年上女性が年下男性にウザがられないための4つのポイント

年上女性が年下男性にウザがられないための4つのポイント

ピン子との“濃密な関係”にお疲れ気味!?

 仲がよさそうに見えても、年上女性と年下男性のホントの仲は意外とわからない。漫才のようなやりとりを見せている「名コンビ」や、若手俳優を束ねる有名女優にも異変が起きている。

『ぴったんこカン☆カン』(TBS系)における、泉ピン子(70才)と安住紳一郎アナウンサー(44才)との珍道中は名物企画だった。しかし、今、安住がピン子との“濃密な関係”に少し疲れを感じているという。熱海に自宅があるピン子が、数年前からTBSのすぐ近くのマンションに拠点を置くようになり、食事の誘いが頻繁になるなどし、どんなに尊敬はあっても頻度が多過ぎるとウザくなるのでは、という番組関係者の声もある。こうした関係は、ピン子・安住アナだけではない。

 大竹しのぶ(60才)はこれまでにも数々の若い男性好きが話題になっている。現在は、舞台で共演した中山優馬(23才)に夢中だとか。他にも、二宮和也(34才)、松本潤(34才)、三浦春馬(27才)などとの親密さが噂されてきた。

 面倒見がよく、好意から年下男性にお世話を焼いてきた女性にとっては「喜んでたじゃない」「嫌なら断ればいいのに…」となんとも腹立たしい話かもしれない。

 ある20代後半の男性は、中途入社した会社で、バリバリ働く20才ほど上の女性上司に困っているという。

「仕事ができる人でした。社内の飲み会で少し相談をしたら、それ以降よく食事に誘われるようになり、回数は増えていく。話も仕事に関係のないことばかり。上司なので邪険にもできません。だんだんスキンシップをしてくるので、ウザくなり彼女がいるという話をしたんです」

 気分を害さないように伝えたつもりが、相手は逆上。

「『人の時間を何だと思っているの!』と。

 こちらとしては、ただ連絡を返していただけ。他の上司に報告するとまで言われ、困りました…」

 コラムニストの今井舞さんは、年上女性が年下男性に「ウザがられない」一線をこう話す。

「異性として甥っ子をかわいがる感覚なので、つい意識せずおせっかいを焼きすぎてしまう傾向があります。女性が大御所であったり、上司だったりすると断りにくく、一種のパワハラにもなりかねない。会うタイミングや頻度は考慮してください。その日“忙しい”と断られたら“じゃあいつにする”というのではなく、“また都合のいい日にね”と選択肢を与えるくらいがちょうどいいと思います」

 注意点をまとめると重要なのは以下の4点。

・ディナーよりはランチから誘うのがおすすめ。ランチは月1回、ディナーは年に2~3回が妥当。
・若い男性の話を真に受けない。ほぼ社交辞令なので、話半分で聞くくらいがちょうど。
・延々とオチのない話をしてしまいがちなので、話は短くオチをつけるように意識する。
・私なんて、おばさんだから、と否定から入る会話をしない。

 一方、年下の男性も守るべきルールがある。

「年下男性にとって年上の女性とのかかわりは成長できる大切な機会。成功している男性の影に相談できる年上の女性がいることは多い。年上女性は、突然“わたしっていくつに見えるかしら~”など難問を投げてくるので人づきあいや会話の鍛錬になると思いますよ」(今井さん)

 あなた本当にそんなこと思ってるの? などと詰め寄ることも当然、禁止事項。年上女性のマナーは意外に難しい。

※女性セブン2017年9月28日号

関連記事(外部サイト)