百田尚樹氏 安倍首相に苦言の真意と会食で直接伝えたこと

百田尚樹氏 安倍首相に苦言の真意と会食で直接伝えたこと

“応援団長”とも呼ばれていたが批判もする?

 新型コロナウイルス問題をめぐり、これまで安倍晋三首相の“応援団”の代表格と見なされてきた保守派論客が「政権批判」に回ったことが世間を驚かせた。作家・百田尚樹氏は2月21日、ツイッターでこう呟いた。

〈安倍総理はこれまでいいこともたくさんやってきた。/しかし、新型肺炎の対応で、それらの功績はすべて吹き飛んだ〉

 なぜ百田氏は、これまでの“称揚”から一転、厳しい批判を繰り広げたのか──雑誌「ニューズウィーク日本版」で特集「百田尚樹現象」(2019年6月4日号)を執筆したノンフィクションライターの石戸諭氏が、その真意を質した。

◆総理から電話があった

──ツイッターで安倍首相に批判的な投稿を始めたのはなぜですか。

百田:隣国で未知のウイルスが現われ、大量の感染者が出て、一千万都市が封鎖されている。そんな前代未聞のことが起こったにもかかわらず、入国制限の措置も取らない政府を批判するのは当然です。

──しかしその後の2月28日には、安倍首相と百田さん、ジャーナリストで『日本国紀』の編集者を務めた有本香さんと3人で会食した。どういう経緯で実現したのでしょうか。

百田:記憶を辿って話しますが、その前の週に安倍さんから携帯に電話がかかってきました。特に用事はなかったようで、私から「日本が一大事ですが頑張ってください」と雑談して、最後に総理から「では今度食事でも」という話になりました。

 私は社交辞令だと思っていました。その後、有本香さんと電話で「総理から電話があった」と話したら、有本さんから「用件は何やったん?」と聞かれた。特に用件はなかったと言うと、有本さんは「用件がないのに電話するのはおかしい」という。「そういえば、今度食事でも、という話をしていたなぁ」と言ったら、有本さんが総理にメールを送ったんです。そしたら急遽、「28日夜に食事を」ということになったのです。

──その場で何を伝えましたか?

百田:私から話せる範囲で言えば、中国・韓国からの観光客の入国を制限し、習近平(中国国家主席)の国賓級来日をやめるべきだとは伝えました。普段からツイッターなんかで言っていることと同じです。

──安倍首相はどのような話をしたのでしょう?

百田:総理からの会話の内容は話せません。プライベートなことですから。

──会食に誘った理由について、安倍首相から何か説明がありましたか?

百田:本人からは特に何もありませんでした。会食はだいたいこんな感じで急に決まります。変わった様子は特にないですね。いつもよりは少し疲れているなぁというくらいでした。肉体的にというよりも、ちょっと精神的にね。

──百田さんが安倍政権批判に回ったことが嫌だったのではないでしょうか。対策も兼ねて、会食がセットされた可能性があると思います。

百田:野党は何をやっても政権批判するんやけど、今まで安倍政権を支えていた保守層からも対応がおかしいやないかという批判が出て、それが安倍さんにとってはちょっとこたえた部分があったかもしれない。私と有本さんに対して、何らかの弁明をしたかったのかもしれない。官僚や専門家だけではなく、私たちからも意見を聞きたかったのかもしれない。そればっかりはわかりません。

◆会食費用が総理持ちなのはおかしいことか

──会食の報道を受け、「安倍首相はこんな時期に専門家でない人と会食すべきでない」との批判もありました。それについてどう考えますか?

百田:私は誰と飯食ってもええやんかと思っています。専門家とも会ってるやろうし、じゃあ専門家以外とは会ったらあかんの? と思いますね。たった1時間ですよ。

──安倍首相が払ったという会食費用も、突き詰めれば税金から支払われていることになる、と批判が上がりました。

百田:費用は総理に持っていただきました。批判については「ワシがどんだけ税金払ってると思てるんや」で終わりです。「ほな、お会計どうしましょう? 食べた分だけ払いましょうか」なんてやりとり、必要ですか? そんなことを言っても、呼んだ方が払うでしょう。

 私は(自宅のある)大阪からの新幹線代、ホテル代をすべて自分で払っています。社会常識的に誘った側に食事費用を持ってもらうのはおかしいでしょうか。

※週刊ポスト2020年4月3日号

関連記事(外部サイト)