簡単に作れてインスタ映えもする「料理キット」が人気に

簡単に作れてインスタ映えもする「料理キット」が人気に

「オイシックス」など大人気の料理キット

 大きな鶏団子とにんじん、トロトロに煮込まれたねぎが、比内地鶏スープの中で湯気を立てている。副菜は秋田名物の焼ききりたんぽ。たっぷりのみそだれがまんべんなく塗られている。彩りは抜群で、お腹だけでなく目も満足させてくれる──。

“芸能界のグルメ王”として知られるアンジャッシュの渡部建(45才)が、初めて監修を務めた、わずか20分で作れる「料理キット」。シリーズ第1弾は、妻・佐々木希(29才)の故郷である秋田の食材を使ったものということもあって、大きな注目を集めている。

 料理キットとは、カットされた食材と調味料が1食分セットになった宅配商品のことだ。ブームが過熱するなか、今さまざまなブランドが工夫を凝らしたメニューを発売。いずれも10~20分程度でおいしい料理が完成する。

 スーパーに並ぶカット野菜との最大の違いは、添えられたレシピを見ながら、同包された食材と調味料だけを使って調理すれば、カンタンに料理ができあがるところにある。食材を余らせる心配はないし、メニューを考えたり、買い物をしたり、野菜を切ったりする必要もない。

 日本では、2013年7月に有機・無添加食品の通販会社「オイシックス」が提供を始めたのがはじまりで、忙しい女性からの人気を徐々に集め、今や、「らでぃっしゅぼーや」や「コープデリ」、「生活クラブ」なども趣向を凝らした料理キットを提供している。

 料理キットが支持される理由について、『料理は女の義務ですか』(新潮社)を著書にもつ、生活史研究家の阿古真理さんが話す。

「共働きの夫婦が増え、料理に時間をかけられない女性が増えました。また現代の女性の多くは、家の手伝いをしながら料理を覚えるという経験がないので、料理があまり上手ではない。しかも、外食などおいしい食事に慣れているので、自分の作るものとのギャップを感じてしまうという問題があります。

 しかし、料理キットなら誰でもおいしい料理が作れる。これまで彼女たちを支えてきたのは、お総菜や、レトルトや冷凍食品などでしたが、料理キットを使って少しでも調理をすることで“まったく料理をしない”という罪悪感を払拭できることも人気の理由の1つでしょう」

 生活に関係する商品を比較検証する雑誌『LDK』編集部の久佐然子さんは見た目の美しさに注目する。

「誰にでも見栄えのいい料理ができるので、“インスタ映え”します」

 人気ブロガーのあにゃさんは料理キットをフル活用しているママの1人。仕事もしているあにゃさんは、育児休暇を終えて仕事に復帰するときに、料理にかける時間がないと思い、料理キットを使い始めたという。

「使ってみると、普通に食材を買って切るところから料理するのとでは労力がまったく違うので、やめられなくなりました。夫も理解してくれて、文句は言いません。キットは味もよく、絶対失敗しないので、夫も嬉しいんじゃないでしょうか(笑い)」

 時短のほかにも、栄養面が優れていたり、スーパーで余計な食材を買い込むことがなくなるので節約になるというメリットもある。あにゃさんはこう続ける。

「スーパーで売っている食材と比べると産地がはっきり書かれているものが多いので、子供にも安心して食べさせられるのも嬉しいです。それから、キットでなければ作れなかった料理にも挑戦できるので、レパートリーも広がりました」

 ブランドによって、メニューの種類、ボリューム、どこまで調理をした状態で届けてくれるか、料金など違いがある。

「できるだけ手間をかけたくない、配達時間を指定できる、送料が安いなど、自分の生活スタイルに合ったものを選ぶと充実した料理キット生活が送れると思いますよ」

 忙しい女性の救世主として浸透しはじめた料理キット。今後ますます、注目度はアップしていきそうだ。しかし「心配な点もある」と話すのは、前出の阿古さんだ。

「今後も利用者は増えていくでしょう。ただ、料理キットばかりを使い続けると、料理がなかなか上達しません。時間がかかっても地道に続けていれば腕が上がり、結果的には時短になります。ですから、あまり料理キットに頼りすぎず、困ったときに使うといいと思います」

 ラクラクすぎるのも考えようだ。

※女性セブン2017年11月23日号

関連記事(外部サイト)