コロナ感染者告白する意外な“危険地帯”「回数券のせいで…」

コロナ感染者告白する意外な“危険地帯”「回数券のせいで…」

ネイルサロンは女性客が増えているという(Ph:Getty Images)

 40.6%──この数字がいまの日本の状況を示している。新型コロナウイルス感染者のうち、感染経路が特定されていない人の割合である(厚労省発表、4月1日までの状況)。すでに、感染者5人のうち2人の感染経路がわかっていないのだ。

「実際、自分もどこでどう感染したのか、はっきりしないんです」と語るのは、都内で飲食店を営む男性Aさん(48才)。

 3月上旬に39℃の熱が出て体調が悪化し、近所のクリニックや総合病院など3つの病院を転々としたのち、レントゲンで肺に影が見つかった。その後、PCR検査で陽性が判明。都内の感染症指定の総合病院に入院後は人工呼吸器をつけるほどの危険な容体だった。

「2月下旬までは感染者数が少なかったこともあり、発症前は不特定多数の人と外食を繰り返していました。感染発覚後に保健所の聞き取り調査がありましたが、感染経路は特定できなかった。ただ、いまにして思えば、“あそこに行かなければよかった”と後悔する場所がかなりあります」

 そう語るAさんは幸いにして病状が回復したが、Aさんが入院した病院では3月下旬、志村けんさん(享年70)が亡くなった。それを考えると身の縮む思いでいる。Aさんが続ける。

「外食先も感染源の1つだと思っていますが、怪しんでいるのはスーパーやコンビニです。職業柄、買い出しによく行くんですが、店内にあるカゴやカートって不特定多数の人が触るじゃないですか。そこからの感染だと思っています。というのも、私は花粉症で、がまんできずにカゴなどを触ったその手で直接、目をかいたことがあったと思うんです」

 飲食店を営むAさんはもう1つ、気にかかったことがあるという。

「営業中に運んでいたビール瓶やワインボトルなどのドリンク類や、食材が入った段ボールやパックなどが気になりました。あれだって、多くの人の手に触れて運ばれてくるわけですよね。

 普段の生活では特に、口をつけて飲むペットボトルや缶コーヒーの飲み口は要注意のような気がします。そこまでわざわざ拭いている人って、めったにいませんよね」

 感染を避けるには、感染しやすい場所や状況を徹底して回避すること、それしかない。そのために国は「3密」を避けるよう繰り返し要請するが、それでも感染したという人も増えている。 芸能界を例にとると、森三中の黒沢かずこ(41才)は、潔癖症の上、人と会うことが苦手で外を出歩くことが極端に少なく、「なぜ彼女が感染したのか」と不思議がる関係者は多い。

 彼らはいったいどこで感染したのか。その告白からは「意外な危険地帯」が浮かび上がってくる。

◆回数券の有効期限があだになった

 都内の保険会社に勤務する感染者の女性Bさん(40才)は、つい先日に退院したばかり。発症前は会社の決まりで毎朝体温を測って、会社に報告していた。

「3月下旬に38℃近い高熱が5日ほど続き、とにかく体がだるかった。味覚を確かめようと思ってキムチを食べたけど、驚くほどまったく味がしなかったので保健所に連絡し、検査を受けた翌日に陽性が伝えられました」(Bさん)

 Bさんは保健所の職員に2週間の行動を伝えたが、感染経路は特定できなかった。ただ、彼女が「あそこに行ったのはまずかった」と振り返るのは「エステ」と「ネイルサロン」だ。

「両方とも、換気の悪い密閉空間ということはわかっていたんですが、エステは回数券の有効期限が切れそうだから、つい行ってしまいました。ネイルも“マスクをしてるからきっと大丈夫”と行ってみたら、外食を控える分、せめてネイルをしようという女性客が多いようで、いつもよりだいぶん混んでいました。回転を早くするために右手と左手を別々のネイリストが同時にやってくれたので、密接度がさらに高まった感じもしました」(Bさん)

 Bさんは「ホットヨガ」に通ったことも後悔している。

「多いときは週4で通っていました。3密の危険は知っていたけど、スタジオに『消毒と換気をしています』という張り紙があったので大丈夫かなって思っちゃったんです。でもヨガをするときはスタジオの温度を上げるため密閉するし、2mずつ離れていたとはいえ多くの人が集まっていた。いま考えれば、行かなければよかった」(Bさん)

 ホットヨガなどのレッスンを行うスポーツジムでは、実際にクラスター(感染者の集団)が発生している。

 緊急事態宣言が出た地域のスポーツジムは休業を余儀なくされたが、対象外の地域ではいまも営業を続けている店舗があるので注意したい。

 千葉県在住の男性会社員Cさん(29才)は、“3密”を避けるため電車通勤から自転車通勤に切り替えていた。外食も避けてマスクや手洗いを欠かさなかったが、4月上旬に新型コロナの陽性が判明。現在も都内の大学病院に入院中だ。

 Cさんがただ1つ、心当たりがあると語るのは「ボルダリング」だ。ボルダリングとはクライミングの一種で、自然の岩や室内の壁に設置されたホールド(出っぱりやくぼみ)をつかんで登るスポーツ。東京五輪でも実施される。

「3月下旬の休日にボルダリングをしたんです。そのジムは換気のためにあらゆる窓を開放し、人が密集しないように人数制限をしていたので大丈夫だと思いました。

 でも振り返ると、ボルダリングは必ず素手で行うので、壁に付着したウイルスを触ってしまって感染した可能性があります。登っている最中に、その手で顔の汗を拭ったり顔をかいたりしました。壁はひとり登り終わるごとに消毒していたわけではありませんでした」(Cさん)

 ウイルスは手についているだけでは感染しない。その手から鼻や喉、目などの粘膜に付着し、体内に侵入する。つまり、「額や頬の汗を手で拭うこと」が高リスクであることを考えると、そもそも汗をかくような行動も控えるべきかもしれない。

 室内スポーツでは、剣道の稽古をしていた愛知県警の警察官17人が集団感染し、100人近くの警察官が自宅待機となった。

 室内の遊戯施設でも感染者が出ている。新潟市では、感染した20代女性が市内の遊戯施設「ラウンドワンスタジアム新潟店」を利用していた。

「女性は音楽ゲームコーナーで、素手で触ってプレーする複数のゲームをしたとみられます。新潟市は女性と同じ時間帯に施設を利用していた客に注意を呼びかけています」(地元紙記者)

 学校が休みで子供が退屈していても、室内のスポーツや遊技施設の利用についてはくれぐれも気をつけたい。

※女性セブン2020年4月30日号

関連記事(外部サイト)