大学のオンライン授業 学生の「ギガ不足」など問題が山積み

大学のオンライン授業、学生のネット環境事情や著作権問題など課題が山積み

記事まとめ

  • 立命館大学ではオンライン授業開始初日に専用サイトがアクセスしづらい状態に
  • 自宅にWi-Fi環境やパソコン、タブレットなどが用意できていない学生も少なくない
  • 教材をオンライン授業で使うには著作権の問題もあるが、改正著作権法で利用可能に

大学のオンライン授業 学生の「ギガ不足」など問題が山積み

大学のオンライン授業 学生の「ギガ不足」など問題が山積み

記事画像

 新型コロナウイルス感染拡大を防ぐため、多くの大学では入学式を中止、新年度の授業は当面、オンライン授業となっている。教員側は大学などから授業を配信し、学生はパソコンやタブレット、スマートフォンなどで受講する仕組みだ。ところが、教員と学生のスキル、学生たちの"ギガが足りない"などの問題が噴出している。元小学校教員で教育とIT事情に詳しいITジャーナリストの高橋暁子さんが、大学のオンライン授業における問題点について解説する。

 * * *
 オンライン授業で想定されるのは、YouTubeライブやZoomなどで生配信する方法だろう。しかし、これには様々な問題がある。

 たとえば立命館大学ではオンライン授業開始初日にアクセスが殺到し、専用サイトにアクセスしづらい状態となった。元々オンライン授業を行うことは想定されていないサイト環境だったため、サーバーが負荷に耐えきれなかったというわけだ。

 このように大学側のインフラが十分ではなかったり、大学の教員側が慣れておらず、スキルが低いなどの問題もある。しかしそれ以上に問題なのが、学生側のネット環境事情だ。

◆Wi-Fi環境がなく受講できない可能性も

 学生の中には、自宅にWi-Fi環境が整っていなかったり、パソコンやタブレットが用意できていない学生も少なくない。ある男子大学生は、これまでYouTubeなどの動画を見るときには大学のWi-Fiを利用したり、フリーWi-Fiスポットを利用したりしていたという。

「休校になってしまって、動画が見られない。これからオンライン授業と言ってるけど、ギガが足りなくなりそうで心配」

 彼が「足りない」と話すギガとは、通信データ容量のこと。単位であるギガバイト(GB)を略してギガと呼び、それが足りなくなる、月ごとの契約である容量の上限を超えてしまうことを「ギガが足りない」と言っている。上限を超えても通信がまったく出来なくなるわけではないが、速度が低速に制限されるため、動画を見ることはあきらめなければならない。

 とはいえ、彼が契約しているのは、月に数十GBまで自由に使えるスマホの大容量プランだ。最近のスマホ契約プランとしては一般的なものだが、動画サービスやSNSが普及したり、画質が向上した影響か、通信量が足りなくなる人が増えている。ソフトバンクによる約1年前の調査によれば、ほぼ毎月、速度制限を受けている人は約14人に1人、過去も含めて速度制限の経験がある人は全体の約4割にのぼった。さらに学生の49.7%が速度制限の経験があり、会社員や自営業、主婦などと比べて職業別ではもっとも多い。それを反映してだろうか、月末になるとSNSでは「ギガが足りない」「速度制限きた!」という若者たちのつぶやきが多くなる。

 この状態でオンライン授業が加われば、当然、通信量が莫大になり、大容量プランでも足りなくなりそうだ。前述の男子大学生も、契約を見直そうか悩んでいるという。

 オンライン授業としてYouTubeライブやZoomなどで配信する場合、90分の授業で300〜600MBの通信量を消費する。東京大学の大向一輝准教授によると、Zoomを使った映像と音声の授業を週10コマ行った場合、通信量は月間12GB必要になるという。

 オンライン授業以外にも様々な用途でインターネットを利用することを考えると、スマホの契約だけで勉強も趣味も、生活に必要な通信もすべてをまかなうことは、かなり厳しいことに気がつく。つまり、学生の置かれた環境によっては、肝心な講義が受講できない危険性もあるのだ。その他、フリーWi-Fiスポットに集まってしまい、感染リスクが高まる危険性も指摘されている。

 これを解消するためには、自宅に光回線を引くか、あるいは容量無制限のモバイルWi-Fiを契約するなどの方法が考えられる。

◆動画ではないオンライン授業案も

 この事態を解消するために、大学や教員側もあれこれ試行錯誤している。

 たとえばある大学では、自宅にネット環境が整わない学生のために、Wi-Fiが利用できる教室を開放したり、パソコンがそろっていない学生のために端末のある講義室を利用することも検討しているそうだ。しかし、これではせっかくオンライン授業にしても学生が集ってしまうリスクがある。

 ある大学教員は、「音声のみでの授業配信も考えている。資料は別途ダウンロードしてもらい、資料を見ながら音声のみ聞いてもらえばパケ死(※定額の範囲外の通信で高額請求される)などもないのではないか」と考える。ただし音声だけでは学生からの質問受け付けが難しく、学生が受動的になってしまいアクティブラーニングにならないので、チャットや掲示板などで質問などを書き込んでもらって返事を書くなどのやり方を考えているそうだ。

 オンライン授業と言っても、必ずしも動画である必要はない。動画を用いなければ通信量も少なくて済み、ネット接続環境を理由に受講できないリスクが抑えられるはずだ。多くの学生が受講でき、学びを止めない方法はしっかりと模索していく必要があるだろう。

 オンライン授業の問題はまだ残っている。教科書などの教材は、教師と児童・生徒が対面授業を行う場合、権利者に無許諾でコピーなどを使用してもいいとされている。ところがオンライン授業は対象外のため、この点もクリアする必要があるのだ。そこで文部科学省は、4月28日に改正著作権法を施行し、一定の補償金を支払えば、権利者に無許諾で教材をオンライン授業で使用できるようにするという。

 オンライン授業にはまだまだ課題が山積みだ。公立小中高校などではまだ対応していないところが多く、このまま休校が長引くと学力低下などの影響が出る可能性もある。今後、学校現場も学生側もオンライン授業を視野に入れた環境を整えていく必要がありそうだ。感染を拡大させず、しかも学びを止めない。この二つを両立できる方法の模索こそが求められているのだ。

関連記事(外部サイト)