百田尚樹氏を取材して驚かされた“感覚の普通さ”

百田尚樹氏を取材して驚かされた“感覚の普通さ”

百田尚樹氏の「特異性」はどこにあるのか?

 これまで安倍晋三首相の“応援団”と見なされてきた作家・百田尚樹氏が、新型コロナウイルス問題をめぐり、ツイッター上で安倍政権を「批判」したことが世間を驚かせた。それを受けて週刊ポスト2020年4月3日号では、百田氏へのインタビューを掲載。聞き手は、雑誌・ニューズウィーク日本版(2019年6月4日号)で特集「百田尚樹現象」の謎に迫ったノンフィクションライターの石戸諭氏だ。百田氏の言葉になぜ多くの人が反応するのか──インタビューを通して見えた百田氏の「特異性」について、石戸氏がレポートする(文中敬称略)。

 * * *
 百田尚樹現象は分断の時代の象徴だ。なぜ彼の言葉は多くの人の注目を集め、なぜ彼の本はベストセラーになるのか。反対側の人々──それはリベラル派と言い換えてもいいが……──は多くを誤解している。

 このインタビューは本来、5月に刊行を予定している書籍『ルポ 百田尚樹現象』の締めくくりの取材として、予定していた。そこに新型コロナウイルス問題が重なり、なぜ百田尚樹が安倍政権を批判したのかを掘り下げて聞くことにもなった。

 そこであらためて感じたのが、百田の言葉にあるあまりの「普通」さだ。彼はベストセラー作家であり、右派論壇のキーパーソンでもあり、関西では名高いテレビの構成作家だ。本人が特異な才能の持ち主なのは、周辺取材でも誰もが認めた。だが、私がもっとも特異だと思ったのは、感覚の「普通」さなのだ。

 長年、テレビで高視聴率番組に携わっているうちに身についたものでもあるのだろう。彼は街場の感覚を失わないまま、言葉を発している。例えば、彼はインタビューで「入国制限しなかった1月と2月はまったく評価できない」と批判したが、今は「ベストを尽くしている」と話した。なぜそう言えるのか。

 印象的な部分を抜き出しておこう。

《──休校要請については、エビデンスに欠けている政策だと批判も強いですし、私も経済への悪影響が出ることも含めて、やる必要はなかったという立場です。百田さんはどこを評価しているのでしょうか。

百田:学校の休校要請っていうのは、やっぱり、相当なもんやと思っています。ほかの政治家ではビビッてできないんじゃないでしょうか。エビデンスがあるかという批判ですが、そもそも未知の感染症に対してエビデンスなんかないですよ。総理がリーダーシップをとって、果敢に休校をとりあえずやってみて、感染を防ぐという成果が出たらいいじゃないですか。

──評価はリーダーシップにあるということですか?

百田:そうです。こういうことに関してはやっぱり、果敢にやらないといけないでしょう。官僚っていうのは自分から決めませんからね、絶対に。》(週刊ポスト2020年4月3日号)

 大手メディアの世論調査を見てみよう。例えば朝日新聞の世論調査で2月は停滞していた安倍政権の支持率は3月に入り上昇に転じた。支持率は39%から41%になり、不支持は40%から38%に減った。一社だけなら誤差の範囲だが、各社の傾向は概ね一致している。数字が示唆しているのは、安倍政権はまた危機を脱しつつあるという事実だ。

 それがなぜ起きるのか。私も含めて安倍政権に批判的なスタンスを取る人々は、3月はもっと支持率が下がると思っていたはずだ。その予兆はいくつもあった。桜を見る会、新型コロナウイルスの対応で後手後手に回り、ついに全国一斉休校の要請に踏み切った。

 なぜ子供を対象にするのか? 小児の発症、重症化という事例が少ないことはわかっていた。なぜ全国一斉なのか。特段の根拠はなく、〈「科学よりも政治」という、またしても悪い前例となってしまいました〉(神戸大学・岩田健太郎教授 2020年2月29日毎日新聞ウェブ版インタビューより)などと専門家から批判の声があがった。

 安倍首相の会見でもエビデンスは示されず、社会活動へのダメージが大きいと批判の声が強まったように見えた。中国と韓国の入国制限にも踏み切ったが、右派の歓喜はともかくとして、遅きに失したという声が多数であるかのように見えた。

 これだけ重なれば、当然、3月の支持率は下がると思っていた人が、不支持派の中では多数だっただろう。だが、現実はこれだ。「分断」の向こう側からは見えない、支持の背景があったのだ。

 私には支持の背景が見えていなかったが、百田の言葉を聞く中で理解できたことがある。問題はファクトやエビデンスではないのだ。積み上がったエビデンスに基づいてのみ判断すれば、安倍政権の対応を批判した専門家、メディアに分があるのは間違いないだろう。

◆分断されているからこそ相手側からは見えてこないものがある

 では、なぜ根拠が見えにくい「決断」が影響力を持つのか。近年の科学研究を踏まえれば、「正しい事実」を突きつければ人は考えを変えるというのは幻想でしかないことがはっきりと示されている。

 イギリスの神経科学者、ターリ・シャーロットは『事実はなぜ人の意見を変えられないのか』(白揚社、2019年)で、アメリカ大統領選の討論で交わされた印象的なシーンを記述している。トランプと、彼の対抗馬で小児神経外科医のベン・カーソンの討論だ。

 トランプは子供のワクチン接種と自閉症に関連があるという、有名な疑似科学を自説して展開した。それに対して、カーソンはいくつもの研究論文があり、トランプが主張しているような事実はないと反論した。

 そこでトランプは再反論する。「実例ならたくさんありますよ。私どもの従業員の話ですが、つい先日二歳の子が、二歳半の可愛らしい子供が、ワクチンを受けに行った一週間後に高熱を出しました。その後ひどく悪い病気になり、今では自閉症です」

 シャーロットはここで困惑する自分に気がつく。心理学者であり、二児の母親でもある彼女は、自ら論文をあたり、ワクチン接種と自閉症の間になんら関連がないことを知っている。トランプの偏見と直感だらけの発言であるにも関わらず、不安を掻き立てられてしまったという。

 その要因は、カーソンは「知性」にのみ訴えたが、トランプはそれ以外のすべてに訴えかけていたことにある。あらゆるファクトが示すのは、トランプが間違っているという事実だ。しかし、現実にはトランプの訴えのほうが人々の心に突き刺さる。

 エビデンスよりも、刺激的な言葉と「果敢な行動」が人々の感情を突き動かすことがある。分断されているからこそ、相手側からは見えていないものがある。

 ニューズウィーク日本版「百田尚樹現象」を昨年の5月に発表して以降、リベラル派からは直接、間接的に「絶対に買わない」「百田なんか無視すればいい」「取り上げた時点で百田を持ち上げているのと同じだ」「なぜもっと批判しないのか」という声が大量に届いた。

 私からすれば、すべて間違っている。百田尚樹現象と名付けたように、彼の著作や言葉には一定の支持者がおり、それは社会現象と呼べるものになっている。表層的な批判は同じ考え同士で溜飲を下げるのにはいいが、理解には役に立たない。それだけでは分断は深まるだけだ。

 彼の一言は少なくない影響を及ぼす。だからこそ、そこにどのような意味があるのかを直接の取材をもって分析すること。ある人々には見えていないものを言語化し、可視化することが求められているのではないだろうか。

関連記事(外部サイト)