新型コロナと認知症高齢者の闘い、サ高住も訪問自粛に

新型コロナと認知症高齢者の闘い、サ高住も訪問自粛に

高齢者は感染リスクが高いと言われる(イメージ写真/アフロ)

 父が急死したことで認知症を患う母(85才)を支える立場となった『女性セブン』のN記者(56才)が、介護の裏側を明かす。

 * * *
 高齢者が新型コロナウイルスの脅威をかわすには、不用意に外に出ないのが、いまのところいちばん確かな方法だ。しかし、“外出こそ最高の認知症対策”をモットーにする母が、ずっと楽しみに待っていた観劇予定をどうするか。難しい選択を迫られた。

◆つねに「これが最後かも」 “今日を生きる”母の外出

 今年の年明けに、母が以前絶賛していた劇団の公演告知を見つけ、即チケットを取った。その劇団の公演は昨年も見に行ったのだが、上演後、俳優たちが舞台に出て来て芝居への熱い思いを語ると、母は前のめりになって大拍手。

「あの人たちは芝居が好きなのね、若いっていいわねー」と感動していた。「母は本当に認知症なのだろうか」と疑うほどの驚きとともに、“これが母の脳を刺激するツボだ!”とコツを得た気がして、ずっと次の公演を狙っていた。

 母はもちろん大喜び。前回の舞台や、挨拶に感激したことはまったく覚えていないが、久々の外出がうれしいようだ。

 チケットを取った日、世間では新型コロナウイルスで日本初の感染者確認(1月16日)のニュースが飛び交っていた。でも私には対岸の火事。この後、大混乱になることなど想像もしていなかった。

 そもそも母は丈夫なのだ。かぜくらいは医者に行かずに治すし、高齢になってから毎年インフルエンザの予防接種は受けるが特に警戒もしない。

「バカはかぜひかないのよ」と言うのが、母が認知症になってからの定番ギャグ。だから人より多少強気で“楽しいお出かけ”を優先させている。

 それに母も85才。元気そうだが、母を誘うお出かけには、いつも「これが最後かも」という思いがつきまとう。

 しかし、1月末にWHO(世界保健機関)が緊急事態宣言、2月1日には日本政府が新型コロナウイルスを指定感染症、検疫感染症に指定する政令を施行。観劇は3月1日に迫っていた。

◆母の部屋も訪問自粛に! 流行の収束を祈るのみ

 2月に入ると、テレビなどは横浜港に停泊するクルーズ船を中心に新型コロナウイルス一色になった。ネット上には感染症の専門家らが発信する情報から、トイレットペーパーがなくなるというデマまでが入り乱れ、さすがの私も事の重大さに愕然とした。

“高齢者は重症化しやすい”“不特定多数が接近する満員電車や劇場が危険”と、まるでのんきな芝居見物の計画を非難されている気分。でも、「お芝居楽しみねー、カレンダーに書いてあるわ」と、母は世間のことなどどこ吹く風。今回に限って1か月半先のカレンダーに印をつけてしまっていたのだ。これを見るたび母は電話をしてくるだろう。もう行くしかない…。

 防毒マスクとゴーグルで完全防備して、電車が混むようならタクシーでという無謀な妄想もした。しかしネット通販で普通のマスクさえ軒並み売り切れになっているのを見て、やっと私も目が覚めた。

 やはり母の観劇は断念しよう。母の代わりに行ってくれる友人知人を探し、なんとか見つかった2月26日、政府がイベント中止要請を発動。公演もあっけなく中止になった。

 幸い母はもう芝居のことをすっかり忘れていた。私は一転、気ままなひとり散歩をやめるよう騒ぐ口うるさい娘に早変わり。いまは母のサ高住(サービス付き高齢者向け住宅)でも訪問自粛になり、気軽に顔も見に行けない。ひたすら流行の収束を祈るばかりだ。

※女性セブン2020年4月9日号

関連記事(外部サイト)