神社本庁から有力神社の離脱が続出 首相の改憲を後押しするパワーが弱化も

記事まとめ

  • 全国約8万の神社を統括する神社本庁から、有力神社の離脱が相次いでいる
  • 東京・富岡八幡宮は離脱手続きを進めており、原因は“人事トラブル”といわれている
  • 有力神社の離脱が続けば、首相の改憲を後押しするパワーも弱まると見られている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております