立皇嗣の礼、緊急事態宣言で無期限延期濃厚か 紀子さまも無念

立皇嗣の礼、緊急事態宣言で無期限延期濃厚か 紀子さまも無念

華々しいお披露目の祝宴も…(撮影/JMPA)

 車窓が閉じられたままなのは、非常に珍しいことだった。顔の半分近くを覆うマスクをつけられた紀子さまは、うつむきがち。ガラス越しにもはっきりとわかるほど、いつになくお疲れの様子だった──。

 4月3日、皇居・皇霊殿で宮中祭祀「神武天皇祭」が行われた。出席された紀子さま(53才)が半蔵門を通過されるとき、いつものにこやかな笑顔を見せられることはなかった。

「3月20日に行われた宮中祭祀『春季皇霊祭』に出席された際は車の窓を開けられ、笑顔で視線を配る余裕がおありでした。それに比べて今回は表情が硬く、よほど心労が重なっておられるのかと心配になりました」(皇室記者)

 目下、紀子さまの悩みの種だとされるのが、4月19日に予定されている「立皇嗣の礼」だ。

 立皇嗣の礼は、秋篠宮さま(54才)が皇位継承順位第1位の「皇嗣」となられたことを内外に示すものである。本来ならば、多くのVIPが集まり盛大にお披露目をする“晴れの舞台”なのだが、昨今の新型コロナウイルスの感染拡大を受け、その開催規模は次第に縮小。祝宴にあたる「宮中饗宴の儀」は中止され、中心儀式である「立皇嗣宣明の儀」は350人の出席者が50人に絞られ、儀式に伴う伊勢神宮(三重)や神武天皇陵(奈良)などへの参拝も延期が決定していた。

 さらにいま、儀式そのものが延期となる可能性も浮上しているという。

「さすがに緊急事態宣言が出た東京で、国民が外出自粛を余儀なくされている中、出席者を絞ったとはいえ多くの人が集う儀式を行うと大きな波紋を呼びかねません。また、ご夫妻もこの状況下で、自分たちだけがお祝いされるようなことは望まれていないでしょう。

 緊急事態宣言が出される前にすでに宮内庁からは、“延期やむなし”という意向が政府官邸に伝えられていたようなので、あとは政治サイドの判断次第。無期限の延期が濃厚という情勢です」(皇室ジャーナリスト)

 立皇嗣の礼は、昨年から続いた御代がわりに関する一連の行事の締めくくりでもある。つつがなく儀式を終えられるよう準備に尽力されてきた紀子さまにとっても、無念なことであろう。

「正式に延期か否かが決まるまでは、準備に手は抜けません。紀子さまご自身のことはもちろん、眞子さまや佳子さまの装束など細かな準備のご負担もあります。平時ならば盛大なお祝いの場になるはずで、皇嗣妃となられる紀子さまも期待されていたでしょうから、落胆されているのではないでしょうか」(前出・皇室ジャーナリスト)

※女性セブン2020年4月23日号

関連記事(外部サイト)