教員との関係が原因の自殺「指導死」に潜む複雑な問題

教員との関係が原因の自殺「指導死」に潜む複雑な問題

福井県池田中の男子生徒の自殺は「指導死」か

《いじめ認知、最多32万件》、《昨年度より10万件増》。10月26日に文科省が公表した2016年度の「児童生徒の問題行動・不登校等生徒指導上の諸課題に関する調査」を受け、新聞各紙にはそんな衝撃的な見出しが躍った。

 同調査によると、全国の小中高校などにおける「いじめ認知件数」は前年度から約10万件増え、32万3808件で過去最高を更新した。だが、その結果からは単純に「いじめが増えている」とはいえないという。

「文科省は今年3月に定めた『いじめ防止基本方針』で、『ふざけあい』や『けんか』もいじめに含めるよう各教育委員会に通知しました。つまり、いじめとしてカウントする範囲が大きく広がっただけなんです。そのため、そういった行動が起きがちな小学校で認知件数が8万件以上増えました」(教育関係者)

 センセーショナルに報じられながら、実際には前年度とは同じ基準で比較できない数字なのだ。

 それよりもこの調査には目を向けなければならない数字がある。子供の「自殺」数が急増しているのだ。自殺した児童生徒の数は前年度に比べ29人増の244人。その数字は過去30年間、つまり平成に入ってから最多である。

 その中には、ここ最近、連日のように報じられている福井県での痛ましいケースも含まれているはずだ。今年3月、福井県池田町立池田中学校2年の男子生徒(当時14才)が校舎3階から飛び降り、自ら命を絶った。

 全校生徒40人という小さな学校で、男子生徒は男性担任から「おまえ(生徒会役員を)辞めてもいいよ」と周囲の生徒が身震いするほどの大声で怒鳴られたり、宿題を提出できなかったことに対して、女性副担任に理詰めで迫られ過呼吸を起こしたりしていた。

 10月15日に第三者委員会がまとめた報告書では、「担任、副担任から立て続けに強い叱責を受けた」ことが自殺の原因と結論づけられた。244人の自殺理由のうち、もっとも多いのは「家庭不和」と「進路問題」でそれぞれ27人。池田中のケースのような「教職員との関係での悩み」は3人だった。

 そうした自殺を「指導死」と名づけたのは、『「指導死」親の会』共同代表の大貫隆志さんだ。大貫さん自身も2000年、中学2年だった次男を指導死で亡くしている。

「指導死とは簡単に言うと、生徒指導によって子供が精神的あるいは肉体的に追い詰められて自殺することで、自殺の原因が“指導そのもの”や“指導をきっかけとしたもの”と想定できるものです。多くの場合、指導を受けた直後に子供が亡くなっています」(大貫さん)

◆指導死の4つの定義

 池田中の男子生徒も、自殺を図ったのは過呼吸を起こすほどの叱責を受けた翌朝のことだった。大貫さんらによって、指導死には以下のような4つの定義がなされている。

【1】一般に「指導」と考えられている教員の行為により、子供が精神的あるいは肉体的に追い詰められ、自殺すること。
【2】指導方法として妥当性を欠くと思われるものでも、学校で一般的に行われる行為であれば「指導」と捉える(些細な行為による停学、連帯責任、長時間の事情聴取・事実確認など)。
【3】自殺の原因が「指導そのもの」や「指導をきっかけとした」と想定できるもの(指導から自殺までの時間が短い場合や、他の要因を見いだすことがきわめて困難なもの)。
【4】暴力を用いた指導が日本では少なくない。本来「暴行・傷害」と考えるべきだが、これによる自殺を広義の「指導死」と捉える場合もある。

 学校は、えてして外界と隔絶された閉鎖的な空間になりやすい。その中では、人間関係やいじめに悩む子供が唯一頼れる大人が教員だ。ところが池田中のケースでは、その教員こそが自殺の原因になるという最悪の事態を招いてしまった。

「文科省の発表と合致しているかは定かではありませんが、私たちが把握している昨年度の指導死の数も3件です」(前出・大貫さん)

 前述した池田中のケースに加え、昨年5月、東京・大田区の自宅マンションから中1の男子生徒が飛び降りたものと、今年2月、愛知・一宮市の中3の男子生徒が大阪市内の商業施設の7階吹き抜け部分から身を投げたものだという。

「前者は、学校にスナック菓子を持ち込んだことについて指導を受けた日の夜に自殺しています。後者は、日常的にプリント配りや雑用を命じられていたうえ、クラス全体が騒がしいにもかかわらず当該生徒だけを怒鳴るといった行為があったとされています。男子生徒が死の直前に友人に預けた携帯用ゲーム機には“担任によって学力、存在価値、生きがい、性格、私の人生すべてを壊された”というメッセージが残されていました」(全国紙記者)

 これはもはや「指導という名の教師によるいじめ」に他ならないのではないか。前出の大貫さんは、指導死の背景には「教員が抱えるストレスがある」と指摘する。

「長らく“教師は聖職者”といわれてきましたが、1人の人間です。体調が優れない日もあれば、気分の浮き沈みもあります。加えて、最近の教育現場では恒常的に予算や人員不足が起きています。そんな中でも、勉強に限らず、さまざまな面で高水準の教育を施すよう求められることが、教員の精神的負担になっています」(前出・大貫さん)

 全国学力テストでトップクラスに位置する教育県の福井にあって、池田中は上位を維持していた。手厚い補習授業が行われ、教職員は休日出勤も厭わなかった。

「過剰な労働を強いられてストレスがたまった教員が、明らかに範囲を逸脱した厳しい指導に走ってしまう。そうして、子供を自殺へと追いやってしまうんです。さらにいえば、教員からの行きすぎた指導は、今度は子供たちをストレスにさらし、非行やいじめといった別の問題を引き起こします。そういった意味では、指導死といじめは密接な関連があるともいえるのです」(前出・大貫さん)

※女性セブン2017年11月16日号

関連記事(外部サイト)