感染の場となる病院 待合室の床、椅子、水サーバーに注意

感染の場となる病院 待合室の床、椅子、水サーバーに注意

病院にも感染のリスクが(写真はイメージです)

 待合室の長椅子は、マスク姿の患者でぎゅうぎゅう詰め。あちこちから咳やくしゃみの音が聞こえてきて、なかには激しく咳き込んでいる人もいる。

 2時間も待たされ、やっと診察が終わったと思ったら、今度は会計の呼び出しがなかなか来ない。朝8時に来て受付を済ませたのに、病院を出たのはお昼の12時を回っていた。

 こうしたことは“病院あるある”の1つだが、いまの時期は“いつものこと”とやり過ごせない。この待ち時間が、生死にかかわるかもしれないからだ。

 大分県大分市にある国立病院機構大分医療センターでは、医師や看護師、入院患者らが新型コロナウイルスに連鎖的に感染。調査に入った厚生労働省のクラスター対策班は、3月1日以降に院内感染が始まったと明らかにしている。

 兵庫県姫路市の仁恵病院でも11人の入院患者と看護師2人が感染。各地で病院内での感染が目立ちはじめている。

 病気を治す場所であるはずの病院が、いまでは新型コロナウイルスを「うつされる」場所になっているのだ。医療ガバナンス研究所理事長の上昌広さんが、病院の“危険性”をこう指摘する。

「病院は、そもそも病気を持っている人が集まっている場所です。さまざまな感染症の人がいるので、感染リスクが高いのは当然。医師は患者が変わるごとにマスクを替え、手を洗い、アルコール消毒をしていますが、それでも感染症にかかってしまう。それほど病院は感染しやすい場なのです」

 病院の入口には必ずといっていいほど消毒用アルコールのボトルが置かれているが、手の消毒が徹底されていない病院も多いという。

 なかでも、待合室が新型コロナウイルスに感染するリスクが最も高いと指摘するのは、ちくさ病院総合内科の近藤千種さんだ。

「インフルエンザは高熱が出て“明らかにインフルエンザらしい症状”が出ますが、新型コロナウイルスは普通の風邪と判別がつきにくく、グレーゾーンが非常に多い。待合室はそうした“感染しているかもしれない人”の近くに座らなければいけないので、かなり危険です。重症化していないだけで、実は新型コロナウイルスの患者さんが待合室で隣に座っていることも充分考えられる状況なのです」

 待合室では、壁や手すりなど、患者が触る可能性のあるところなら、どこにでも新型コロナウイルスが付着している可能性がある。『病院でもらう病気で死ぬな!』(角川新書)の著者で、医師の堤寛さんが言う。

「ウイルスは床から舞い上がって感染に至るケースはほとんどないため、床の消毒は基本的に無用です。しかし、子供がふざけて床に寝そべったり、高齢者が転びそうになって手をついたりすると、床に付着しているウイルスが手や体についてしまう」

 接触感染のリスクが高まり、その手で待合室のいろんな場所を触れば、床にいたウイルスがあちこちに広がることにもなる。

 長時間待機する長椅子も例外ではない。直接椅子に手を触れなくても、スマホを一時的に椅子に置き、それを再び手にすれば、当然ウイルスが付着してしまう。

 待合室に設置されているウオーターサーバーも要注意。水を出すときのボタンやコップを取り出すボタンを、どれだけ多くの人が触っているかわからないからだ。

※女性セブン2020年4月9日号

関連記事(外部サイト)