赤ちゃんポスト誕生10年、今はネットポストも その実態

赤ちゃんポスト誕生10年、今はネットポストも その実態

非難が集中するインターネット赤ちゃんポスト(HPより)

《【新規募集】平成29年10月頃出産予定》。あるサイトのかわいらしい赤ちゃんのイメージ写真をスクロールしていくと、突然こんな見出しが登場する。下に続くのは妊婦のプロフィール。

《年齢:20代前半》
《出産予定:平成29年10月中旬頃》
《健康保険:有り》
《母子手帳:有り》
《赤ちゃん性別:不明》
《健診:9月受診済み 問題なし》
《その他条件:平成29年9月~12月までの生活費、医療費、諸経費等の支援が必要》

 ここでは日々、「人間の赤ちゃん」の里親が、ネットを介して募集されている──。さまざまな事情で親が育てられなくなった赤ちゃんを匿名で預けることができる「こうのとりのゆりかご」、通称「赤ちゃんポスト」。国内唯一の施設が慈恵病院(熊本市)に誕生してから、今年5月で10年の節目を迎えた。この間、同院に預けられた赤ちゃんは125人。

「妊娠、出産を他人に知られたくない人に、安心して赤ちゃんを預けてもらいたいと思って始めた。赤ちゃんの命を守るという点で、役目を果たせた」

 同院の蓮田太二理事長は会見で、赤ちゃんポストの意義についてこう語った。

 安易な育児放棄を懸念する声が噴出し、「赤子の遺棄場」と揶揄されるなど、開設当初から批判にさらされ続けた10年だった。慈恵病院の元看護師長で、赤ちゃんポストの趨勢を見てきた下園和子さんはこう語る。

「抗議の電話も多く、現場の人間にも葛藤がありました。赤ちゃんを救うことができたという喜び以上に、この子たちは親に捨てられたのだという現実は重すぎて…。実際、検証報告書にもあるのですが、預けられる子供の1割に何らかの障害があったんです。普通はそんな高い割合で障害は出ない。『どんな子供でも受け入れる』という社会醸成のなさが、赤ちゃんポストの利用に繋がり、命の選別になっているとも感じました。

 それでも、望まぬ妊娠で悩んでいる人、貧困などさまざまな事情で子供を育てられない人の存在をクローズアップし、問題を提起できた点は意義があったと思います」

 そして今、似て非なる“同業者”が登場し、慈恵病院の比ではない賛否の嵐を巻き起こしている。冒頭のサイト、「インターネット赤ちゃんポスト」がそれだ。

◆実母のほとんどは病院の健診さえ受けていない

 2014年に開設されたインターネット赤ちゃんポストの主な目的は極めてシンプル。「わが子を養子に出したい母親」と「里親になりたい人」をマッチングさせること。同サイトを運営するNPO法人『全国おやこ福祉支援センター』(大阪市)の代表、阪口源太氏が語る。

「やむを得ない理由で子供を育てられなくなった親と、病気や年齢などの理由で妊娠できず、養子を欲する人のマッチングを行う。いわゆる養子縁組の斡旋事業です。予期せぬ妊娠をした親に対する相談業務や、子育て支援も行っています」

 サイトの利用方法は簡単だ。わが子を養子に出したい母親は、まずサイト上で専用のマッチングアプリ「こうのとり」の会員登録を行う。Eメールアドレスを登録し、パスワードを設定すればログインできる。登録には年齢も国籍も問われない。本人確認が取れ次第、スタッフが面談し、「子供を里親に出します」という覚書を交わす。

 里親希望者も登録の仕方は同様だが、月額3000円の利用料がかかる。また登録の際、住所、年齢、職業、資格、年収、貯蓄金額など約70項目の記入が必要となる。会員登録した里親希望者は、募集がかけられた赤ちゃんの詳細な情報を閲覧することができる。

「里親登録に年齢制限はありません。ただし、新生児の斡旋はご夫婦のどちらかが49才まで。2、3才児の斡旋の場合は50才以上でも可能です。現在、里親希望の登録をされているかたは270人ほど。設立から現在まで延べ1000人ほどの里親希望のかたにご登録いただいています」(阪口氏)

 赤ちゃん1人につき30組以上の里親希望者が手を挙げるという同サイト。超高倍率の世界だが、選定はどのように行われるのか。

「会員登録時に記入していただいた項目を、運営側が独自にポイントに換算し、数字が高いほどマッチングの可能性が高まる仕組みです。最終的に3~5組程度に絞り込んで、その後は家庭訪問で面接を行い、最適な里親を選考します」(阪口氏)

 面接の際に重視するのは、里親希望者の熱意だという。

「子育ては夫婦で行うもの。どちらか一方が強く希望しているケースはダメです。里親であれば避けて通れない『真実告知』(養子である事実を子供に伝えること)についても問います。人はいつか自分の出自について知る時が来るし、知る権利がある。当方では早めに伝えることを推奨していますが、答えのある問題ではない。あくまでこの問題についてどれだけ真剣に考えているか、という点を見ます」(阪口氏)

 インターネット赤ちゃんポストを利用する実母は、妊娠中であることがほとんどだという。赤ちゃんが母親の胎内にいる時点でマッチングが行われるため、避けられない問題が生まれてくる。

◆“絶対的な愛”が必要

「赤ちゃんの健康リスクです。当サイトに登録する実母は、20代前半が多く、病院の健診さえほとんどが受けていない。会員登録時に健診を受けてもらうことがスタートというくらい、自分の妊娠を管理できていない女性が多いんです。ゆえに、障害を持った赤ちゃんが生まれてくる可能性は否定できない。それでも受け入れますか、と問うた時、言葉を詰まらせるかたは、里親として不適格です」(阪口氏)

 どんな子であろうとも受け入れる、という“絶対的な愛”がなければ、里親は務まらないのだと言う。

 里親希望者とスタッフの面談は基本的にこの1回だけ。マッチングが成立すれば、赤ちゃんの引き渡しとなる。実母が妊娠中の場合、出産・退院を経て対面するが、引き渡しの場所は、実母と里親の都合さえ合えばどこでも可。これまで病院のロビー、ファミレス、最寄りの駅などで引き渡しが行われてきた。

「だいたい30分程度で終了します。実母と里親が揃って写真を撮ったケースもあった。それ以降は養子縁組が成立するまでの間、月に1度、当方に赤ちゃんの成長過程を知らせてもらいます」(阪口氏)

 里親はその後、特別養子縁組の法的手続きを進め、概ね引き渡しから半年後には養子縁組が成立するという。以降は「里親」ではなく正式に「戸籍の上の親」となる。登録からマッチング、出産、引き渡しまで、実母に金銭的な負担はない。

「里親がすべて出す決まりです。実母の出産前後の生活費や健診代、入院費やその他諸費用でだいたい100万円。加えてわれわれNPOの運営費として50万円。特別養子縁組のための弁護士費用で20万円。すべて合わせて200万円ほどになります」(阪口氏)

 この金銭授受があるからこそ、「これは人身売買ではないのか」と、インターネット赤ちゃんポストには非難が集中する。

※女性セブン2017年10月12日号

関連記事(外部サイト)