安倍首相と小池都知事のマスク姿の差異をどう読み解くべきか

安倍首相と小池都知事のマスク姿の差異をどう読み解くべきか

「小学生が使う給食用マスクみたい」と言われる安倍首相の布マスク姿(時事通信フォト)

 ストレスは日々募る。感染対策の是非をめぐってはそれぞれに感じるところがあるだろう。作家で五感生活研究所代表の山下柚実氏が為政者が発するメッセージについて考察した。

 * * *
 日本全体がコロナ危機に疲弊しているさなか。疲弊をより一層深める可能性をはらんだコンテンツを、わざわざ投下してくれる国家のトップ。あの「うちで踊ろう」動画騒動について、首相サイドは「35万のいいねをもらった」と自賛。「批判の声が届いているのか」と問われ菅官房長官は、「若い人に対しての発信、配信として取り入れさせていただいた」と返答。一言でいえば「あれで良かった」という総括です。そして畳みかけるようにいずれポストに届くであろう二枚の布マスク……。

 とはいえ、「批判ばかりしていてもダメだ」「揚げ足取りをするな」という意見も聞かれる昨今。たしかに建設的な提案が大事だと思います。ぜひ、安倍首相はこれまで自己アピールにかけてきたすべての手間・暇・人材・コストを、今後は医療崩壊を回避する喫緊の対策、発熱外来の整備や防護服の増産、治療薬アビガン等の供給に注入してください。吉村洋文大阪知事の言うように「政治家はボロボロになったら使い捨てでいい」という仕事の仕方にシフトしてください。

 表情、しぐさ、身につけているもの。テレビや動画での情報発信は当然のことながら言語以外のメッセージも含まれています。すべてがメッセージを発しています。安倍氏は自分の布マスク姿が発信している「言語以外のメッセージ」をどこまで自覚し理解しているでしょうか? いまだにマスクのサイズが小さすぎることは? 小学生の給食マスクと同じような素材の安っぽさは? 「たった一枚のマスク顔のビジュアルがこれほど雄弁に物語る」という自覚を、国のトップなら当然持っていてよいはずです。

「たった一つのマスク顔」が雄弁に物語る。その例として、小池百合子東京都知事はどうでしょう? マスクのサイズについては首相の「小さすぎる」問題に対して、小池都知事は「大きすぎる」という指摘も。

「小さすぎても大きすぎても隙間はできてしまいます。そういった意味では安倍首相も小池都知事もマスクの目的をよく理解しているのか疑問です」(聖路加国際大学大学院准教授・大西一成氏『NEWSポストセブン』2020.4.15)

 ただし、小池都知事の情報発信における戦略は安倍首相に比べると格段に周到のよう。最初は大きすぎたマスクがだんだんフィットするサイズへと変わってきている。実際、会見画像で確認すると、頬を覆う面積やあごの出方に変化が見られます。

 あるいは、小池都知事は「近所の人が届けてくれた手作りマスク」と明かしています。さりげない一言にたくさんのメッセージが入っている。「近所の人〜」というのは、地域社会と日常的なつきあいがあり、やりとりの関係がある、ということを示唆し、名の売れた政治家であろうと上から目線ではなく庶民の目線を理解している、という暗示でしょう。

 また、「手作り」の部分も意味深です。どこに行ってもマスクが買えない。それなら緊急措置として工夫しながら自分たちで作ってみればいい。「466億円」という巨額な金を使ってたった2枚の布マスクを全世帯へ郵送するという「愚策」への、暗黙の批判を感じ取ることもできます。

 小池都知事のつけているマスクの生地には細かい柄や色がさりげなく入っています。それを「おしゃれ」と感じるかどうかは人それぞれの感性によりますが、「誰かに言われてただ着けているのではない自主性」「自分らしさ」をメッセージしているようにも見えます。

 つまり、良いとか悪いという以前に、ビジュアルからどんなメッセージを発信するのかを考えるのが今の政治であり、そうしたセンスが無い人は政治家にむいていないということでしょう。

 一方、全国の知事たちのマスク顔を眺めてみると……鈴木直道北海道知事、吉村大阪知事はマスクに隠れていない瞳から「必死さ」「真摯さ」が伝わってくる。目は口ほどに物を言う、ということです。

 最後に「言葉以外のビジュアルメッセージ」がとてつもない拡散力を持つ例として、この人のことも忘れてはいけません。“PPAP”の音楽に合わせて手洗い動画を発信し、世界中に拡散させたピコ太郎。使われている言葉は「手を洗おう」という実にシンプルで凡庸なもの。でもそこに独自のリズムと踊り、容姿等が加わるといかに発信力が強まるのか、改めて実感しました。

「コロナ疲れに対する対策は?」と聞かれた心理学者は、「言葉そのものだけではなく、ある種冷めた目線で背景を想像してみることもひとつの対処法」と回答していますので、今回それを実践してみました。

関連記事(外部サイト)