素人エコノミスト様の「金言」からコロナ経済対策を考える

素人エコノミスト様の「金言」からコロナ経済対策を考える

競馬は無観客でもネットに活路(写真/共同通信社)

 新型コロナウイルスの感染拡大により、社会の様々なことに影響が出始めている。なかでも深刻な問題としてネットでも盛んに議論が闘わされているのは、休業補償についての問題だ。ネットニュース編集者の中川淳一郎氏が、ネット、とくにSNSに多数出現している「素人エコノミスト」たちの主張について考察する。

 * * *
 新型コロナをめぐり“休業補償”論議がネットでは花盛りだ。誰もが高名なエコノミストになったかのように持論を繰り出す。イタリアは30万円もらえるだのシンガポールは24万円だのと述べ、「それに引き換え日本は……」と嘆く。要は日本の「マスク2枚」とエンタメ関連の事業者への補償の薄さを批判したい意図があるのだ。

 ところがSNS時代の良いところで、彼の国に住む人々からイタリアの30万円は嘘だとツッコミが入ったり、シンガポールも同国の国籍がある人のみ7万2000円、といった指摘が入る。ドイツも事業主に60万円の補償をしたが、これが「全員に60万円」と誤解され、「これだから日本は……」とまた“素人エコノミスト”様が批判の材料にする。実際は2万人の枠で申し込みの上、審査をされるということなのだ。そして、日本も事業主に対する助成金については厚労省がすでに発表している。

 今回の件については世紀の大天災のようなものであり、一人あたり10万円の現金給付でそれを確定申告時に上乗せする、といったやり方をスピード感をもってやるべきだとは思う。

 だが、超高級クラブが補償を求めるのは正直意味が分からない。ネットではこれに対する議論が発生したが、支援賛成派は「職業差別だ!」と主張。反対派は国税庁による「事業所得を有する個人の1件当たりの申告漏れ所得金額が高額な上位10業種」を持ち出し反論。2018年版の1位は「キャバクラ」で2897万円で、申告漏れ割合は93.7%。ここに「キャバレー」も含まれるため高級クラブも含まれる。

 座るだけで3万円以上するような会員制の店なわけであり、十分儲けてきたし、メディアに登場し、派手な生活を自慢する人もいるのに何を言うか。金持ちの常連客にリモート接客でもして100万円払ってもらえばいいではないか。

 工夫のやりようもあるわけで、ライブハウス・ロフトプロジェクトの副社長に聞いたところ、無観客ライブのネット中継をしたところ、「通常の営業よりも売り上げが多いものがありました」とのこと。3人の演者がいてツイッターのフォロワーが合わせて30万人もいれば、2000円であっても1000人ほどが観るかもしれない。

 娯楽への欲望はあるわけで、無観客の競馬も健闘している。3月29日に行われた第50回高松宮記念は、127億円超を売り、前年を0.4%上回った。

 今回の災禍は誰にとっても他人事ではなくなったが、これまで我々は様々なことを他人事扱いしてきた。直近の話でいえば「暖冬」だ。各地のスキー場が営業できない事態に追い込まれたが、果たしてスキー業界は「補償をしろ!」の大合唱をしたか。自然の力には敵わないと割り切ったのだろう。また、スキー場の場合は春〜秋は畑を耕す高齢者が冬の間だけ働く側面もあるため、知り合いのスキー場バイトの高齢者は「今年はゆっくり休むか」と開き直っていた。それにしても経営陣の苦難たるや、暖冬を恨んだことだろう。

 そして、今回有事の強さが明らかになったのが「大家」である。飲食店が廃業する理由の多くは家賃が払えないことだ。私も素人エコノミスト様になってみるが、不動産を持っている人間は裕福な割合が多いのだから、この際「家賃3か月無料」とでもやってあげたらいかがか。その後は儲けから返してもらう、ということで。あとは無料にしてあげた大家への助成も行う。まぁ、これも自分勝手だけど、不労所得がある人が羨ましいよ、ホント。

●なかがわ・じゅんいちろう/1973年生まれ。ネットで発生する諍いや珍事件をウオッチしてレポートするのが仕事。著書に『ウェブはバカと暇人のもの』『ネットのバカ』など

※週刊ポスト2020年4月24日号

関連記事(外部サイト)