加熱式たばこ 吸殻処理やマナー問題をメーカーに聞いてみた

「加熱式たばこ」の普及が進み喫煙環境をめぐる戸惑いやマナーに対する疑問が拡大

記事まとめ

  • 喫煙時に発生する有害性物質90%削減が謳われていることで普及が進む「加熱式たばこ」
  • 紙巻きたばことの“違い”が鮮明になるにつれ、マナーに対する疑問も広がっている
  • プルーム・テック、アイコス、グローなど加熱式専用スペースを仕切る所も出てきたよう

加熱式たばこ 吸殻処理やマナー問題をメーカーに聞いてみた

加熱式たばこ 吸殻処理やマナー問題をメーカーに聞いてみた

一気に普及が進む加熱式たばこ

 たばこの葉を直接燃やさずに吸えるため煙やニオイが少なく、喫煙時に発生する有害性物質のおよそ90%削減が謳われていることからも一気に普及が進む「加熱式たばこ」。だが、従来からある紙巻きたばことの“違い”が鮮明になるにつれ、喫煙環境をめぐる戸惑いやマナーに対する疑問も広がっている。

 10月下旬、とあるイタリア料理店の店主が投稿したツイートが大きな反響を呼んだ。

〈灰皿くださいとも言わないでアイコス吸ってるからどうするのかと思ったらこうなってました。当店、明日から完全禁煙とさせていただきます〉

 このつぶやきとともにアップされた画像には、濡れおしぼりのビニール袋の上に、加熱式たばこ「アイコス(米フィリップ・モリス・インターナショナル)」の吸い殻が2本、剥き出しの状態で置かれていた。来店した客がそのまま帰っていったという。

 同ツイートに寄せられた多くのコメントは、「いくら何でも非常識」「マナー違反」といった声で溢れたが、中には「火を使ってないんだから別にいいじゃん」、「おしぼりのビニールの中にゴミとして入れていくのであれば、ギリギリオッケーの気もする」という意見もあった。

 当の来店客の真意は分からないが、仮に紙巻きたばことは違う加熱式たばこの構造ゆえ、吸い殻を灰皿に捨てず、紙ナプキンなどと同じ“普通ゴミ”の感覚で捉えていたのだとしたら、店側もゴミ箱に捨てるよう促すなど違った対応があったのかもしれない。

 では、加熱式たばこの吸い殻はどこにどうやって捨てるのが正しいのか──。アイコスはもちろん、国内で加熱式たばこを販売するメーカー3社に聞いてみた。

 アイコス製品を扱うフィリップモリスジャパン合同会社では、今回のツイッターの投稿を受けて社内でも意見交換が行われたという。

「確かにわれわれも、アイコスの使用中は灰も落ちないために灰皿は要りませんというコミュニケーションをしている部分があったので反省材料ではありますが、灰皿が要らないからといって、吸い終わったスティックをどこに捨ててもいいというわけではありません。

 火も使わないため最終的には可燃ゴミ。ゴミ箱があればそこに捨てていただいても構いませんが、加熱式とはいえ“たばこ製品”ですので、基本的には灰皿に捨てていただくのが良かったのかなと思います。

 今回のケースは店内でガムを噛んでそのままティッシュの上に置いて帰るのと同じこと。マナーという意味では、周囲の方への気遣いなど、お客さん自身の配慮が欠けていたのでは? という声が社内から出ました」(同社コーポレートアフェアーズ コミュニケーションズ&コントリビューションズマネジャーの小池蘭氏)

 現在、同社ではポイ捨て防止など適切な処分を促すマナー啓発強化を実施中だ。アイコスキットを購入した人には、紙でできた簡易の「使用済みたばこスティック入れ」を配布。また、アイコスが吸える飲食店やホテルなどには、加熱式たばこ専用の回収ボックスを配っているという。

