史上初、コロナによる東京・緊急事態宣言のリアルを写真で追う

史上初、コロナによる東京・緊急事態宣言のリアルを写真で追う

マスクの品薄は続く

 4月7日夕、史上初めて特別措置法に基づく緊急事態宣言が発令された。とはいえ、前日から発令を織り込んでいた東京の街は、すでに人影はまばらだった。繁華街の代名詞・新宿歌舞伎町や一大観光地の浅草、日本の玄関口・羽田空港はひっそりと静まり返る。不気味な静寂が緊急事態を物語る。

 少し前までサラリーマンで賑わっていた新橋の飲み屋街も、発令直後に閑古鳥が鳴く。建ち並ぶ居酒屋では、テレビから流れる安倍晋三首相の会見を眺めながら客の一人が、「自粛要請が出る前はいつも満席だったのに、今日は独りか」と呟く。別の店の店主は、「4月に入って売り上げは8割減。昨日、近所の老舗焼き鳥屋がコロナの影響で店を閉めると挨拶に来ました」と肩を落とす。

 外出自粛、在宅勤務、学校休校によって自宅で過ごす時間が急増、筋トレ器具やゲームソフトなど、いわゆる“巣ごもり消費”が活況を呈する。任天堂のゲーム『あつまれ どうぶつの森』は10日間で260万8000本を販売した。一方、密閉・密集・密接の「3密」を避けるため、飲食店はテイクアウトに力を入れる。街中を「ウーバーイーツ」の自転車が行き交い、宅配便のトラックが人々の生活を支える。

 このまま感染爆発を防ぐことができるのか。静かなる攻防は1か月続く。緊急事態宣言が発令された東京のリアルを追った。

◆新宿ドラッグストア 4月7日 9時1分

 自粛ムードの高まりで在宅勤務が増える一方、品薄状態のマスクや日用品の買い溜めに走る人の行列ばかりが目につく。

◆新宿伊勢丹 4月7日 10時23分

 伊勢丹新宿店をはじめ、百貨店や商業施設は軒並み臨時休業を発表。「消費増税」「インバウンド消滅」「外出自粛」と、消費はさらに冷え込む。

◆羽田空港 4月7日 14時27分

 感染拡大とともに運休、減便が相次ぎ、空港利用客は大幅に落ち込んだ。羽田空港では予定されていた複合施設のオープンが延期された。

◆浅草仲見世伝法院通 4月7日 15時58分

 外国人観光客の激減でぱたりと来訪者が途絶えた浅草。マスクをつけたぬいぐるみを乗せ、客寄せに励む人力車の姿が物悲しい。

◆新橋居酒屋 4月7日 19時35分

 食い入るように安倍首相の記者会見を見つめる居酒屋の店員。店のオーナーが「売り上げが5分の1になった」と嘆くように、この日の客も数人程度だった。

◆新橋タクシー待ち 4月7日 20時53分

 観光客が減り、売り上げが大幅に落ち込んでいるタクシー業界。ついに従業員全員を解雇する企業も現われている。

◆新橋パブ 4月7日 22時34分

「アルバイトは全員解雇せざるを得ませんでした」(『煮込んでバル』オーナー・野田真作さん)。近隣では老舗すら閉店に追い込まれているという。

◆新宿駅南口 4月8日 9時42分

 交通渋滞がおなじみの光景だった、新宿駅南口を走る甲州街道。出勤時間にもかかわらず、車も人通りも激減した。

◆下北沢 4月8日 13時31分

 周辺に住宅地が広がる下北沢では、宅配の需要が急増。急増する「ウーバーイーツ」の自転車の姿は、すっかり街の風景に溶け込んだ。

●撮影/太田真三、内海裕之

※週刊ポスト2020年4月24日号

関連記事(外部サイト)