日本の「産業観光」 広がらなかった背景に戦争と公害

日本の「産業観光」 広がらなかった背景に戦争と公害

モノづくりの現場や遺産などが観光名所として人気(『産業観光ガイド』HPより)

“モノづくり大国・日本”などといわれるように、日本には多くの産業が存在する。その現場を目で見ながら、その成り立ちや歴史などを知ることができるのが、産業観光の特徴だ。

 そもそも産業観光とは、「歴史的・文化的価値のある産業文化財や生産現場、産業製品を、観光資源とすること」と定義されている。

 代表的なものとしては、工場見学やダム観光、陶器づくり体験などがあり、日本観光振興協会が運営するサイト『産業観光ガイド』に登録されている施設だけでも500以上。小さな町工場なども含めるとおびただしい数となり、まだ正確な数字はわかっていない。発展途上の観光といえる。

 だが、なぜその土地でその産業が盛んになったのか、歴史的背景を知ることで、日本の産業の広がりがわかる、と日本観光振興協会主任研究員の森岡順子さんは言う。

「産業観光の中には、軍艦島のように世界遺産になっているものもあり、そのほとんどが、1つの施設というより、その地域全体の産業で成り立っています。例えばお城の瓦ひとつとっても、作られた場所があり、運んできた人がいるわけです。そのように、漠然とお城を見るのではなく、1つ1つの成り立ちや背景を知ることで、その土地がどのように栄えたのかを改めて再発見することができる。それが産業観光の魅力の1つといえます」

 ただ、名所を見学するツアーと違い、学べることが多いこともあってか、産業観光の年間参加者数は、7000万人を超え(2010年経済産業省調べ)ており、中高年の参加者も多いという。

「産業観光は、わが国の近代化を担った技術革新や産業構造の変革などの近代化遺産を、観光地として活用しながら保護するものでもあります。また、その土地で生まれた産業を知ってもらうために観光化することで、多くの人がその土地に足を運び、経済もうるおう。町おこしやその土地へ還元するために、産業観光を積極的に行う企業もあります」(森岡さん・以下同)

◆大きなきっかけはイギリスの産業革命

 日本では、目新しく感じる産業観光だが、その歴史をさかのぼると“産業革命”に行き当たる。産業革命とは、18世紀半ばから19世紀にかけて起こった、一連の産業変革による社会構造の変革および、経済発展のこと。イギリスを発端に蒸気機関車などが作られ、世界産業の近代化に拍車がかかったのだ。

 その時代の遺産となっているのが、世界初の鋳鉄橋アイアンブリッジだ。鉄や石炭などを運ぶために作られたこの橋は、現在、世界遺産に指定されているが、近代産業の発展を知る上で、大きなシンボルとなっている。

「1851年に開催されたロンドン万博で、産業革命の成果として、鉄とガラスの『水晶宮』のパビリオンが披露されました。これにより世界中の人がイギリスの産業に触れることになり、やがて産業観光として一般の人に広がっていきました」

 では、なぜ日本で産業観光は広がらなかったのか? 大きな理由は戦争と公害にある。

 とりわけ1960年代、高度経済成長のひずみとして生まれた公害が全国的に深刻化し、この社会問題を解決するために、企業が一般に向けて工場を開放し始めたが、産業自体を本格的に観光化するには、それから40年近い年月を要することとなる。

「日本がロンドン万博のように、世界に自国の産業を公開したのが、2005年の国際博覧会『愛・地球博』です。すでに世界的企業になっていたトヨタ自動車の『トヨタテクノミュージアム』や陶磁器の『ノリタケの森』などが、自社製品の製造過程を紹介するパビリオンを作り、反響を得た。そこから各地でモノづくりの工程を学ぶ産業観光が本格化してきたのです」

※女性セブン2017年10月12日号

関連記事(外部サイト)