オレオレ詐欺に騙されたフリ作戦 5回逮捕に繋げた89歳も

オレオレ詐欺に騙されたフリ作戦 5回逮捕に繋げた89歳も

シニアの名演技が成果を上げている(写真:アフロ)

「オレオレ詐欺」がこれほど注意喚起されるようになった今も、詐欺の手口はどんどん進化し、なくなる気配がない。だが、高齢者側も“騙されるかもしれない”という不安に脅えるばかりではなかった。自ら詐欺師を“とっちめる”人々がいた──。

「ユウヤだけども」

 東京に住む孫の名前を名乗る電話で、携帯電話の番号を変えたという話だった。福島県郡山市在住の無職・遠藤清さん(77)は、孫の本名を名乗ってきたことから、完全に信用した。

「明日10時にそっちに行くから」というので待っていたが、何時になっても来ない。心配になった遠藤さんが電話すると、ユウヤはこう言う。

「実は儲け話に乗って郡山の銀行から1000万円を借りて渡したんだけど、詐欺師だと気づいた。警察に逮捕してもらって600万円は戻った。けれどあと400万円を都合しないと俺が刑務所に入れられる。200万円が都合できたから、残り200万円を何とかしてもらえないか」

 隠居の身である遠藤さんだが、方々手を尽くして100万円ほどは工面した。ユウヤに連絡すると、「それを持って東京に来てくれ。4時までに払わないと」と焦った声で急かす。急いで新幹線で東京駅に向かうと、「自動車が混んでいて東京駅まで行けない。京葉線に乗って越中島という駅まで来てほしい」と言う。越中島に着くと、今度は「駅から少し離れた駐車場に行って、弁護士が来るのを待ってほしい。お金はその弁護士に渡して」と指示された。背広を着て現われた「弁護士のタナカ」を名乗る男に、遠藤さんは現金100万円を渡した。

 そのときだ。そばに隠れていた警察官がスーッと近づき、「警察だ!」男は金をぶん投げて逃げようとしたが、遠藤さんは思わず男の腕を掴んでこう叫んだ。

「ここさ、おまわりさんがいっぱいいるぞ。全員で囲んでるから逃げようがねえ!」

 男を囲んだ警察官は全部で7人。男は観念してその場で逮捕された──。いったい何が起きたのか。

 実は遠藤さんは途中で詐欺に気付いたのだが、警察に協力して“騙されたフリ”を続けていたのだ。遠藤さんが振り返る。

「途中までは完全に騙されていました。お金を用意して息子に電話したところ、怪しんだ息子が孫の会社に確認し、孫は普通に働いていることが分かったんです。それで頭に来たから『捕まえてやろう』と思って、警察に相談して一緒に東京まで行った。犯人に渡した100万円は警察に用意してもらったものです。空手をやっていたし犯人を怖いとは思わなかった。ただ、逮捕されたのは金を取りに来た男だけで、孫を名乗って電話してきた男はまだ逮捕されてない。そのことが残念でなりません」

◆作戦で道路まで封鎖

 実は最近、遠藤さんのように騙そうとする犯人たちに騙されたフリをして、逮捕に協力する高齢者が増えている。

 中には何度も犯人検挙に成功した猛者もいる。埼玉新聞2016年6月23日付記事には、「さいたま89歳男性 『受け子』逮捕4度目お手柄 大宮署表彰も検討」という記事が載った。この男性の「次男」を騙って「小切手がなくなってしまった」「現金270万円を代わりの者に渡してほしい」と要求する電話にピンと来た男性は、すぐに警察へ通報。自宅前で待ち伏せした警察が、「受け子」と呼ばれる現金回収係の逮捕に成功したという。しかし、大宮署はこの報道を訂正する。

「新聞では4回となっていますが、実際に検挙に協力していただいたのは5回でした。署として感謝状も2度、贈りました。いまでは少し慣れてきたようで、すぐに連絡を頂き、捜査陣との連携もスムーズでした。もちろん捜査の過程で協力者に危害が及ぶことがないよう、万全の態勢を整えています」(大宮署副署長)

 警察もこうした高齢者たちに積極的に協力を仰ぐ。佐賀県警は昨年5月、「SPOT」というプロジェクトをスタートした。「Swindle(詐欺)Pretend(ふりをする)Operation(作戦)Team(チーム)」の頭文字を取り、160人の現役警察官、県警OB、そして一般の高齢者の協力を得て詐欺集団を検挙しようというプロジェクトだ。

「今年は10月までにSPOTで7件8人を検挙しており、そのうち3件は民間の通報から『騙されたフリ作戦』をお願いし、検挙に繋げました」(佐賀県警刑事部捜査第二課)

 ただし最近は、警察官を装って騙されたフリ作戦を逆利用しようとする犯人もおり、注意喚起を促している。

 2013年に騙されたフリを実践した東京都千代田区のたばこ店経営者・矢口きよ子さん(80)は、約10人の警察官が現場付近の道路を完全封鎖するという本格的な作戦に参加した。

「犯人が最初に電話してきて『1000万円が必要』だと言われて、冗談じゃないよ、そんな額、私たち高齢者の『老後のお金』以上だよと思って捕まえようと決意しました。毎日このお店の前を通る近所の友人たちにも安全に暮らしてほしいしね」

 高齢者を食い物にする輩を逆にとっちめるシニアたち、何とも元気で、何とも痛快だ。

※週刊ポスト2017年12月1日号

関連記事(外部サイト)