を志望する層は少しずつ増えている。先の交通事情の変化に伴う具体例を挙げれば、渋谷教育学園渋谷や広尾学園といった私立中学へのシフトもある。この2校は帰国生入試、英語教育、海外大学進学という面で洗足学園とも共通項が多い。

 さらに広尾学園には「医進サイエンスコース」があり、この点では豊島岡女子学園に求めるニーズをもカバーできるという面がある。

 このように“受験地図”という側面から考察すると、いろいろな要素が絡み合って横浜のお嬢様学校が苦戦している様子がうかがえた。

関連記事(外部サイト)