中学生への接し方、母親の過干渉はあまり問題ないが父親は問題

中学生への接し方、母親の過干渉はあまり問題ないが父親は問題

学校を変えた西郷校長もついに"卒業"(撮影/浅野剛)

 すべての校則は廃止、定期テストもない、授業中のスマホ利用もOK──あまりにも自由な校風で話題となった東京・世田谷区立桜丘中学校。2010年より同校の校長を務めた西郷孝彦さん(65才)が、この3月に教員生活を終える。教育評論家の尾木直樹さん、麻布学園理事長の吉原毅さんとともに、新書『「過干渉」をやめたら子どもは伸びる』を4月2日に上梓する西郷さんが親の過干渉について語った。

◆父親の過干渉が子どもの自尊感情をそぐ

 自主・自立を促す桜丘中学校にあって、親の理解が得られない場合もある。西郷さんはこう話す。

「少し前の話ですが、父親の希望で音楽関係の高校に進学した生徒がいました。娘に音楽の才能があると思った父親は、バイオリンの英才教育を施していた。学校の音楽の成績が落ちると、“不当評価だ”と言って、学校に怒鳴り込んでくることもありました。

 進学先も父親が“この高校に行け”と決めてしまった。父親は気づいていなかったかもしれませんが、彼女は日々、無気力になっていきました。まるでロボットのように、指示されるがまま演奏するだけ。ネグレクトの子どもが、わが身を守るために自ら考えることを停止してしまうのと同様の状態に陥っていました」

 芸術やスポーツにしろ、勉強にしろ、親がわが子に過剰に強要することを、昨今では「教育虐待」と呼び、問題視されている。

 教育ジャーナリスト時代、世田谷区長の保坂展人さんはこんなケースに遭遇したことを話してくれた。

「母親が“あのレベル以上の高校に進まなければダメよ”と言い、挙げ句、入試に失敗してしまったわが子に向かって、“お前の人生は終わった”と言い放った。結果、家庭内暴力に発展してしまったのです。

 わが子をあたかも自分の分身のように錯覚してしまう。この思い込みが教育虐待を生み出してしまうのでしょう。子どもと親は、別個の人格です。子どもは親の所有物などでは、決してありません」

 最近では、2016年にも、名古屋市で父親が中学受験を控えた小学6年生の長男に対し、刃物で脅して勉強を強要し続け、ついには胸を包丁で刺して殺すという痛ましい事件が起こった。これも過干渉ゆえの教育虐待といえるだろう。

 親の過干渉、なかでも父親のそれは、子どもの自尊感情に悪影響を及ぼすと西郷さんは言う。自尊感情は一般的に自己肯定感とも呼ばれ、桜丘中学校では教育学の専門家の協力を得て、親の干渉の程度と自尊感情の関係を研究している。あくまでも同校の調査によるものだが、結果は意外なものだった。

「母親の過干渉の度合いが強いことは、子どもの自尊感情に影響はほとんどなかったものの、一方で、父親の過干渉が強いと、子どもの自尊感情が低いという結果が報告されました」(西郷さん・以下同)

 つまり、普段から一緒に過ごす時間が多い母親は、口うるさいのが当たり前だと子どもが認識している。ところが、たいていの父親は、母親にくらべて子どもとの接触が少ない。そんな父親からいきなり口うるさく言われると、子どもの人格形成に悪影響を与えてしまうのだ。

「こうした口うるさい父親は、高学歴の場合が多く、社会的な高い地位にいる人も少なくない。仕事のストレスのはけ口が、わが子に向かってしまっているのかもしれません」

 過干渉が子どもにとってマイナスなのは、家庭の中だけでなく、学校でも同じこと。髪の毛の色や下着の色、牛乳の飲み方まで詳細に決めるといった不必要な校則で縛るのも、れっきとした過干渉であり、「教育虐待」なのだ。

◆「桜丘中学校が特別」ではない

 この3月に行われた桜丘中学校の卒業式では、男子生徒が、答辞にこんな言葉を残した。

《桜丘中学校で学んだ、枠にとらわれない考えを生かしながら、自由とわがままをはき違えないように、新たな場所で新たな出会いを大切にして活躍していきます》

 彼らは自由を満喫したと同時に、自分を律する力も身につけた。

 同校の理念に共感する教育評論家の尾木直樹さんが言う。

「桜丘中学校は特別なのでしょうか。ある意味、そうかもしれません。でも、この中学校で行われていることは、ほかの学校や、そしてもちろん家庭でも、すぐにも真似ができることが多いのではないでしょうか」

 桜のつぼみが陽光を受けてゆっくりほころんでいくように、新たな人生という花を咲かせんとする子どもたちに、親が、教員が本当にすべきことは何か。

 それは決して、「過干渉」という冷風を吹きつけ、つぼみを再び閉じさせることではないはずだ。

※女性セブン2020年4月9日号

関連記事(外部サイト)