紀子さまの誕生会に異例の皇太子ご一家出席 その裏側

紀子さまの誕生会に異例の両陛下と皇太子ご一家が出席 美智子さまのお気持ちで実現か

記事まとめ

  • 9月11日に紀子さまの51才の誕生日を祝う夕食会が行われ、両陛下が顔を出された
  • 紀子さまの誕生会に両陛下が顔を出されたというのは、過去に聞いたことがないという
  • 皇太子ご一家も招かれ周囲を驚かせたが、実現の陰に美智子さまのお気持ちがあったよう

紀子さまの誕生会に異例の皇太子ご一家出席 その裏側

紀子さまの誕生会に異例の皇太子ご一家出席 その裏側

紀子さまの誕生会には美智子さまの強いお気持ちが

 東京・千代田区にある『喜山倶楽部』は、1931年創業の伝統ある大規模パーティー会場だ。和会席からフレンチのコースまで専門スタッフが一流の腕を振るう同会場のケータリングが、9月11日の夕方、皇族方が暮らす赤坂御用地へと次々と運び込まれていった。

 その夜、御用地内にある秋篠宮邸で、紀子さまの51才の誕生日を祝う夕食会が行われた。3日に眞子さまと小室圭さんの婚約内定会見が行われ、6日に悠仁さまが11才の誕生日を迎えられた。誕生会の翌12日には、佳子さまが留学のためイギリスへと旅立たれた。

 秋篠宮家にとって、立て続けに大きな転機が訪れた中にあって、紀子さまの誕生会にもまた異例の光景が広がっていた。

 夜6時半、誕生会に出席されるため、天皇皇后両陛下を乗せた車が御用地内へと入っていった。

「皇太子ご夫妻の誕生会に両陛下が招待され、東宮御所に足を運ばれるのは毎年の恒例ですが、紀子さまの誕生会に両陛下が顔を出されたというのは、過去に聞いたことがありません。眞子さまの婚約を陛下がお認めになった『裁可』へのお礼や、佳子さまがしばらく日本を離れられるということもあって、今回両陛下が出席されることになったそうです」(皇室ジャーナリスト)

 誕生会には黒田清子さん(紀宮さま)と慶樹さん夫妻も参加していた。

「内親王から一般家庭に降嫁した“先輩”として、清子さんから眞子さまへのあたたかい助言などもあったのかもしれません」(前出・皇室ジャーナリスト)

 およそ3時間にわたって楽しまれたという食事と歓談。だが、さらに周囲を驚かせたのは、その場に皇太子ご一家も招かれていたことだった。

「当初、先に出席が決まっていたのは両陛下で、あとになって皇太子ご一家も参加される方向で調整されたそうです。園遊会や新年一般参賀など公に皇族方が揃う機会を除いて、両陛下、皇太子ご夫妻、秋篠宮ご夫妻がプライベートの食事会などで一堂に会されることはほとんどありません。日頃はそれぞれでご公務や宮中祭祀でお忙しく、今回のような私的なご会食は年に数度あるかないか。それだけ貴重で珍しいことなのです。今回の実現の陰にはどうやら、両家の関係の将来を案じ、皇室が末永く国民の心のよりどころとなることを願う美智子さまのお気持ちがあったようなのです」(宮内庁関係者)

◆秋篠宮さまだけ残られた1時間

 誕生会から遡ること3日前の9月8日の昼頃、皇居では、陛下が生前退位のお気持ちを抱かれた2012年頃から恒例となっている、陛下、皇太子さま、秋篠宮さま3者による「頂上会談」が行われた。月1回のペースで行われる会談後の昼食には、美智子さまが同席されることもあり、皇室の行く末についてのお気持ちはご家族で共有されてきた。

 その日、皇太子さまが皇居を後にされたのは午後1時半頃。だが、秋篠宮さまが出てこられたのは、それから1時間も経ってからだった。

「眞子さまのご結婚までの今後の段取りなど、いろいろとお話しにならなければいけないことがあったのでしょう。そしてもう1つ、眞子さまの婚約内定会見と皇太子ご夫妻の重要公務がバッティングしたことへの言及もあったのではないでしょうか。それが、紀子さまの誕生会に皇太子ご一家も出席されるという珍しい事態につながったのかもしれません」(前出・宮内庁関係者)

 本誌・女性セブン既報通り、眞子さまの婚約内定会見が行われた9月3日、皇太子ご夫妻は「国民文化祭」へのご臨席のため奈良県を訪問されていた。皇太子の「八大行啓」の1つに数えられる重要な公務で、「ご体調次第」という前置きはあったものの、雅子さまの同行が期待される注目の公務だった。

「北九州の豪雨被害で婚約内定会見が7月から延期されるという予想外の事態があったので致し方ない面もあります。しかし、否が応にも世間の注目を集める婚約内定会見が皇太子ご夫妻の公務とぶつかってしまったことに、両家のすきま風を心配する声も聞かれました」(前出・皇室ジャーナリスト)

 皇室内には、明確な序列が存在する。「大殿下」の愛称で親しまれ、昨年100才で薨去された三笠宮崇仁さまは、昭和天皇の弟でありながら、皇位継承順位が上位である皇太子さまやその妻である雅子さまにも常に敬語で接していらっしゃったという。

「ですが、皇位継承権をもつ悠仁さまを紀子さまが出産されたことは、男児のいない皇太子家との“序列”を少しいびつなものにしてしまったのです」(前出・宮内庁関係者)

 生前退位が来年末、あるいは2019年3月に迫る一方で、「女系・女性天皇」や「女性宮家創設」といった皇室を巡る問題は、解決の糸口をみないままでいる。眞子さまの婚約内定によって、再び浮き彫りとなった「皇族の減少」という喫緊の課題もある。

 そんな状況にあって、皇室が一枚岩であるべきときに、両家の関係を危惧されていらっしゃったのは他でもない陛下であり、美智子さまだった。

「会見と公務のバッティングという話だけではありません。眞子さまのご婚約について、秋篠宮ご夫婦は両陛下には以前から丁寧にご報告されていた一方で、皇太子さまには充分に情報が伝わっていなかったという話も囁かれています。ご報告の“義務“があるかないかは別として、次の天皇への即位を目前に控える皇太子さまが知っておいた方がいいこともあったかもしれません。

 ご一家を紀子さまの誕生会にお呼びになったのは、そうした両家のバランスを正そうという美智子さまのご配慮があったのではないでしょうか。美智子さまと、雅子さまと紀子さまという“2人の嫁”との異例の夜が実現することになったのには、美智子さまの強いお気持ちがあったのでしょう」(前出・宮内庁関係者)

撮影/雑誌協会代表取材

※女性セブン2017年9月28日号

関連記事(外部サイト)