20代と60代が同じ基準 健康診断・検査の数値に疑問あり

20代と60代が同じ基準 健康診断・検査の数値に疑問あり

糖尿病と貧血に関する数値だけはしっかりと見ておきたい

 テレワークや時差通勤、有休消化──異例の幕開けとなった令和2年の新年度。社会情勢は混乱を極めるものの、自分の健康状態を維持するために、見つめ直す機会は必要だ。実際、多くの企業では5月に定期健康診断が実施される。すでに勤務先などから「定期健康診断のご案内」などの書類を受け取った人も多いだろう。

 配布された健診案内を前に、眉間にしわを寄せながら52才の飯山佐智子さん(会社員・仮名)が話す。

「これまで長い間、『問題ありません』で済んでいたのに、昨年は高血圧に加え、コレステロール値も基準値より高いと言われてしまい、それをきっかけにとうとう薬をのみ始めました。

 毎朝、出勤前に血圧も測るようになりましたが、日によって数字がまちまち。数値が高ければその日中、気になってしまう。今年は中性脂肪の値も気になるし、健診前はまるで試験開始前の受験生のような気持ちです」

 飯山さんが一喜一憂するように、私たちが健康診断の結果をもとに生活習慣をあらためようとするのは、「ここからここまでは問題なし」という基準値が決まっているおかげ。しかし、その“物差し”がおかしいと主張する専門家も少なくない。

◆20代と60代が同じ基準

 全国70万人の健康診断データを分析し、基準値を算出した経験を持つ東海大学医学部名誉教授の大櫛陽一さんはこう話す。

「現在、特定健診で定められている基準値の中には、厳しすぎるものが多い一方、基準が緩く設定され、見過ごされているケースもある。数字だけを見て基準を超えた、とか、基準内だ、と一喜一憂することにはあまり意味がないのです」

 つまり、私たちはあいまいな基準をもとに「要精密検査」という通知を受け取って、生活習慣の改善にいそしんだり、場合によっては病院に行って治療を受けたりしているというわけだ。

 基準値に対し、異論を唱える専門家はほかにもいる。新潟大学名誉教授で医師の岡田正彦さんもこんな意見だ。

「そもそも、いまの基準値は男女で分けられてはいるものの、高齢者も若者も同じ数値。血圧やコレステロール値などは年齢を重ねれば上昇するのが自然なのです。

 20才の若者と80才の老人が同じ基準でいいはずがありません。いまの基準値にはそうしたことが一切考慮されていない。数値だけで区切ることで、さまざまな問題が出ると考えています」

 そもそも基準値とは20〜60才くらいまでの健康な人の検査成績をもとに、上限と下限を除外したもの。年齢がごちゃまぜになってしまっているのだ。大櫛さんが話す。

「そこで私たちのチームは、全国の健診実施期間から集めた約70万人の健康診断受診者を分析し、アメリカで標準的に使われる方法に準拠して“本当の基準”を算出しました。幅広い年齢層の受診者の膨大なデータを解析したことで、男女差はもちろん、年齢によって健康とされる数値が異なることを明らかにしました。

 その結果、日本の基準では再検査や異常とされていた人たちの多くが『健康』の範囲に入ったのです。つまり、治療不要の人が薬をのまされていたことになる」

 それでは気をつけるべき「本当の基準値」とは具体的にどのくらいなのか。「血圧」と「コレステロール値」について検証する。

◆血圧

 国内での現在の血圧の正常値は「上が130mmHg未満、下が85mmHg未満」と定められている。しかし実は年齢が高くなるごとに血圧も上がっていくのは当たり前だと岡田さんは言う。

「高齢になると血管のしなやかさが失われ、硬くなります。血液は心臓だけでなく、血管自体の収縮も加わることで全身に送られていますが、硬くなった血管ではそれが難しくなる。特に、心臓より遠くにある脳は一定の血液を必要とします。

 だから、体は血圧を上昇させ、血液を力強く送り出すようになるのです。高齢者の血圧が高いのは当然のことなのです」

 にもかかわらず、血圧を基準値に近づけるために、降圧剤をのんでしまうと、こんなことが起こる。

「脳に血液が届かなくなってめまいがしたり、それによって転倒し、骨折したりすることすらある。

 私は患者さんに極力不要な薬を減らすように指導していますが、降圧剤をやめてよくなった人もたくさんいる。40〜60才ならば上が160、下が100くらいでも経過を見ていればいい。75才を超えたら薬をのまない方が長生きしているというデータもあるくらいです」(岡田さん)

 不必要な降圧剤の投与により、恐ろしい副作用を招いている場合があると補足するのは大櫛さんだ。

「脳の血流が低下することで、めまいばかりか、脳梗塞の原因にもなることが判明しています。また、私たちの研究では、血圧180mmHg未満の人は降圧剤をのんでものまなくても死亡率に変わりはなく、180mmHg以上の人が降圧剤で血圧を20mmHgよりも下げると、死亡率が約5倍も高まるという結果が出ている。昔からいわれているように上の血圧は『年齢+90mmHg』が妥当。いまの基準は厳しすぎます」

◆コレステロール値

 血圧と並んで、中年以上になると高めになることが多いコレステロール値だが、こちらも「高い方が長生き」というデータがある。

「特に女性はコレステロール値に振り回されないでほしい。男性はこの値が高いと心筋梗塞になりやすいが、女性はコレステロールに強く、値が高くても平気なことが多い。閉経以降、女性ホルモンの量が減り、代謝の関係でコレステロール値が上昇する。いわば自然な変化なのです」(岡田さん)

 大櫛さんも声をそろえる。

「いまの基準値に基づくと、『悪玉コレステロール』を意味するLDL値は119mg/dlが上限とされていますが、欧米の基準と私が調査した結果では190まで問題がないことがわかっています。

 女性は脂をためてエネルギーとして使う能力が高く、コレステロールも脂なので値が高くても、実はそれほど問題ないのです。欧米では卵などからの摂取制限を廃止したり、米国内科医学会は、コレステロール値の測定は遺伝病スクリーニングを目的として生涯1度きりでいいとしています」

 一方、コレステロール値が正常値だからといって安心するのは早い、と言うのは赤坂山王クリニック院長の梅田悦生さん。

「健康診断の血液検査では、HDL(善玉)、LDL(悪玉)、そして中性脂肪、総コレステロールの値が出てきます。

 それぞれが基準値内であれば問題なしと判断されますが、それだけでは不充分。悪玉は全身の血管に脂肪を塗り込むが、善玉が脂肪をはがして回収し動脈硬化を防ぐという役割分担がある。つまり、単体の数値ではなくその比率を見ることが大事なのです」

 では、2つの要素をどう読み解けばいいのか。梅田さんが続ける。

「悪玉の値を善玉の値で割った数値を『LH比』と呼びますが、1.5以下が正常。2.0以上では動脈硬化の始まりが疑われ、2.5以上だと、動脈硬化の進行や血栓のリスクが高くなる。また、女性はコレステロール値が排卵期に低くなることも覚えておくといいでしょう」

 単なる数値としてではなく、関連するほかの値との関係をチェックするのも重要、というわけだ。

※女性セブン2020年4月16日号

関連記事(外部サイト)