“魔の2回生”中川郁子、武藤貴也氏らは暇で遊びすぎた

“魔の2回生”中川郁子、武藤貴也氏らは暇で遊びすぎた

路チューが報じられた中川郁子氏(写真:時事通信フォト)

 国会は学校ではない。しかし彼らは研鑽も積まずにラクに“進級”するつもりでいる。醜聞まみれの彼らに3回生になる資格はあるのか──。

 民主党の失政に対する批判の嵐が吹きまくった2012年総選挙で大量に当選した自民党の2回生議員たちは、当選後に研鑽を積む機会をほとんど与えられず、いつの間にか議員特権と権力を当然と考えるようになってこの国の政治を狂わせている。

 台風被害の被災地視察で汚れないように“おんぶ”してもらい、「長靴業界は儲かった」とのたまった務台俊介・元復興政務官の言動は典型だろう。

 プライベートでも、議員同士で見境なく“路チュー”をする不倫カップル、重婚ストーカー、ゲス不倫、議員宿舎への愛人連れ込みなど、やりたい放題だ。

 妊娠中に夫・宮崎謙介氏がゲス不倫をしていたことが発覚し、“悲劇の妻”として同情を集めた金子恵美・前総務政務官は公用車の私的利用で批判を浴び、都内に所有するタワーマンションの1つを愛人に贈与して自分は格安の議員宿舎に住み、定期的に愛人宅に通う藤丸敏氏は「彼女とは妻と別居後に付き合い始めた。不倫じゃありません」と言ってのけた。選挙・政治制度論が専門の湯浅墾道・情報セキュリティ大学院大学教授が語る。

「不倫はあくまでプライベートな問題だが、2回生にこれだけ問題が出てくるのは、多くの遊ぶ時間があるからでしょう。議員数が多いから国会質問もなかなか回ってこない。自民党は毎朝8時から部会を開いて政策を討議しているが、出欠は自由で、秘書を代理出席させることもできる。お金はあるし、勉強より遊ぶ方が楽しい。そうして『魔の2回生』が生まれたのでしょう」

 下半身のモラルは有権者個々が判断すればいい。ここで問いたいのは、ゴシップが発覚した後の対応に見られる政治家としての資質だ。

 路チューの中川郁子氏は政務官の仕事を放り出して病院に逃げ込み、中川俊直氏、武藤貴也氏、豊田真由子氏らもほとぼりが冷めるまで国会から姿を消して“職場放棄”した。政治家以前に、社会人として一人前ではない。

※週刊ポスト2017年10月13・20日号

関連記事(外部サイト)