投票日まで有権者が忘れてはいけない自民党大物の「暴言録」

投票日まで有権者が忘れてはいけない自民党大物の「暴言録」

菅長官「会見は質問に答える場所ではない」(写真:時事通信フォト)

 安倍自民の“一強”の驕りが端的に現われているのが政府・与党幹部の「言葉」だ。投票前に、改めて読み返しておきたい。

「国難突破解散だ」──安倍首相は9月25日の会見で、少子高齢化や北朝鮮危機を“大義”と強調した。ただ、振り返れば2012年、最初に発足させた内閣を安倍氏は「危機突破内閣」と名づけていた。

 安倍政権の5年間で“危機”が“国難”へと深刻化したのなら責任は安倍氏にあるわけだが、国民が5年前のことなど覚えていないとタカをくくっているからこそ、こんなネーミングができるのだ。

 このように大物議員の「言葉」を追うと、この政権の本質がよくわかる。

「武装難民が来たら射殺するか」(2017年9月23日、宇都宮市内の講演)
「ナチスの手口に学んだら」(2013年7月29日、都内のシンポジウム)
「きちがいみたいな人ばっかり」(2017年9月2日、愛媛県西条市内の講演)

 麻生太郎・副総理兼財務相の最近の問題発言である。読み返すとわかるが、うっかり誤解を招く表現をした「失言」で済まされるものではない。“何を言っても大丈夫”という考えが透けて見える「暴言」なのである。

 たとえば「武装難民かもしれない。(略)防衛出動か射殺か」と発言した点について政治評論家の木下厚氏は「派手な言葉で支援者の笑いを誘いブラックジョークで場を盛り上げているつもりだったのでしょう。そういう意識だから何度も過ちを繰り返して謝りもしない」と解説する。

「副総理」の発言は国際関係にも影響を及ぼす。実際、“射殺発言”は韓国から激しい批判を招いた。

 深刻なことに、本人は「自覚ゼロ」だ。麻生氏はわずか3週間前、「ヒトラーはいくら動機が正しくても駄目」とナチス擁護と受け取れる発言をしたばかり。2013年にも“ナチス舌禍”を引き起こしている。

 何度咎められても止まらないのは、多少の「際どい発言」では政権が揺らぐことがない、という“一強の驕り”があったからだ。

 その空気は政権全体に広がっている。二階俊博幹事長は「森友・加計疑惑」を「そんな小さな問題」と言い放ち、“多少の本音が報じられても選挙に負けない”と考えていることがよくわかった。

 菅義偉官房長官にしても、そもそも加計疑惑がこじれたのは文科省の内部文書を菅氏が「怪文書」と無視したからだが、反論に窮すると「(会見は)質問に答える場所ではない」と責任放棄。

 竹下亘総務会長に至っては北朝鮮のミサイル計画を巡り「島根に落ちても何の意味もない」とふざけた“分析”をしてみせた。

 7月の都議選最終日、安倍首相は秋葉原の街頭からあがった「辞めろ」コールに対し、「こんな人たちに負けない」と指差して言い放ってみせた。この政権が有権者をどう見ているかよくわかる一幕だった。その都議選で自民は惨敗。今度は全国の有権者が自民党に手痛い審判を下す番だ。

※週刊ポスト2017年10月13・20日号

関連記事(外部サイト)