刑務所のコロナ対策 受刑者が「マスク禁止」の理由は

刑務所のコロナ対策 受刑者が「マスク禁止」の理由は

受刑者は「マスク禁止」だという(府中刑務所)

 新型コロナウイルスが猛威をふるい、職場、学校、家庭では「マスクの着用」「消毒」など、徹底的な予防策が講じられている。では塀の中、刑務所ではどのような予防策が講じられているのか。受刑者の高齢化も進み、目に見えないウイルスへの恐怖は一般の人と変わらない。自由が制限された彼らはどう身を守っているのか。

「外部との接触が厳しく制限されている刑務所で、もし新型コロナの感染が起これば、“犯人”としてまっさきに疑われるのは日々出入りする刑務官です。刑務所区域内に立ち入る際には、徹底した感染症対策がとられています。外部と接触していた新規の受刑者や移送されてきた受刑者は2週間隔離され、原則、刑務作業も禁止しています」

 そう語るのは、ある刑務所の刑務官だ。厚生労働省は感染者の集団、いわゆる「クラスター」が発生しやすい条件として「屋内の閉鎖的な空間で人と人が至近距離で、一定時間以上交わること」とし、具体例として「ライブハウス」「スポーツジム」「屋形船」などを挙げる。

 屋内、閉鎖的、人と人が至近距離──刑務所は条件にぴったり当てはまる。塀の中も高齢化が進んでいる。2002年では受刑者に占める60歳以上の割合は10.3%だったが、2018年には19%を超えた。つまり5人にひとりは60歳以上ということだ。そんな閉鎖空間でひとたび集団感染が起これば、重症化する者が大量発生する可能性がある。

 そもそも塀の中の感染予防対策はどのように行われているのか、法務省矯正局の担当官に聞いた。

「1月の末に、全国の刑務所関連施設に向け、(施設職員の)手洗い、うがい、マスク着用の徹底について、文書で通達しました。さらに、2月末に厚労省が感染対策の基本方針を発表したタイミングに合わせてもう一度、同じ内容の文章を全国の関連施設に送りました」

 受刑者は職員以外との接触を徹底的に制限する方針で、定期的に行われている慰問ボランティアなども現在は受け入れを停止する施設が増えている。刑務所や少年院などの矯正施設でのボランティアコンサートを20年続けている女性デュオ『Paix2(ぺぺ)』はこう語る。

「毎年3月は、新年度のコンサートの予定が20〜30か所くらい決まっていくのですが、今年は新型コロナの影響でまったくの白紙です。どこまで続くのか、皆目見当もつかない状態です」

 水際対策は万全のようだが、刑務所には外とは違う“事情”もある。前出の刑務官が語る。

「新型コロナの蔓延で、世間にはマスクをした人が溢れています。でも、中の様子は違う。受刑者はみんなマスクなしで生活しています。

 刑務所では、警備や保安のため、原則的として受刑者にマスクをさせません。相手がどんなことを考えているのか、どんな気持ちでいるのか。表情から得られる情報は非常に重要です。マスクをすれば、日々受刑者と接する刑務官たちが彼らの表情を読み取ることができなくなる」

 こうしたマスク着用の運用について、法務省矯正局の担当官は次のように語る。

「公式の取り決めがあるわけではないのですが、保安上の観点から、受刑者にはマスクを着用させない方がよいであろうというのは関係者の共通認識だと思います。ただ、毎年のことですが、インフルエンザが流行する冬季には、それぞれの施設の判断で必要と考えられる状況になれば、受刑者にもマスクを着用させるよう、促しています。今回の新型コロナウイルスについても同様です」

 受刑者たちは外の世界で起きていることを知っている。一定程度の制限はあるが彼らはテレビ・ラジオを鑑賞することができるし、新聞・雑誌を読むこともできる。マスクの着用が感染防止に一定の効果があることも当然、知っているはずだ。

「高齢の受刑者のなかには“罹患したら重症化する可能性があるのに、マスクすら支給されない”と不安を訴える受刑者もいる。閉鎖された場所であるからこそ、受刑者の心にはストレスも溜まりやすい。いつ終息するか分かりませんが、今後は心のケアが必要になってくると思います」(前出・刑務官)

 声を上げにくい彼らもウイルスの脅威と戦っている。

関連記事(外部サイト)