がんを患った夫婦の離婚が増加、夫が不倫に走るケースも

がんを患った夫婦の離婚が増加 妻ががんを患い、夫が不倫に走ることも

記事まとめ

  • 妻ががんを患い、夫から捨てられるケースが多いそうでがんを患った夫婦の離婚が増加
  • 心身が疲弊して“逃げ場”を求めてしまうケースが多いようで、夫が不倫に走ることも
  • がんを直視できず、がんを正面から受け止めない傾向があると“男性心理の弱さ”を指摘

がんを患った夫婦の離婚が増加、夫が不倫に走るケースも

がんを患った夫婦の離婚が増加、夫が不倫に走るケースも

がんを患った夫婦の離婚が増加する理由とは?(写真/アフロ)

 ずっと続くと思っていた幸せな日々は、ある日を境に反転した。都内在住の主婦・松山綾さん(仮名・39才)に悪性リンパ腫が見つかったのは5年前。以降、商社勤務の夫と5才の息子と過ごす幸せな毎日は崩れ去った。

「告知されてすぐ入院、手術でした。一命はとりとめたものの、その後に転移がわかり、抗がん剤と放射線治療をして体調が悪化しました。夫は最初こそ心配して一生懸命に看病してくれましたが、次第に自宅でぐったりする私を見て見ぬふりをするようになりました」(綾さん)

 以後、夫の言動からは妻へのいたわりが消え、綾さんが腹痛を訴えても「チッ、またか…」と吐き捨てるようになった。夫は家を空けることも多くなり、夫婦仲は冷え込むばかりだった。

「しまいには義母から、『夫婦で違う道を進むという選択肢もあるんじゃない?』と離婚を促されるようになりました。私が家事をできないことにイライラした夫が子供にきつく当たることも増えて、家庭が極端に不安定になり、ある日、夫から離婚を切り出されました」(綾さん)

 がん闘病で体力の衰えた綾さんに抵抗する力は残っていなかった。結局、抗がん剤と放射線治療の終了を機に夫婦は離婚を選んだ。息子は綾さんが引き取ったが、多感な成長期の男の子が父親を欠くことに申し訳なさを感じているという。

「本当は危機が訪れた時こそ、夫婦関係の真価が問われるはずです。ずっと幸せだったのに、ウチはなんでこんなことになったのか…」

 今も綾さんはがんになった自分を責める毎日だ。

◆「闘病中に夫が浮気」は少なくない

 最近、多くの人々の心を打ったがん闘病といえば、今年6月に亡くなった小林麻央さん(享年34)と市川海老蔵(39才)夫妻だろう。

 2014年10月に麻央さんが乳がんとリンパ節への転移を告知された後、夫婦は二人三脚で闘病生活を続けた。

 夫は忙しい舞台の合間を縫って病床の妻を励まし、階段の移動に苦しむ麻央さんのため、バリアフリーが充実したマンションへと引っ越した。海老蔵の献身的な姿勢は、がんになっても揺るがない夫婦の絆の強さを印象づけた。

 だが、世の中はふたりのような強い絆を持つ夫婦ばかりではない。昨今、冒頭の綾さんのように、どちらかががんを患った夫婦が離婚するケースが増えている。特に目立つのは、妻ががんを患い、夫から“捨てられる”ケースだ。

 神奈川県在住の会社員・田中理絵さん(仮名・34才)は、5年前に乳がんを患った。闘病中に待っていたのは、病以上の悪夢だった。

「最初は“会社を辞めてでも看病する”と言ってくれたんです。でも、私がどんどんやせていき、抗がん剤の副作用で髪が抜けはじめると、露骨に避けるように。病院に来る頻度も、2日に1度から1週間に1度、しまいには1か月に1度になり、必要なものを渡しにくるだけになりました。不機嫌になることが多くなり、ついには浮気に走ったんです。しかも浮気が発覚した彼を私がなじると、『お前におれの気持ちがわかるか』と逆ギレして家を飛び出し、結局離婚することになりました」

 3年前に胃がんを患った埼玉県在住の主婦・近藤聖子さん(仮名・36才)も、がん告知を受けて以降、夫婦関係が崩壊した1人。

「最初は私自身もパニックで、夫と一緒に泣き続けました。でも、いつまでも絶望していても仕方ない。病気に向き合って、治療に専念しようと気持ちを切り替えたのですが、むしろ夫の方が沈み続けてしまって…。

 抗がん剤と放射線の治療経過があまりよくなく、医師から報告を受けるたびに夫はオロオロとうろたえるばかり。金融関係の仕事で、規則正しい生活をしていた夫ですが、やがて夜の帰りも遅くなりました。病の私と向き合うことが怖かったんでしょうね。お酒のにおいをさせて帰宅することが増えました」

 闘病生活が半年以上経ったある日のこと。夫が携帯を常時手放さなくなったことを不審に思い、就寝中にのぞき見たところ、会社の後輩女性と頻繁にメールしていることがわかった。

「当初は、私の病に悩む胸中を吐露していた文面が、いつしか『家に帰るのがつらい』『きみといると心が安まる』といった言葉が増えていって…。結局のところ夫は、“現実から逃避できる場所”を別の女性に求めたのです」(聖子さん)

 今年1月に無事寛解した彼女だが、一度ほつれた糸が修復することはなく、夫は家を出て別居している。

 夫に捨てられる女性が増加している要因は、がんに罹患する年齢の男女差が関係しているといわれている。50代までは女性の方ががんを発症している人数が多いのだ。離婚カウンセラーの岡野あつこさんが語る。

「50代前というと、男性はまだ仕事も現役。ある程度の地位もあり、人によっては最も多忙な時期です。そこに妻のがん闘病が重なると、全ての力を看病に注ぐことは難しい。公私に挟まれた結果、心身が疲弊して“逃げ場”を求めてしまうケースが多いんです」

 元国立がん研究センターがん予防・検診研究センター長で、グランドハイメディック倶楽部理事の森山紀之さんは“男性心理の弱さ”を指摘する。

「人生において生理や出産などを経験する女性と比べ、体が変化する機会が少ない男性は、重大病に相対した時に精神的なもろさが出る。とりわけがんの場合は、『恐ろしい病気』というイメージだけでパニックになりがち。がんを直視できず、がんを正面から受け止めない傾向があるんです」

 本誌・女性セブンは既婚男女各100人を対象に、「夫/妻ががんになったら、支え続ける自信はありますか?」というアンケートを実施。すると、「自信がある」と答えた女性が65%だったのに対し、男性は75%。アンケート上では、男性の方が妻の看病に対し、積極的だという結果が出た。

 しかし、この結果はあくまで「もしも」という仮定での話。前述の通り、現実に「妻のがん」という事実を突きつけられた時、その重みを受け止めきれない男性は少なくない。前出の田中さんも自身の体験をこう振り返る。

「別れた夫は私が病気になる前は、“どんなことがあってもきみを守るよ”とか歯の浮くような言葉ばかり口にしていました。だから私もがんを告知された時は、ショックでしたが、“夫がいるから大丈夫”と言い聞かせていました。でも、闘病が進むうちに、夫は豹変していって…。病気や浮気もつらかったですが、それ以上に、変わっていく夫の姿を目の当たりにすることが、精神的にきつかったですね」

※女性セブン2017年10月26日号

関連記事(外部サイト)