「ネット赤ちゃんポスト」利用せざるを得なかった女性の体験

お腹の中の子と里親をマッチングさせる『ネット赤ちゃんポスト』 人身売買と批判も

記事まとめ

  • 『インターネット赤ちゃんポスト』はお腹の中の子と里親をマッチングさせるサービス
  • 実母に金銭的な負担はなく、里親がすべて出す決まりとなっている
  • 金銭授受があることで、「人身売買なのではないか」との批判も多い

「ネット赤ちゃんポスト」利用せざるを得なかった女性の体験

「ネット赤ちゃんポスト」利用せざるを得なかった女性の体験

インターネット赤ちゃんポストで救われた女性の告白(「インターネット赤ちゃんポスト」HPより)

 日本初の「赤ちゃんポスト」が熊本市の慈恵病院に開設されて10年。時代は様変わりし、今では「お腹の中の子」と里親をマッチングさせるサービスまで登場した。その名も「インターネット赤ちゃんポスト」。賛否が渦巻く同サービスだが、運営団体の代表はあらゆる批判を受け止めて、今日も土俵際で命を救っている──。

「わが子を養子に出したい母親」と「里親になりたい人」をマッチングさせること、それが「インターネット赤ちゃんポスト」の目的だ。同サイトを運営するNPO法人『全国おやこ福祉支援センター』(大阪市)の代表、阪口源太氏が語る。

「やむを得ない理由で子供を育てられなくなった親と、病気や年齢などの理由で妊娠できず、養子を欲する人のマッチングを行う。いわゆる養子縁組の斡旋事業です。予期せぬ妊娠をした親に対する相談業務や、子育て支援も行っています」

 わが子を養子に出したい母親は、まずサイト上で専用のマッチングアプリ「こうのとり」の会員登録を行う。Eメールアドレスを登録し、パスワードを設定すればログインできる。登録には年齢も国籍も問われない。本人確認が取れ次第、スタッフが面談し、「子供を里親に出します」という覚書を交わす。里親希望者も登録の仕方は同様だが、月額3000円の利用料がかかる。

 また登録の際、住所、年齢、職業、資格、年収、貯蓄金額など約70項目の記入が必要となる。会員登録した里親希望者は、募集がかけられた赤ちゃんの詳細な情報を閲覧することができる。登録からマッチング、出産、引き渡しまで、実母に金銭的な負担はない。

「里親がすべて出す決まりです。実母の出産前後の生活費や健診代、入院費やその他諸費用でだいたい100万円。加えてわれわれNPOの運営費として50万円。特別養子縁組のための弁護士費用で20万円。すべて合わせて200万円ほどになります」(阪口氏)

 しかし、金銭授受があることで、「人身売買なのではないか」との批判も多い。

◆妊娠・出産を生業とする人間が出てくる可能性も

 養子縁組の問題に詳しい日本社会事業大学准教授の宮島清氏が語る。

「子供と母親にとって、最も避けなければならないのは、危険な場所での孤独な出産です。インターネット赤ちゃんポストは、妊娠に悩む女性がアクセスしやすいこと、その女性を病院での出産に導いている点は高く評価できます。

 しかし、養父母候補者が出産費用や母親の生活費を負担し、これによって子供を迎えることが約束されるということであれば、それは人身売買にほかならない。金銭が介入している以上、出産後のお母さんがキャンセルするのは相当に難しくなります。これは、赤ちゃんが自分を産んでくれたお母さんに育てられる権利や可能性を奪うことに繋がる」

「赤ちゃんポスト」を行ってきた熊本市・慈恵病院の元看護師長下園和子さんはこう語る。

「混同されがちなのですが、慈恵病院の取り組みと、インターネット赤ちゃんポストは全くの別物です。慈恵病院は赤ちゃんを“預ける場所”であって、その後は児童相談所が子供の処遇を決定する。里親探しに病院側はかかわらないのです。

 一方、インターネット赤ちゃんポストはお金が介在した“契約”になっています。『妊娠して子供を渡せばお金がもらえる』と思ってしまう人が現れるかもしれない。そうなれば、まさに人身売買です。これを生業にする人間まで出てきそうで、恐ろしいです」