 次に聞いたのは、10月より全国販売を開始した「グロー(英ブリティッシュ・アメリカン・タバコ)」。こちらもアイコスと同様、吸い終わったスティックは可燃ゴミなので、敢えて灰皿に捨てずにゴミ箱に直接捨てても構わないとの回答だったが、よりユーザー目線で丁寧に説明してくれた。

「吸い終わった直後はまだスティックに熱が残っている状態なので、燃えやすいものと一緒に捨ててはいけないのでは? と不安に思われるかもしれませんが、もともと燃えていないので火災が発生することはありません。

 ただ、ゴミ箱に捨てるか灰皿に捨てるかという処理の仕方は、その喫煙空間を管理している方のルールに従っていただきたいと思います。ツイッターの件は、机の上にそのまま置いて帰るのを許容している店だったら別ですが、常識的には管理者に捨て場所を聞いて、指定されたところに捨てますよね。そこまでが加熱式たばこを吸う方の責任範囲だと考えます」(同社日本法人の広報・渉外本部長の辻了介氏)

 さらに、辻氏はこんな方法まで教えてくれた。

「加熱式たばこは灰がでないので、吸い終わっても紙巻きたばこのようにクシャッとならず、吸う前の状態と質量や強度が変わりません。そのため、吸い終わったスティックは元のたばこが入っていた20本入りの箱に裏返しにして戻す方法もあります。そうすれば、携帯灰皿を持ち歩かなくても済みます」

 最後に「プルーム・テック」を販売するJT(日本たばこ産業)にたずねてみると、こちらは製品の構造上、少し複雑な捨て方が求められる。

「プルーム・テックは紙巻きたばこでいうところの吸い殻(フィルターや巻紙など)は発生しませんが、プラスチックから成るたばこカプセル及びステンレスから成るカートリッジがゴミとして発生します。

 そのため、処理に関しては各自治体の分別方法に則っていただきたいと思います。飲食店では、他に吸い殻の入っていない灰皿に分別していただくか、付属品である専用のキャリーケースに収納して持ち帰っていただくことをお勧めいたします」(同社広報部主任の林雅之氏)

 他の加熱式2製品に比べて、捨て方に気を遣う必要はあるものの、いまや環境問題に配慮したゴミの細かな分別は当たり前の時代。しかも、外出先で出たゴミを自宅に持ち帰るという観点から見ても、プルーム・テックはもっともマナー意識が植えつけられる加熱式たばこといえるかもしれない。

 このように、3社とも火や煙を出さず、周囲への迷惑も軽減させた加熱式たばこの特徴をアピールしながらも、紙巻きたばこと同様の喫煙マナーや配慮を呼び掛けている。

 もちろん、税法上「パイプたばこ」に分類されている以上、加熱式たばこだけ特別扱いして、どこでも自由に吸える環境になることはないだろう。だが、そもそも国や行政で進められている受動喫煙防止の喫煙場所規制の対象に、加熱式たばこをどこまで含めるかで意見が割れているのも、消費者を混乱させる一因といえる。

「使用できる場所については、管轄する行政や、施設の管理者によって判断されるべきものと認識しておりますが、喫煙は禁止とされている場所でもプルーム・テックの使用は許容されることがあっていいと私たちは考えています。実際に複数の路上喫煙禁止条例において、加熱式たばこ製品の使用が喫煙対象から除外されているケースもあります。

 また、民間の飲食店や事業所においても、喫煙は禁止するもののプルーム・テックであれば使用可とする場所も増えてきています」(前出のJT・林氏)

 これはアイコスやグローも同様だ。最近ではメーカーの協力を得て、同じ喫煙所内でも紙巻きたばこ専用の喫煙スペースと加熱式専用スペースを仕切る所も出てきた。

 発売から間がなく黎明期ともいえるだけに、加熱式たばこの新しい喫煙文化はこれから醸成されていく面もあるだろうが、普及が進めば進むほど分かりやすい共通マナーやルールづくりが必要になってくるだろう。

関連記事(外部サイト)