被災者の心を癒され続けた美智子さま その手は柔らかかった

被災者の心を癒され続けた美智子さま その手は柔らかかった

被災者が語る美智子さま

 時につらい思いを抱えられても、皇后美智子さま(83才)は常に全身全霊で「公務」に臨まれてきた。妻として母としてだけでなく、「皇太子妃」「皇后」としての姿も世代を問わず多くの女性に勇気と希望を与えた。

 アグネス・チャン(62才)は、1988年夏に開催された外国人留学生の催しで初めて美智子さまと共に過ごした。

「その時、主催者が欧米人の留学生を先頭にして、アジア人、アフリカ人の順に並べたんです。すると当時の皇太子さまと美智子さまは、あえてアフリカ人の方から挨拶をされました。思わず涙があふれました」

 黒柳徹子(84才)は1979年に米国のろう者劇団を招聘して日本で手話劇の公演を行った際、皇太子時代の陛下と美智子さまが観劇に訪れたことに勇気づけられたと言う。

「ろう者や手話への社会的理解が低かった時代ですが、陛下と美智子さまは終演後にわざわざ楽屋を訪れ、出演者にお言葉をかけられました。それをきっかけに手話の認知度が高まり、黒柳さんは『美智子さまに感謝しています。大きな勇気をいただきました』としみじみ話していたそうです」(宮内庁関係者)

 美智子さまも手話を学ばれ、その思いは紀子さま、真子さま、佳子さまへと受け継がれている。日々、膨大な量のご公務を務められる美智子さまだが、どんな公務であってもひとつひとつ、細部まで調べ、勉強を重ねてから臨まれる。

 訪問看護『パリアン』看護所長の川越博美さんは、1996年の『日本看護協会創立50周年記念式典』に出席された美智子さまの言葉に心動かされたと言う。

「美智子さまのスピーチは、《時としては、医療がそのすべての効力を失った後も患者と供にあり、患者の生きる日々の体験を、意味あらしめる助けをする程の、重い使命を持つ仕事が看護職であり、当事者の強い自覚が求められる一方、社会における看護者の位置付けにも、それにふさわしい配慮が払われることが、切に望まれます》というものでした。

 あまりにも素晴らしい言葉に、不敬にも誰か原稿を書いたかたがいるのではないかと思い、おうかがいしてみたところご自身でお書きになっているとおっしゃられて本当にうれしかった。私自身、美智子さまがおっしゃったような看護をしたいと常々思っておりましたので、こういう働きをしたらいいのだと自信になり、さらに仕事に励むようになりました。今でもこのスピーチは、看護学生や各地での講演でお話ししています」

◆被災者が語る美智子さま

 自然災害の被災地に足を運ばれては、祈りを捧げ、被災者の心を癒され続けた美智子さま。2011年の東日本大震災直後も被災地をご訪問された。

 岩手県釜石市の避難所ではお見舞い中に余震があり、驚いた被災者の松田節子さんが思わず美智子さまの手を握った。すると美智子さまはもう一方の手をゆっくりと重ね、「大丈夫ですよ」とおっしゃられた。

「赤ちゃんのように柔らかい手でした。私は自分の理容店を津波で流されて落ち込んでいましたが、何度もひざをついて避難者を励ます美智子さまの姿に『これは私も頑張らねえと』と心を決め、地震から3か月後に店を再開しました」(松田さん)

 皇室ジャーナリストの山下晋司さんが続ける。

「皇后陛下を拝見していると、『国民に寄り添う』とはどういうことかがわかります。被災地ご訪問でも、相手のかたと一体化しているように、相手のかたのことをご自分のことのようにお話しされています」

 被災地訪問と同時に、美智子さまが大事にしているのが「宮中祭祀」だ。宮中祭祀とは、天照大神が祀られている賢所、歴代天皇・皇族が祀られている皇霊殿、神殿からなる宮中三殿で行われる祭儀のこと。

「宮中祭祀では、国家の安寧、国民の幸せ、世界の平和が祈られます。国民とともにある皇室を願われる両陛下は、宮中祭祀を『最も重要なお務め』と位置づけて、決して休んだり手を抜いたりなさいません」(前出・宮内庁関係者)

 どんな時も国民とともにあり、尽くそうとされる美智子さま。聖心女子大学で美智子さまの3学年先輩だった作家の曽野綾子さん(86才)は、そのお姿は聖心時代の大勢いた下級生の1人だった頃から少しも変わっていないだろうと言う。

「皇后さまは、昔も今もご自分を立派に保ちつつ、しかも周囲のことを心にかけていらっしゃいますね。聖心には、『できることを以って人のために尽くせることを光栄と思え』という空気があり、誰もができる範囲で他人のため社会のために尽くすことが自然にできるように訓練されています。『その時にできる人が、できることをやる』ことがいいのです」

 美智子さまのどこまでも相手を思いやり、尽くそうとする心は、学校で培われたものかもしれない。曽野さんは聖心女子大学の「愛」の教えは美智子さまに根づいていると続ける。

「『愛』とは人を好きになることではありません。どんなに自分がつらい状況でも、見返りを求めず、相手に尽くすことができることです。愛とは『見つめ合うことではない。同じ目標を見ること』だそうですから。皇后さまというお立場は、むしろご自分を犠牲にされても…とお考えかもしれません」

 近年、ご高齢な上に、頸椎症性神経根症など、満身創痍の体で公務を続けてこられた。すべては国民のために。

 いかなる困難を前にされても決して立ち止まることなく、歩みを進めてこられた美智子さまの姿に、いつしか人々は“国母”と呼び、崇めるようになった。そして美智子さまもそんな国民の思いに、全身全霊を懸けて応えられた。

撮影/雑誌協会代表取材

※女性セブン2017年12月21日号

関連記事(外部サイト)