 実際、民間の養子縁組斡旋業者の中には金銭目当ての悪徳業者がいる。その1つが『赤ちゃんの未来を救う会』(千葉県)だ。1回につき100万円の斡旋成功報酬を受け取っていたことが営利目的とされ、昨年9月に県から事業停止命令が出された。当時、同会の代表男性はNHKの取材に対し、「福祉の仕事はおれの仕事じゃない。金をもらうのが基本」と公言。今年3月、千葉県警はこの男性を児童福祉法違反の疑いで逮捕している。

 過去、インターネット赤ちゃんポストでも、里親が実母にお金を支払う旨をホームページのトップに記載したところ、《赤ちゃんオークションだ》といったバッシングが相次いだ経緯がある。

 だが、一連の批判に対し、阪口氏は動じない。

「当方の場合、里親が払うお金の中で、利益として取っているものは1円もありません。完全無報酬です。私は過去にIT事業や不動産で一生働かなくてもいいだけの収入を得ています。いろいろ言われていることは百も承知。『命を救う』という一点だけを見ているので、何を言われようと痛くもかゆくもありません。むしろバッシングは大歓迎です。批判されて注目されることで、サイトを知ってくれる人が増えたらそれでいい」

◆前夫からの養育費ゼロの女性は…

 事実、インターネット赤ちゃんポストで救われた女性は多数いる。今年7月、同サイトを通じて、産んで間もない女の子を養子に出したAさん(29才 埼玉県在住)もその1人だ。

 10代で結婚し、2児を出産。昨年離婚して以降、2人の子供と慎ましく暮らしていたという彼女はある日、離婚後に交際した男性との子供を妊娠したことに気づく。

「そのときにはもう5か月でした。もともとピルをのんでいたのですが、ちょうど別の薬に変更した時期と重なって、吐き気などの症状は薬の副作用だと思っていたんです。妊娠がわかった途端、彼とは一切連絡が取れなくなっちゃって…」(Aさん)

 離婚時の取り決めで、前夫からの養育費はゼロ。当時、夜の仕事で生計を立てていたAさんだが、2人の子供を育てるだけで生活はギリギリだった。産んでも絶対に育てられない。時期的に中絶することもできない。そもそも産むお金がない…。三重苦に絶望しながら、日々、お腹は膨らんでいく。

「どうしようどうしようって、養子縁組についてスマホで検索していたら、インターネット赤ちゃんポストのホームページにたどり着いたんです。『里親さん募集』という見出しで、手続きなどが詳しく書いてあって。それを見て“私の他にもいるんだ”って、励まされた気持ちになりました」(Aさん)

 今年5月、彼女は悩みながらも同サイトに自身の現状を綴ったメールを送った。

「すぐに返信があり、スタッフさんと面談することになりました。家族にも相談できずにいたことを初めて打ち明けることができて、ホッとしました。その場で金銭面の説明もいただきました。赤ちゃんを無事に里親さんに引き渡すことを第一に考えていたのでお金は二の次だったのですが、病院での検査も必要なので、やはりお金の相談は大切だと感じました」(Aさん)

 すぐに会員登録を済ませ、里親募集に名乗りを上げると、間もなく候補が決定。生活費の援助も始まった。

 事情を知らない2人の子供は膨らんでいく母のお腹の中に新しい命を感じ、きょうだいが増えることを純粋に喜んでいたという。迎えた出産当日──。

「2500gの元気な女の子でした。子供たちが“かわいいかわいい”って、代わりばんこにずっと抱っこしてるんです。入院は4日間。赤ちゃんと一緒にいられるのはその間だけです」(Aさん)

 退院の日には里親に引き渡さなければならない。子供たちに事情を話すと、2人とも大声で泣いた。

「当日、子供たちは学校で、引き渡しには私1人で行きました。最寄り駅近くのレストランで、お世話をしてくれたサイトのスタッフさんと、他県から来てくれた里親さんとお会いしました。病院からずっと泣きっぱなしで、お店に着いたら泣きやまないと、と思っていたのですが、やっぱり涙が止まらなくって…。里親さんに会うべきか悩みましたが、会ってよかった。とてもいいご夫婦でした」(Aさん)

 赤ちゃんはAさんの腕から里親の腕に移った。この日以降、一度もわが子には会っていない。

「今でも思い出すと涙が出ます。でも、私では絶対に育てられなかった。あの子が元気でこの世界に生きている。そのことがなにより嬉しい。あのサイトに出会えて、心からよかった」(Aさん)

※女性セブン2017年10月12日号

関連記事(外部サイト)