ヤンキー講師の意欲、YouTube予備校を開設し「教育格差なくす」

ヤンキー講師の意欲、YouTube予備校を開設し「教育格差なくす」

ビシッとポーズを決める吉野。「写真で笑うのはむずかしいよね」と照れくさそうに笑う(撮影/田中智久)

 ハイブランドの派手な柄シャツにギラギラの高級腕時計、気合の入ったリーゼント――。代々木ゼミナールや東進ハイスクールなど有名予備校の古文講師として教壇に立ち、28年。“ヤンキー先生”こと吉野敬介(53才)が独特なスタイルを貫くのには理由があった。

「講師は実力や教え方だけが秀でていてもだめ。独自のノウハウを確立して期待以上のパフォーマンスをしなければ1年間生徒を惹きつけるのはむずかしいんです。エンターテイナーとしての強烈な個性が不可欠だと考えて、見た目も含めて、“予備校講師・吉野敬介”というブランドを演出してきました。

 東大を出た先生は学力で売れるけれどぼくは國學院。自分の売り物として生き様を教えたい、『それもひとつのおれの授業なんだ!』という思いがある。だから授業では暴走族時代の話もするし、髪も中学時代からのリーゼント。セット時間は30分くらいかな」(吉野・以下同)

 中学時代から暴走族に入り、特攻隊長を経験。「バイクとケンカに明け暮れて高校を卒業できるかどうかもわからないのに、大学へ行くなんて発想は頭にもなかった」と語り、どうにか高校を出ると暴走族専門の中古車販売店に就職した。だがその後、失恋をきっかけに大学受験に目覚めることとなる。

「フラれた彼女に大学生の彼氏ができて、見返してやるぞと特攻魂に火がついた(笑い)。でも中高とロクに勉強しなかったから、学力はまぁひどいもので…予備校で『〇〇を知らないとボキャブラリー不足ですよ』と言われても『で、ボキャブラリーって何?』なんてね(苦笑)。自分よりバカなやつは存在しないと思っていた。それでも代ゼミの有坂誠人先生に出会って古文の面白さを教えてもらい、本気で古文を勉強してみたいと先生に相談したら國學院大をすすめられたんですよ。きっかけは不純な動機でも、結果的に受験に挑戦したことで人生が開けました」

 その情熱で一途に予備校講師の道へ進んだのかと思えば、恩師の“課外授業”が次なる動機へ結びつく。

「合格して小遣いでウイスキーを買って有坂先生の家へお礼に行くと、自宅は青山一丁目。駅を出て国道246号を歩きながら、こんな場所に人が住んでいるのかと驚いた。で、お祝いにレストランへ連れて行ってもらったらドリアがなんと4000円。ビーフシチューもいいなと思ったら、それまた4000円するじゃない。

こっちはファミレスで1000円のメニューを食うにも勇気がいるのに4000円の食べ物なんてこの世にあるのかよって。どっちにしようか迷っていたら『シチューをおかずにドリアを食べたら?』とすすめられて、メシに8000円なんてありえないと震えたよね。その経験があまりに衝撃で、お金を持っている人に憧れて。自分も予備校講師で売れたら先生みたいになれるかな、という野心が原点なんです」

◆どんな観光でも学べる場所を作りたかった

 晴れて予備校講師となって一時代を築き、ある程度稼ぐこともできた。そこで吉野は次なる挑戦をしたくなったと明かし、3月で東進を退職すると動画の世界へ飛び込んだ。代ゼミの教え子で東進の同僚だった英語講師の森田鉄也氏とYouTubeの予備校「ただよび」を開設。4月6日から古文と英語の授業を日々配信している。東進にも衛星授業があるのになぜ退職してまでYouTube?と思うが、この挑戦は悲願だったという。

「高い授業料を払う予備校の衛星授業と違ってYouTubeの予備校『ただよび』は無料配信がポイント。予備校で教えながらずっと教育の無償化を考えていて、所得による教育格差をなくそうと2007年の参院選に出馬しようとしたこともあった。だってお金がないから塾へ行けない、大学進学の学力が身につかないというのはあまりに不公平じゃない。社会は不公平だけど受験の機会は公平であっていい。YouTubeなら誰でもいつでもどこでも、無料で見てもらえますから」

 当面は大学受験を見据えて、偏差値50以下の層を狙った授業を行う。

「予備校講師として自分の授業はどんな学力でも理解できる“最後の砦”だと心がけてきました。まずはできないことをできるように、そうすることでその先のハイレベルな学習へ進んでいける。大学受験で結果が出せたら、次は中学受験をやります。中学受験から大学受験まですべて予備校授業の無償化をするのが長期的なビジョンです。

 傍からすればこんな髪や服装をして暴走族で売っている一発屋みたいに思われるだろうけど、長年携わってきた受験界への恩がある。教育の無償化に取り組まないと棺桶に足を突っ込むときに後悔するんじゃないかなって。評価が出るのは死んだ後かもしれないけれど、そのときに『この授業おもしろいな。この人が生きていたら120才か』って言われたりしてね。永久に残るのもYouTubeの利点です」

 ゆくゆくは古典を原文で読む生涯学習や外国人に日本語を教える授業などもやってみたいと、夢を膨らませる。

「ちなみに動画授業を収録しているのは恩師・有坂先生の自宅と同じ青山一丁目。なんだか運命を感じちゃうよね(笑い)」

 フィールドは変わっても受験生へ授業を届けることは変わらない。「『ユーチューバーに転身ですね』と言われることもあるけど、ぼくはいまだって自分は“予備校講師・吉野敬介”だと思っている」とかみしめるように語った。

【プロフィール】
◆吉野敬介/よしの・けいすけ。神奈川県鎌倉市生まれ。20才の9月に大学受験を決意。猛勉強で国語の偏差値を25から86に上げ、國學院大学文学部に合格。大学卒業後、代々木ゼミナールの講師採用試験に史上最年少かつ史上最高得点で合格。以降16年間トップの座に君臨。2008年4月より東進ハイスクールで再び教壇に立ち12年間トップの座に君臨。2020年3月に東進ハイスクールを退職し長年の夢であった「教育の無償化」を実現するため、同年4月より授業料無料の『ただよび』を立ち上げ、Head Master(校長先生)に就任。

※女性セブン2020年4月30日号

関連記事(外部サイト)