もしもスーパーの棚をさらい尽くしたくなる衝動に駆られたら

もしもスーパーの棚をさらい尽くしたくなる衝動に駆られたら

3月26日、開店前のスーパーに並ぶ人々(東京都大田区。時事通信フォト)

 新型コロナウイルスとの戦いに終わりは見えない。スーパーでの一部商品の品薄状態ももはや定着してしまった感さえある。これでいいのか。空っぽの棚を見て、おそらく誰もが一度は感じたことではないか。食文化に詳しい編集・ライターの松浦達也氏が指摘する。

 * * *
 3月25日(水)の夜、都内で新たに40人の感染者が確認されたことで、小池百合子都知事による緊急会見が行われた。そこでは「ロックアウト」「オーバーシュート」「感染爆発」「重大局面」などの強い単語を織り交ぜながら、「週末は不要不急の外出自粛を」と外出自粛要請がなされた。人は不安になると買い物に走る。昨年の台風禍もそうだったし、東日本大震災のときもそうだった。

 イオンやイトーヨーカ堂などが加盟する日本チェーンストア協会が発表した2月のチェーンストア販売概況(会員企業55社、1万0548店舗)によると、総販売額は9376億円と昨年同月比でプラス4.1%。とりわけ食料品は5.8%増の6506億円と伸びている。対して日本フードサービス協会が発表した2月の外食売上高は、ファストフードのテイクアウトや、持ち帰りの米飯や回転寿司が伸びたこともあって全体としては4.8%増だったが、パブ・ビアホールは対前年比で90.4%、居酒屋も95.2%。在宅勤務やリモートワークが始まったばかりの2月でこうだから、3月の数字にはさらに開きが出るはずだ。

 大企業がリモートワークや在宅勤務に移行したことで、外食の回数が減り、職場近くの飲食店で食べていた食事が、家の食卓に振り替えられつつあった。移動の回数が減り、距離が短くなった結果、居住地近くのスーパーでまとめ買いをする機会も増えていた。テレビの画面などではスーパーのがらんどうの棚ばかりが強調されるが、震災や台風など度重なる災害を経験したせいか、今回は一定の落ち着きも感じられた。

 都知事の会見があった25日の深夜に都心の24時間スーパーを覗くと、いつもより多少人は多かったものの、真っ先になくなるはずの乾麺のパスタやインスタントラーメンはまだ残っていたし、コメも潤沢にあった。

 翌26日の日中、あるスーパーが入場制限をしているのを見てギョッとしたが、行列は整然としていたし、その入場制限も「お客様同士の距離を保って、お買い物ができるよう」との意図で店内はほどほどのにぎわい。コメやパスタは昼頃に売り切れたが、そばやうどんの乾麺や、冷凍食品はまだ残っていた。買い物帰りの客が提げているレジ袋もひとつかふたつ。持てるだけ買うという人の姿もほとんど見なかった。

 もっとも一部には空いた棚もあった。同日、全国スーパーマーケット協会のTwitter公式アカウントが「食品の生産、物流は滞ってませんし、店が閉まるわけでもありません。営業は継続されます。店頭の欠品も徐々に回復します。慌てないでください。そしてメディアが煽るようなことはどうぞお控えください」と発信していたが、非常時に不安を煽られれば、つい余分に買ってしまいたくなるのは仕方がない。

 だが、がらんどうの棚ばかりが喧伝されるのは、発信する側として工夫に欠けてはいないか。先ほど確認してきたが、この原稿を書いている27日(金)の午前中現在、近所のスーパーではコメやパスタも確認できた。もちろん空の棚もあるし、時間帯によっても違うのだろうが、SNSやメディアに煽られなければ、スーパーの店頭にはより平和な光景が広がっていたのではないか。

 もし煽情的なニュースに触れ、スーパーの棚をさらい尽くしたくなる衝動に駆られたら、思い出してほしいことがある。苛烈な環境に置かれた、最前線で奮闘する医療関連業務の従事者のことだ。日中は対応に追われ、疲弊しきった彼らがスーパーにやってきたとき、棚に残されたパンひとつ、パスタ一袋で救われた気持ちになるかもしれない。

 例えばイギリスの高級紙(といっても、紙面版は2016年に廃刊し、現在はオンラインメディアとなっている)"The Independent"は、3月24日にTwitterにスーパーマーケット店頭の光景を投稿した。そこに描かれていたのは、空の棚でも殺伐とした商品の奪い合いでもなかった。

 イギリスのあるスーパーでは、ウイルス対策で多忙を極めるNHS(イギリスの国民健康保険制度)職員のため、ゆったり買い物ができるよう専用の購入時間帯を設けているという。映像には、カートを押しながら入店するNHS職員をスタッフが喝采で出迎え、ひとりひとりに花束が贈呈される光景が映し出されている。

 我々が口にする食べ物は栄養を補給するためだけのものではない。それは心身ともに生きる力を与えてくれる源だ。いま、ふだん以上のにぎわいを見せるスーパーマーケットは品物を奪い合う戦場ではない。食料品に癒やされ、やさしさを分かち合う安寧の場のはずなのだ。

関連記事(外部サイト)