女性向け風俗 悪徳業者を見破る2つのポイントとは?

女性向け風俗 悪徳業者を見破る2つのポイントとは?

女性向け風俗の悪徳業者の見分け方(写真/アフロ)

「私たちも触れ合いたい」「抱きしめてほしい」。そんな心の叫びに呼応するように、今女性向け風俗が盛況だという。癒しを求めて風俗店を利用する女性と、救いの手を差し伸べる男性の、複雑な人間模様が展開している。

 だが無論、すべての女性向け風俗が、真摯な姿勢で経営されているわけではない。

 風俗ライター蘭姐麗(ランジェリー)さんが指摘する。

「単に女性とセックスしたいだけでやっている個人営業の“悪徳業者”が存在することも事実です」

 蘭さんによれば、優良店を見極めるポイントは次の2つに集約されるという。

【1】ホームページがしっかり作られていること

「更新頻度が高く、出勤状況も明記されていること、また、メール対応が丁寧かどうかも重要です。

 不安な点があれば、納得いくまでメールで問い合わせましょう。その返答が女性側の心に寄り添うものであれば、安心して利用できる店だと思います」

【2】明朗会計であること

「時間と指名料がホームページに明記されているかどうか。これを厳密に設定していないところは怪しいです。なしくずし的に本番行為をしたあげく、その分の値段をつり上げる店もあります。料金設定はいちばん最初に確認しましょう」

 なかにはモデルのような男性が在籍する店もある。そうした店は、男性のルックスと比例するように料金体系も高額になっていくが、値段を問わず、「明記されている」ことが大切だと言う。

 ただし、「癒しと安らぎ」を求めたいのなら、正しい知識と正しい心構えが必要なことは忘れてはいけない。

※女性セブン2017年11月16日号

関連記事(外部サイト)