謝罪2017 謝り続けた芸能人、スポーツ選手たち

謝罪2017 謝り続けた芸能人、スポーツ選手たち

大物俳優も頭を下げ続けた(写真:時事通信フォト)

 スキャンダルに見舞われると、芸能人や有名スポーツ選手は、謝罪と釈明のために会見を開いたり、囲み取材を受けることが多い。2017年に行われた、代表的な謝罪の様子を振り返ってみよう。

●日馬富士/横綱

 11月29日、貴ノ岩への暴行問題で横綱日馬富士が現役引退を表明。会見で「心から深くお詫び申し上げます」と20秒以上深々と頭を下げて謝罪した。同席した伊勢ケ濱親方は「日馬富士の酒癖の悪さや乱暴について聞いたことがない」と涙ぐみながら語ったが、記者からの質問に怒りをあらわにする一幕も。

●松本伊代&早見優/タレント

 JR山陰線の線路内に無断で立ち入り、2月10日に鉄道営業法違反の疑いで書類送検された。別々に会見し、「線路が真っ直ぐで、周りが竹林できれいだったので……」(松本伊代)と説明した。

●狩野英孝/タレント

 10代女性への淫行報道を受け、1月21日に大量の汗を流しながら会見。「22歳と聞いて知り合い、その後大人としてお付き合いした」と認めた。6月1日付で謹慎処分が解除され、9月7日放送の『アメトーーク!』で地上波復帰を果たした。

●渡辺謙/俳優

 3月に美人ホステスとの不倫が報じられ、7月15日の会見で「おおむね事実」と認めた。「なぜその女性を求めてしまったか」「慰謝料などで解決したのか」など、厳しい質問に終始詫び続けた。

●清水アキラ/タレント

 三男でタレントの清水良太郎容疑者の覚醒剤取締法違反による逮捕を受け、10月12日に雨天のなか自宅敷地内で30分間にわたって謝罪。拘留中の息子をあえて保釈させず、父親として厳しい姿勢を見せた。

●中垣内祐一/バレーボール日本代表監督

 昨年11月に人身事故を起こし、謹慎を経て監督に復帰することになった5月24日に会見。被害者から「日本バレーを立て直してください。監督として頑張ってください」との言葉をもらったと語った。

●山口俊/プロ野球選手(巨人)

 7月11日未明、酒に酔った状態で東京・目黒区の病院を訪れ、警備員に暴行を働いた疑いで8月18日に書類送検。会見では「お酒に対してのつき合い方を考える」と反省した。

※週刊ポスト2017年12月15日号

関連記事(外部サイト)