危険な歩きスマホの蔓延 根には日本人の“無関心化”か

危険な歩きスマホの蔓延 根には日本人の“無関心化”か

ハワイでは10月より歩きスマホに罰金が課されることに(写真/アフロ)

 駅のホームなどで問題になっている歩きスマホ。スマホによる事故は駅だけでなく街の至るところで起きている。2013年10月には、東京・板橋でケータイを見ながら歩行していた40代男性が、遮断機が下りたことに気づかず線路内に進入し、電車にはねられて死亡した。

 また同年5月には、JR四ツ谷駅で、ケータイをいじりながら歩いていた小学5年生の男児が線路に転落し、口などを負傷した。最近は、歩きスマホを狙った「当たり屋」まで出現している。

 今年7月、兵庫県神戸市のJR三ノ宮駅のホームで歩きスマホをしていた50代の女性に対し、50代男性がすれ違いざまに体当たり。女性は転倒し、頭蓋骨骨折で一時意識不明の重体となった。

 男性は傷害罪で起訴され、取り調べに対し、「相手がスマホをしているのが悪い」と供述したという。交通事故も増加傾向にある。警察庁によれば、2016年度、運転中にスマホや携帯電話を使用したことによる交通事故は1999件発生。

 これは、2011年から1.5倍以上に急増。このうち死亡事故は27件だった。歩きスマホやながらスマホが危険なのは、線路に転落するなどで自らが被害を被ることだけでない。愛知工科大学名誉教授で特任教授の小塚一宏さんは「スマホは人生を変える」と警鐘を鳴らす。

「歩きスマホをしていて人とぶつかりそうになる時、相手が若ければサッとよけますが、高齢者や子供はよけきれずに衝突し、ホームに転落する可能性があります。駅のホームやエスカレーター、運転中などにスマホをいじっていると重大な事故の加害者となり、相手の命を奪う可能性がある。何の落ち度もない人を被害者にし、被害者と自分の人生を台無しにしてしまう。軽い気持ちでスマホをいじっていただけで人生が変わることになるのです」

 東京消防庁管内だけでも、歩きスマホやながらスマホ運転中の事故で、2011年以降毎年30人以上が救急搬送された。この数は2016年に50人に達しており、ホームドア設置と同様、早急な対策が求められる。

 先に述べた通り、視覚障害者にとって駅のホームは危険な場所だが、今は道路も同じぐらい危険が潜んでいると、ある視覚障害者が言う。

「ここ数年は、駅のホームと同じくらい、歩道を歩くのも怖い。昔はぶつかることなんてなかったけれど、今は肩がぶつかるなんてことは日常茶飯事です。誰も、前を向いていませんからね」

◆平気で見て見ぬふりをする日本人

 さまざまな問題を引き起こす歩きスマホだが、海外でも同様の事故が多発している。最近の事例では、今年6月に米ニュージャージー州で歩きスマホをしていた女性が歩道の一部でガス管工事をしていることに気づかず、深さ180cmほどの穴に転落した。監視カメラがその様子をとらえており、無様な動画が世界を駆け巡った。

 今年8月には中国でスクーターを運転中、ながらスマホをしていた男性が不意に出現した道路の陥没に気づかず落下している。

 ハワイでは10月25日から施行された条例で、歩きながら携帯電話やタブレット端末などの画面を見ることを禁止した。警官が見つけた場合、初回は15~35ドルの罰金を科し、1年以内に違反を繰り返すと2回目に35~75ドル、3回目は75~99ドルの罰金を科す。

 日本でも運転中のながらスマホは道路交通法違反だが、歩きスマホを規制する法律はなく、今なお野放し状態だ。

 悲しい事件が起こるたび情緒的に報道はされるが、その多くは一過性のものにとどまり、本当の問題は解決されていない。

 精神科医の片田珠美さんは、一連の現象の根っこの部分に日本人の「無関心化」があると指摘する。

「みんなが自分のことに精いっぱいで他人に目をやる余裕がない。駅に困っている人がいても、“この電車に乗り遅れたら会社で上司に怒られる”と思って自分を優先します。誰もが自己防衛に必死で、他人に無関心になっているのです」

 昭和の時代には、近所の子供が悪いことをすれば、他人の子供でも遠慮なく叱る頑固おやじがいたり、頼んでもいないのに、よその家の子供の縁談話を持ってくる世話焼きおばさんなど、“おせっかい”な人たちがいた。だが、今は他人の子を注意すれば、モンスターペアレントが大騒ぎしたり、おせっかいをすれば、あからさまに不快な態度をとられたりするようになった。

 そうして、他者との距離はどんどん開いていき、日本は無関心社会へと変貌を遂げた。この冷たい社会を打開するためにはどうすべきか。片田さんはこう語る。

「ただ1つ、想像力を持つことです。白杖をついている人がホームから落ちそうになっているのを助けなかったら、電車にはねられるかもしれない。歩きスマホをしていたら、誰かにぶつかるかもしれない。

 もしも自分が逆の立場になって困ったとしたら、相手にどうしてほしいか。そうした想像さえできれば、困っている人に対して、救いの手を差し伸べられるはずです。私たちの住む世界は、持ちつ持たれつの相互関係で成り立っています。誰かを助けるということは、自分も助けられるということなのです」

※女性セブン2017年11月9日号

関連記事(外部サイト)