昭恵夫人“花見”の店は予約2年待ち、その浮世離れした食事

昭恵夫人“花見”の店は予約2年待ち、その浮世離れした食事

あまりに危うい言動(写真/共同通信社)

 政府の要請で国民が「自粛」を受け入れるなか、ファーストレディは芸能人と“桜を見る会”──本誌・週刊ポスト前号のスクープは国会でも追及され、安倍首相の答弁は到底、納得できる内容ではなかった。だが、この夫婦にはそれがわからないのかもしれない。なにしろ、昭恵夫人を囲む会は多くの一般国民が足を踏み入れることすらできない、“秘密の高級レストラン”で行なわれていたのだ。

「大変申し訳ございません。申し訳ないですけど、恐れ入ります……」

 記者の直撃にそんな答えを繰り返すオレンジ色のダウンジャケット姿の男性──昭恵夫人の“桜を見る会”の会場となった店のオーナーだ。

 前号で報じた別掲写真は、昭恵夫人が渦中にある森友学園問題が再燃し、新型コロナウイルスの感染が広がっていた今年3月23日に撮影されたもの。昭恵夫人を中心に、モデル・藤井リナやアイドルグループ・NEWSの手越祐也が、桜の木の下で写真に収まっている。

 記事は大きな反響を呼び、ネット版の速報を配信した翌日の3月27日には、参院予算委員会で野党が追及。昭恵夫人に事実関係を確認したという安倍首相は、「レストランでの会合の際の記念写真」「都が自粛を求めている公園での花見ではない」と釈明した。

 あまりに稚拙な言い訳である。

 すでに2月24日には政府の専門家会議の有識者が会見で飲み会等の自粛を求めている。多くの人が歓送迎会など、大切な行事の延期や中止を余儀なくされた。新型ウイルスの脅威に一丸となって立ち向かうため、やむを得ず受け入れたのである。

 一方、写真では昭恵夫人を中心に13人の男女が肩を寄せ合っている。国民の自粛をよそに「レストランでの会合」を楽しんでいたわけだ。

?

 しかも、この「レストラン」は、誰でも行けるような店ではない。会場となった店は東京・台東区にあるが、住所も連絡先も非公開。冒頭の男性がオーナー兼シェフで、写真にも昭恵夫人らと一緒に写っている。

 同店は限られたメンバーのみが予約を許される会員制高級店。芸能人や企業経営者などセレブ御用達のいわば“秘密クラブ”だ。「何度か利用したことがある」という30代のベンチャー企業経営者はこう話す。

「最寄りの駅までスタッフが迎えにきて店に案内される。普通は見つけられないような路地の奥まった場所にあります。中に入ると、店内での携帯電話NGといった“ルール”が説明される。

 1階はオープンキッチンで、まずはカウンターで立食形式の料理を楽しむ。隣の人とはヒジがぶつからないくらいの距離感で、(濃厚接触を避ける)2メートルの間隔は空けられないと思う。そして窓の外の庭には、大きな桜の木があります。私が行ったのは違う季節だが、満開の頃なら見事な景色でしょう」

 一皿ごとに、とにかく演出が凝っているという。

「途中から2階に上がると部屋中をスクリーンにしたプロジェクションマッピングで、料理に合わせた映像が流れるんです。深海だったり、サバンナの映像だったり、品目に合わせて変わる。色んな部位の熟成肉を楽しみました。量は少なく、まさに“美食”といったイメージ。料金は2万円くらいだったと思う」

 同店は会員制ながら、「予約は2年待ち」ともいわれるが、昭恵夫人たちは「過去にもこの店で“異業種交流会”を催していた」(参加者の知人)という。写真が撮影された日も、昭恵夫人らは新型ウイルスの騒ぎをよそに、浮き世離れした食事を楽しんだのだろう。

◆危うい“アッキー人脈”

 異色の店を運営し、“業界の風雲児”と呼ばれるオーナーを都内の自宅マンション前で直撃した。

──昭恵夫人の“桜を見る会”について聞きたい。

「ご苦労様ですけど、私から何も話すことがございませんので。私も、今はプライベートなものですから……」

──国民感情的にはどうかと思うところがある。

「おっしゃることはよくわかるのですが……。本日は何も申し上げることがございませんので、ごめんなさい」

 硬い表情で歩みを止めず、「申し訳ないです」と繰り返しながら駐輪場から自転車を出すと、「ちゃんと対応させていただきましたので」と言い残し、走り去っていった。

 もちろん、飲食業も未曾有の危機にある。ただ、政府の要請を受け、日本中で宴会が自粛されている。国民一人ひとりが我慢して危機を乗り切ろう──そんななか、昭恵夫人や囲む会のメンバーは誰も、「時期を改めよう」と言えなかったのか。

 こうした昭恵夫人の“独自の人脈”は、単に「社交的なファーストレディ」ということでは済まされない。脱原発活動に携わって“家庭内野党”を名乗るくらいならまだしも、森友学園問題では籠池泰典・理事長夫妻(当時)と昭恵夫人の交友が問題の発端となった。医療用などの大麻の解禁運動にも熱心で、町おこしのために許可を得て大麻を栽培する企業を応援していたが、その企業の代表が大麻取締法違反で逮捕されたこともある。言動の危うさは、国家運営をも揺るがしかねない。

 繰り返される過ち──「レストランだから問題ない」と妻をかばった安倍首相の答弁は、当日夜の実態を知るとより一層、虚しく響く。

※週刊ポスト2020年4月17日号

関連記事(外部サイト)