がんの代替医療 誇大広告や体験談が強調された治療法に注意を

小林麻央さんや川島なお美さんはがん代替医療受ける 誇大広告や個人の体験談に注意も

記事まとめ

  • がん治療で代替医療を受けた患者の死亡率は標準治療の2.5倍にものぼると米調査もある
  • 市川海老蔵の妻・小林麻央さんは「水素温熱免疫治療法」を受けていたという
  • 川島なお美さんは『ごしんじょう療法』『がん放置療法』に救いを求めていたとの情報も

がんの代替医療 誇大広告や体験談が強調された治療法に注意を

がんの代替医療 誇大広告や体験談が強調された治療法に注意を

川島なお美さんも代替医療に頼った

 免疫療法、がん遺伝子療法、ビタミン投与、食事療法、水素温熱療法、イメージ療法、漢方、鍼、ワクチン投与、アーユルヴェーダ──日本には100種類以上のこうした“代替医療”が存在するといわれているが、米エール大学調査チームの発表によると、がん治療において「代替医療」を受けた患者の死亡率は、「標準治療」を受けた患者の2.5倍にものぼるという。

 この調査は米国のケースだが、松戸市立病院の腫瘍内科医・五月女隆氏は日本の状況はより深刻だと語る。

「日本と欧米は代替医療へ取り組む姿勢が大きく違います。欧米は“痛みをとる”といったQOL(クオリティー・オブ・ライフ=生活の質)の向上を目的に、標準治療と並行して代替医療を受ける人が多い。それに対し、日本は“がんが治る”“がんが消えた”といった宣伝文句に煽られ、がんをなるべく早く治したいという気持ちで利用する患者が多い傾向にあります」

 2012年の厚労省の発表によると、がん患者の34%が代替医療を利用しており、「関心がある」「準備している」と答えた患者は49%にものぼった。

 今年6月に乳がんで亡くなった歌舞伎役者・市川海老蔵さん(39)の妻・小林麻央さん(享年34)もその1人だ。がんが発覚したのは2014年10月。麻央さんがブログで明かしたしこりの大きさから推測すると、この時点ではステージII。5年生存率は95.2%だった。

「“乳房を切りたくない”という思いと、3人目の子供を産むためにも排卵機能に影響する可能性のある抗がん剤投与を避けたい気持ちがあったのかもしれません。海老蔵さんと東奔西走して、何とか希望にかなう治療が受けられないか探していました」(麻央さんの知人)

 彼女が受けた代替医療の一つが「水素温熱免疫治療法」。高濃度水素の風呂で体温を40℃まで上げ、体の免疫力を高めるという。しかし、この療法はまだ10年ほどの歴史しかなく、医学的根拠は薄い。麻央さんが通っていたクリニックの医師は、今年8月に再生医療を無届けで行っていたとして逮捕されている。

 この他にも、ヒノキのおがくずや米ぬかを敷く「酵素風呂」や、食事の代わりにオーガニックの野菜や果物のみを使ったジュースを飲む「ジュースクレンズ」も試していた。

 2015年9月に胆管がんで亡くなった川島なお美さん(享年54)もまた、代替医療に頼っていた1人だ。

「ハワイの霊能者に“腫瘍は良性”とお墨付きをもらい、帰国後もドイツ製の機械を使った“波動テスト”を受けて、“がんではない”と診断された。それで安心したのか、精密検査でがんが確定しても手術を受けず、純金の棒で全身をこすって邪気を払う『ごしんじょう療法』や、『がん放置療法』に救いを求めていました。

 西洋医学を頑なに拒否する川島さんを、夫の鎧塚さんは“幅広く反対側の意見も聞かなきゃダメだ”と説得したそうです」(川島さんの知人)

 その後、川島さんは腹腔鏡手術を受けたものの、半年後の7月に再発。2年前の9月にこの世を去った。日本医科大学の腫瘍内科医・勝俣範之氏が解説する。

「代替医療のすべてがインチキというわけではありません。ヨガや音楽療法などを上手に取り入れることで、身体症状を和らげたり、不安を和らげたりする可能性があります。注意すべき点は3つ。1つは“がんが治る”“がんが消える”という誇大広告にあたる謳い文句。2つ目は、保険がきかない自由診療を行う病院。3つ目は体験談が強調された治療法。個人の体験談は真偽がわからない最も危ない情報です。こういった広告に騙されてはいけません。あくまで可能な限り標準治療を受けることが大前提です」

※女性セブン2017年10月12日号

関連記事(外部サイト)