新天皇即位で2019年GWは10連休か 空前の大消費への期待も

2019年に陛下が退位し新天皇が即位 19年は5月1日が祝日になりGWが10連休となる可能性

記事まとめ

  • 19年に新天皇が即位することを記念して5月1日が祝日に定められることはあり得るという
  • そうなると、祝日法の規定により、4月30日と5月2日が休日となってGWが10連休となる
  • 現在の天皇誕生日は平日に戻る可能性もあり、カレンダー業界は冷汗をかいているらしい

新天皇即位で2019年GWは10連休か 空前の大消費への期待も

新天皇即位で2019年GWは10連休か 空前の大消費への期待も

祝賀ムードに包まれることになりそう(写真:時事通信フォト)

 日本全体が喪に服した昭和最後の日から約30年。2019年4月30日、“平成最後の日”に向けたカウントダウンが始まった。新天皇即位と元号変更で国民の生活にも影響が出る。まず、「祝日」が増えそうだ。経済評論家の渡邉哲也氏が指摘する。

「新天皇即位を記念して5月1日が祝日に定められることは十分にあり得る。そうなると、『祝日と祝日に挟まれた日を休日とする』との祝日法の規定により、4月30日と5月2日が休日となる。2019年のGWは10連休になるわけです」

 当然、「景気」にも影響してくる。

「お祝いムード一色の中で10連休を迎えれば、観光業界が大いに潤う。2019年10月には消費税アップも予定されており、様々な駆け込み需要が生じるタイミングとも重なり、空前の大消費となるかもしれません」(同前)

 平成の改元時はハンコ業界が買い替え特需に沸き、1個150円のゴム印が飛ぶように売れたというが、今回はどうだろうか。

「30年前よりも各種の書類で元号を使うシーンが激減し、特需は発生しないと思われます。前回、改元特需が期待外れに終わった製紙業界や印刷業界も同様でしょう」(同前)

 一方で冷汗をかくのがカレンダー業界だ。

「2019年のカレンダーに新元号を表記するには来年の1月がリミットです。皇太子の誕生日である2月23日が2019年から祝日になるのか、現在の天皇誕生日である12月23日が平日に戻るのかといった変化にも対応が必要。状況の進展を注視しています」(全国団扇扇子カレンダー協議会会長の高田廣一氏)

 運転免許証を見ると「平成32年の誕生日まで有効」と記されているケースもあるが、効力に問題はない。ただし、注意すべきは有効期限の間違いだ。元号が平成になった時は有効期限を勘違いして更新手続きを忘れる“うっかりドライバー”が全国で続出した。

※週刊ポスト2017年12月15日号

関連記事(外部サイト)