コロナ感染原因に「3連休の弛み・電車で隣の高熱男性が…」

コロナ感染原因に「3連休の弛み・電車で隣の高熱男性が…」

集団感染が発生した永寿総合病院(時事通信フォト)

 新型コロナウイルスの感染拡大が止まらない。日本国内では感染経路が不明なケースも多く、日々の生活のなかでどこに危険が潜んでいるかわからない状態だ。

 そこで、新型コロナウイルス感染者に過去の行動を振り返ってもらい、どこに感染リスクがあったのかを検証してもらった。

◆3連休前に起きた外出自粛の気の緩み

「3月の3連休前に自粛要請が一部解除されて、それまでの緊張が緩んだんです」

 苦渋の表情でそう振り返るのは、都内在住の会社員Aさん(32才)。3連休中、Aさんは大阪まで旅行して羽を伸ばした。

「つい浮かれてしまって、昼は心斎橋付近のたこ焼き屋で買い食いして、夜はフグや焼き肉に行きました。東京に帰ってから体調を崩し、39℃の発熱が続いて検査を受けたら陽性になりました。大阪で感染したと決まったわけではないのですが、新幹線など不特定多数が多いなか、遠くまで出かけてリスクを高めることをなぜしたのか。悔やんでも悔やみきれません」(Aさん)

 このケースで大きな教訓となるのは、「気の緩み」だ。

 Aさんのように、3月の3連休で気が緩み、結果としてコロナに感染した人は少なくない。いまはまだ緊急事態宣言が出たばかりで緊張感があるが、この先、どこかで張り詰めた気持ちが緩むときが来るはずだ。その際に感染拡大を招かないように、3月の3連休で学んだ教訓を肝に銘じたい。

 東京などの都市部から地方の実家に戻った人が感染源になるケースもある。富山や新潟、北海道では都内に住む20代女性が実家に帰省中に感染が確認された。学校が休みになった大学生や専門学生などが「親が心配だから」と帰省している最中に発症するケースも複数報告されている。

 そのため「帰省自粛」を訴える市町村も続出している。

「親を心配する気持ちはわかるが、実家に戻って高齢の親に感染させたら重症化リスクが高くなります。また感染者のいない地域に一時的に移り住む『コロナ疎開』も大問題で、石垣島では実際に島民以外の人から島民に感染しました。いまは自分がすでに感染していると考えて、コロナ帰省やコロナ疎開はもちろん、不要不急の移動を可能な限り避けるべきです」(医療ジャーナリスト)

◆横に座った高熱のサラリーマン

 政府は「極力8割の接触減」を目標に掲げて外出自粛と在宅勤務を求めるが、会社を休めないという人も多い。

 緊急事態宣言以降の毎朝の光景を見ても、通勤者は目に見えては減っていない。だが、「電車」が危険地帯になることを忘れてはいけない。

「何度考えてみても、電車のなかでのあの10分が怪しいんです」と語るのは、4月上旬に陽性が判明した、都内に住む男性会社員のツイッターアカウント・@namaokasanさん(37才)だ。マスクや手洗いを欠かさずに外食を控えていたのに感染してしまった@namaokasanさんが「怪しい」と振り返るのは、電車通勤の際のある経験だ。

「ぼくが電車の座席に座っていると、ゼーゼーという息切れとともに50代くらいのスーツ姿の男性が隣に座ったんです。顔は真っ赤で汗だくになっていて、横にいて感じるほど体の発熱がありました。

 発車してから5分ほどしても呼吸が乱れたままだったので“この人まずいんじゃないか”と思いましたが、車内が満員で移動することができず、その男性に10分ほど寄りかかられていました。

 会社に着いてからすぐに男性と触れた部分をアルコール消毒して、何度もうがいしましたが、結局感染してしまった。ぼくはかなり気をつけていたし、社内の誰も感染していないので、あの男性が怪しいとしか思えません」

 国の外出自粛要請があっても多くの人が仕事を休めないのが日本の現実だ。

 芸能界でもモデルの逢沢しずか(年齢非公表)が発症後、体の異変を感じても撮影会やミーティングなどの仕事を休むことができなかったとツイッターで報告し、《後の祭ですが猛省》と綴った。

 最も懸念される危険地帯は病院だ。都内にある永寿総合病院では4月11日までに入院患者94人、職員69人が感染し、入院患者計20人が死亡した。中野江古田病院でも患者ら92人の感染が確認された。

 研修医40人が懇親会に参加した慶応病院でも集団感染が起きるなど、多くの病院で院内感染が拡大している。

 病院では意外な感染経路も明らかになった。

「集団感染が発生した大分県の国立病院機構大分医療センターでは、職員らが共用するタブレット端末を介して感染が広がったといわれています。院内の手すりやドアノブは消毒していましたが、まさかタブレットから広がるとは予測できませんでした」(前出・医療ジャーナリスト)

 院内感染が起きると、持病を抱えているハイリスクな患者への影響が懸念されるとともに、医師や看護師といった医療従事者への感染が進み、医療崩壊を生じる恐れがある。

「院内感染は絶対に避けなければならない感染拡大の1つです。高齢者などリスクのある人はなるべく病院には行かず、オンライン診療などを試してほしい」(前出・医療ジャーナリスト)

 ようやく見えてきた危険地帯を避けることが、安全地帯に入るための第一歩となる。

※女性セブン2020年4月30日号

関連記事(外部サイト)