溝口敦×鈴木智彦 任侠山口組・織田絆誠代表襲撃事件の真相

溝口敦×鈴木智彦 任侠山口組・織田絆誠代表襲撃事件の真相

任侠山口組・織田絆誠代表

 9月12日、神戸市で任侠山口組・織田絆誠代表の乗った車が神戸山口組傘下の組員による襲撃に遭い、ボディガードが射殺された。住宅街の白昼堂々の犯行は世間に衝撃を与えたが、どう見るか。ジャーナリストの溝口敦氏と、フリーライターの鈴木智彦氏が語り合った。

溝口:犠牲者が出たのは事実ですが、織田代表が助かったわけですから、任侠山口組にとっては、危機を逃れることができた。ボディガードはヤクザ経験が浅く、織田代表に憧れて任侠山口組に入り、警備係を志願していた。死後に直参扱いになったそうです。

鈴木:殉職警官の二階級特進のようなものですね。「撃ってみんかい」と言って撃たれたとか、ヤクザ経験が長い人だったらかえってできないような“ヤクザの鑑”的な振る舞いですよ。

 結果として任侠山口組は窮地を逃れたわけですが、一方の神戸山口組にとっては、織田代表を殺せず目撃者は多い、おまけに証拠も残している。極めて杜撰な犯行になってしまった。最初は示威行為のつもりが衝突して口論になり、なりゆきで発砲してしまったのかと思ったほどでした。

溝口:実は織田代表が乗っていた車は神戸山口組の井上邦雄組長が贈ったものだったんです。織田代表が神戸山口組時代に全国を回っていたころ、井上組長がプレゼントした1台です。抗争に備えて防弾仕様ですが、フロントガラスだけが防弾仕様になっていなかった。このことは神戸側の人間なら知っていること。

鈴木:つまり実行犯は車の前から撃てば弾が貫通することを知っていたということですね。

溝口:現場の防犯カメラには、織田代表が乗った車の後ろに黄緑色の服を着た人間がサブマシンガンらしきもの、恐らくイスラエル製の「UZI(ウージー)」を抱える姿が映っていました。本来なら彼が車の前にまわって掃射しなければならなかったはずです。

鈴木:弾が出なかったみたいで、そのまま逃げちゃったんでしょうね。そうしたことから、実行犯らは、身内の神戸山口組によってすでに殺されているのではないかと警察関係者は言っている。抗争事件でヒットマンが身内から殺されるとすれば、これまでなら考えられないことですが。

◆今回痛手を負ったのはどちらか

溝口:私も殺されている可能性はあると思う。山一抗争(1984~1989年)のときには組織犯罪処罰法がなかったので、実行犯が逮捕されたとしても組長の責任まではなかなか辿り着かなかった。しかし、いまでは実行犯から一気にトップの逮捕まで結びつけられてしまう。だからこそ生きていられてはまずいんです。

鈴木:任侠山口組は「返し(報復)」をするでしょうか?

溝口:いや、今回痛手を負ったのは任侠山口組ではなく、むしろ仕掛けた神戸山口組の方です。任侠山口組のトップを殺すのを失敗してしまったわけですから。

 神戸は任侠を潰さなければ存在意義がなくなってしまう。本来、盃を最も大事にする暴力団において、神戸山口組は「上がダメなら出て行っていい」という“造反有理”の考えを初めて打ち立てて設立された。「司忍・六代目組長ならびに弘道会(司組長の出身母体)体制の悪政から逃れる」という大義があったわけですが、織田代表は神戸山口組の井上組長も司組長と変わらぬ悪政だと言って出て行ってしまった。これを許しては神戸山口組の大義が揺らいでしまいます。

鈴木:だから神戸山口組としては、面子にかけてもう一度、織田代表を狙うしかないんですよね。問題は犠牲となる人間がこれ以上いるかどうかですが、やるしかないと思う。一方で、任侠山口組も暴力団である以上、ここで「返し」をしないと、抗争における“血のバランスシート”が保てなくなります。

溝口:古い暴力団のあり方を変えようとする織田代表も、「殺られたら殺りかえすのがヤクザ」という考え方自体は否定していません。

鈴木:いずれにしても両団体ともこのままでは収まりがつかないでしょう。

●溝口敦(みぞぐち・あつし)/1942年東京浅草生まれ。早稲田大学政経学部卒。『食肉の帝王』で講談社ノンフィクション大賞を受賞。『暴力団』『続・暴力団』(ともに新潮社)、『ヤクザ崩壊 侵食される六代目山口組』(講談社+α文庫)など著書多数。

●鈴木智彦(すずき・ともひこ)/1966年北海道札幌生まれ。『実話時代』の編集を経てフリーライターへ。『潜入ルポ ヤクザの修羅場』(文春新書)など著書多数。『全員死刑』(小学館文庫)が11月に刊行予定。

※週刊ポスト2017年10月13・20日号

関連記事(外部サイト)