コロナ感染ピーク、1日に患者42万人受診で外来パンクの恐れ

コロナ感染ピーク、1日に患者42万人受診で外来パンクの恐れ

イタリアでは医療機関が大混乱(写真/AFLO)

 日本国内の感染者数は3月19日時点で914人、死亡者は31人だ(クルーズ船を除く)。安倍首相は「新型コロナ対策で全国の医療機関に5000床を確保した」と説明し、国民には、中国やイタリアのような事態には至らないだろうという安心感が広がっている。

 しかし、厚生労働省が3月6日に都道府県の衛生担当部署に通知した「新型コロナウイルスの患者数が大幅に増えたときに備えた医療提供体制等の検討について」と題する文書の内容を見ていくと、決して楽観できないことがはっきりわかる。

 文書は西浦博・北海道大学医学研究院教授の研究チームの報告書をもとに、感染のピークとその時の患者数などの計算式が記載され、各都道府県に「必要な医療体制の確保」を要請したものだ。

 それによると、感染ピークは感染経路が追跡できないほど拡大した時点から「概ね3か月後」に到来する。全都道府県のピークが重なったと仮定すると、1日あたりの受診者数は全国で約42万人、入院が必要な患者数は約22万人、重症患者は約7400人に達する計算になる。

◆外来がパンクする

“最悪のケース”とはいえ、現在とはケタ違いの数の感染者が発生すると想定されているのだ。まず、42万人の受診者が殺到すれば、全国の病院の外来はパンクする。

 ベッドも足りない。全国の病院のベッド数は約164万床、そのうち精神病床、療養病床(介護)、結核病床など専門病床を除外した一般病棟は約89万床だ。そこで22万人の感染者の入院が必要となれば、準備された5000床はすぐに埋まってしまい、ベッドが決定的に不足する。「感染しても入院できない」という“入院難民”が大量に発生することになる。

 元東大医科学研究所特任教授で医療ガバナンス研究所理事長の上昌広氏が指摘する。

「さすがに、厚労省の通知文書ほどの爆発的な感染拡大に至ることは考えにくいが、これからも感染者はどんどん増えるでしょう。そうなると心配なのは、すでに“本来であれば検査や治療できたはずの患者”まで手が回らなくなっている現実があることです」

 どういうことか。

「現在は症状がなくてもPCR検査が陽性で入院・隔離されている人がいる一方で、症状に苦しんでいるのに検査してもらえず、病院をたらい回しにされたり、自宅療養を強いられている人がいる。その理由は、厚労省が“感染ルートの特定”を優先しているからです。感染の疑いが強く症状が出ている患者の検査よりも、症状がない濃厚接触者の検査が優先されている。

 感染初期の水際作戦の段階であれば、接触者を丹念に辿ることに意味があるが、蔓延期にそのやり方では患者が必要な治療を受けられない。方針を切り替えて重症者の対応を優先すべきだが、そうなっていない」

 このままでは、感染の爆発がなかったとしても“病院難民”が発生する懸念もあるという。

「原因は病院の閉鎖や休業です。新型コロナ感染を警戒してか、全国的に1月から外来患者が減りはじめており、保険診療の収入は2か月遅れで入るため、3月から経営危機が表面化する病院が増えてくると考えられる。休業や外来中止に追い込まれると、本来は日本が備えていた医療機能が低下し、コロナ患者も他の疾患の患者も治療の機会が失われてしまう」(同前)

※週刊ポスト2020年4月3日号

関連記事(外部サイト)