「家垂れ死に」は真っ平御免 ひとりで死ねるシステムが必要

「家垂れ死に」は真っ平御免 ひとりで死ねるシステムが必要

『なんとめでたいご臨終』が大反響の小笠原文雄氏

 人生観、死生観が一変する、と大反響。在宅看取り1000人以上の名医が、最期を自宅で過ごした人々の奇跡と笑顔のエピソードを描いた『なんとめでたいご臨終』(小笠原文雄・著)が発売3か月で早くも5刷のベストセラーになっている。

 もう病気が治らないなら最期を自宅で過ごすと決めて、退院した人。老親の願いを叶えるため、自宅で看取ろうと決めた人。亡くなった親の最期を思い出した人…。みなさん、それぞれに熱い思いを重ねながら本書を読んで、気持ちを新たにしている。

 東京家政大学名誉教授でNPO法人「高齢社会をよくする女性の会」理事長の樋口恵子さんは同書をどう読んだのか。話を聞いた。

 * * *
 私は現在85才。本に出てくるように最期まで自宅で穏やかに暮らし、ぴんぴんころりと旅立てたら、それは幸せなことだろうなぁと思いました。

 この本は、すべて最期を自宅で過ごすことを選んだ人たちのケーススタディーで、1人として同じ状況の人は出てきません。性別も年齢もバラバラ。がん以外にも難病もあれば認知症もある。切れば血の出そうな、在宅医療の最先端の情報がぎっしり詰まっていることに感心しました。

 超高齢化社会を迎え、高齢者が身の回りに充満しているということは、否応なく、遠からず親しい人の死が充満する時代になるわけです。そんな長寿社会、多死社会において、この本は大事な教養書だと思いました。というのも、死を扱いながら、読後感が明るい。ちょっと死が怖くなくなります。死は、生老病死という人間のひと続きの物語の“最後のエピソード”にすぎないんだと気づかされますから。

 その一方、この本を読むと、国が在宅医療に大きく舵を切っている中で課題も浮かび上がります。最新の国民生活基礎調査を見ると、介護する人とされる人の両方ともが65才以上という「老老介護」世帯の割合が54.7%、75才以上の人が30.2%。日本の在宅の介護能力は現状、ものすごく低いんです。

 こうした人たちは、第三者の助けがないと、“家垂れ死に”してしまうと、私は警鐘を鳴らしています。道端に倒れてしまう昔の野垂れ死にではなく、病院から強制的に家に送り返されて、自宅で誰のケアも受けられず、誰にも気づかれず死んでしまう“家垂れ死に”なんて、真っ平御免ですからね。私は常々、在宅で進めるんだったら、ひとり暮らしでも家で死ねるシステムをきちんと作ってほしいと主張してきたんです。

 そのことについて小笠原先生は、おひとりさまの人を何人も自宅で看取ってきた、誰でも家で死ねるとおっしゃっている。家族と一緒に暮らしている人にも、看護師やヘルパーが全部やるからと、家族に「面倒を見てやってください」と一度も言わないところも素晴らしい。実際、小笠原先生を中心にさまざまな職種の人がチームを組んで看取りまで見届ける姿は、とても説得力がありました。日本の在宅医療の最前線はここまで来ているんだとわかって、心強く感じました。

 ただし、こうした最前線の医療がいったいどこまで行き渡っているのかは依然として疑問です。

 私自身、在宅医療を受けたいと思った時に、誰に頼んだらいいのか、誰が最期まで診てくれるのか、全然わかりません。予めそうした情報を集めておくことも、これからの高齢者の「するべき用意」の1つだと思いました。また、自分の死のあり方について家族と話し合ったり書面化しておくことも大切です。延命治療はどこまでやるのか。元気なうちに意思表示しておくことが必要ですし、家族もそれを受け入れる必要があります。私たち高齢者がやるべきことは実に多いですよ。

※女性セブン2017年10月19日号

関連記事(外部サイト)