東日本大震災から9年 鎌田實医師が伝える福島の復興現状

東日本大震災から9年 鎌田實医師が伝える福島の復興現状

諏訪中央病院名誉院長の鎌田實医師

 2011年3月11日に起きた東日本大震災は、いまだ復興の途上にある。福島への医療支援を続ける諏訪中央病院名誉院長の鎌田實医師が、今も続く震災について綴る。

 * * *
 東日本大震災から9年が経った。途切れていたJR常磐線の富岡−浪江区間が開通し、震災以来はじめて全線がつながった。日本テレビの311特別番組の取材で、2月末の訓練運転の列車に乗り、車窓から沿線の復興ぶりを見ることにした。

 富岡町は一部に帰還困難区域を抱えているが、2017年4月に避難指示が解除され、居住が許される地域ができた。5年前はゴーストタウンだったが、今は人の気配が感じられた。

 福島第一原発が立地する双葉町は、駅前を含む一部区域が3月4日に解除。駅前には、2022年春の避難解除を目指す特定復興再生拠点区域として、双葉町の相談所を開設させるなど復興に向けての準備が始まっていた。しかし、町の96%は今も帰還困難区域である。

◆今も教室に散乱するランドセル

 福島第一原発から北西約3キロの地点にある双葉南小学校にも、許可を得て入った。空間線量計は0.18マイクロシーベルト/h。除染が終わっており、ほかの双葉町の地域に比べれば数値は低い。

 教室の中に入り、呆然とした。あちらこちらにランドセルや体操着などが散乱している。大地震直後の混乱ぶりが生々しく伝わってきた。

 9年前の3月11日14時46分。大きな揺れが襲う。子どもたちは日ごろから避難訓練をしていたが、このときは身を隠す机がなかった。終業式を間近に控え、教室の床にワックスがけをするため、机は廊下に運び出されていたのだ。

 子どもたちは教室の真ん中に集まって、手を握り合い、肩を組み合いながら、地震の揺れに耐えた。泣き出す子もいたという。

 その後、校長の指示で校庭に出た。余震が続いていたため、教室に戻ることは危険と判断し、上履きのまま帰宅することになった。ランドセルは明日持ちに来ればいい、とだれもが思っていた。

 しかし、翌日早朝から福島第一原発が危機的状況に陥る。避難指示も3キロゾーン、10キロゾーンと広がり、町に入ることさえできなくなった。

 すべてはここから始まったのだ。いまにも子どもたちの声が聞こえてきそうな教室を見ていたら、涙があふれてきた。ランドセルの持ち主たちは、どんな経験をし、今どうしているのだろうか。

◆「やっぱりふるさとがいい」

 富岡町にある夜ノ森駅の真ん前に美容室がある。「まぼろしの美容室」と呼ばれていた。月に3日ほど、夜、明かりがボーッと灯る。だれがやっているのかわからない。キツネかタヌキか。まるで宮沢賢治の童話の世界のようだ。

 そのうち避難している元住民の間で噂が広がって、遠くから客が訪れるようになった。客を迎えた美容室では、お茶やコーヒーが出て、ちょっとしたサロンのようになったという。

 富岡町に戻ってきた大和田春男さん(81)の家では、4軒ほどの人たちが集まって、お昼ごはんを食べていた。ふだんから食事会やお茶会をしているという。

「帰って来て大正解。やっぱりふるさとがいい。よその町で過ごしていたときは何か肩身が狭かった」

 避難生活は苦労しただけに、喜びもひとしおである。だが、その喜びは複雑だ。近隣では、戻ってきた人は1割にも満たない。家屋の解体を済ませたところも多い。大和田さんたちは何度も「寂しい」と繰り返した。

 だからこそ、戻ってきた住人同士は連絡を取り合い、助け合ったりしている。あの日、教室で子どもたちが手を取り合って励まし合ったように。震災は今も続いているのだ。

◆福島県を健康長寿日本一へ

 福島の人たちは、人を招いて食事をしたり、お茶を飲んだりすることが好きだ。ぼくも震災以降、福島に通い続けるなかで、たくさんの人と知り合い、家によく招かれた。なかには親戚のようなつきあいになった人もいる。

 今もぼくが福島に来ていることが知れると、携帯電話が鳴り「今日は鎌田先生の大好きなホッキごはんを作っておくから、食べにきて」などと誘われる。「うちに泊まっていきなさい」と言われ、本当に何回か泊まらせてもらった。

 ぼく自身、こうした福島の人たちに支えられて、支援を続けてこられたような気がする。支援の内容も9年間で変化した。

 初めは避難所で暮らす人たちの健康を支えることだった。見えない放射線への不安をどう解消するかという問題にも直面した。福島の子どもたちに、放射線を気にせず外で思う存分遊んでもらおうと、長野県に招いてきた。

 医療や介護を届ける人と人とのネットワークや住民同士のつながりが大事だと思い、その再生も応援してきた。南相馬市の絆診療所をときどき訪ね、健康づくりの手伝いもしている。

 そして、10年目のこれから、ぼくは福島県を健康長寿日本一にするための応援をしようと思っている。4月から地元紙の福島民友で「人生100年時代の新健康法」と題した連載も開始する。

 健康づくりには、生活習慣の改善が大事だ。そのなかでも「野菜をたくさん食べる」は大きなポイントである。福島のおいしい野菜を食べて、福島の人が健康長寿になれば、福島の野菜のイメージも変わっていくにちがいない。

 福島第一原発の廃炉や汚染水のコントロールなど課題は山積だ。だが、同時に、福島の人たちが原発事故を乗り越えて健康に生きていくことも大切な課題である。「健康」という人間を中心にした切り口で、地域を再生していくこと。それこそ本当の意味での復興だとぼくは信じている。

●かまた・みのる/1948年生まれ。東京医科歯科大学医学部卒業後、長野県の諏訪中央病院に赴任。現在同名誉院長。チェルノブイリの子供たちや福島原発事故被災者たちへの医療支援などにも取り組んでいる。著書に、『人間の値打ち』『忖度バカ』など多数。

※週刊ポスト2020年4月10日号

関連記事(外部サイト)